KUNISAN.JPブログ - 1001 / 1622 ページ

新規書き込み

山梨旅行 - 南アルプスの宿と西洋なし狩り

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年9月26日
山梨旅行 - 南アルプスの宿と西洋なし狩り妻への誕生日プレゼントならぬ「誕生日旅行」という企画で、家族で山梨県に行ってきました。昨日午前9時半に自宅を出発し、石神井公園~秋津~西国分寺~高尾と乗り継ぎ、小淵沢行きの普通電車(中央本線)に乗って甲府に到着しました。ここまでで自宅から約3時間。

当初、甲府駅の近くの宿に宿泊しようと思っていたのですが、どこのホテルも予約で満室だったため、甲府からバスで1時間ほどの、南アルプス市内にある「(ガストホフ)チェッカーフラッグ川崎」というゲストハウスに宿泊することにしました。この名前はオーナーが以前ホンダの研究所に務めていたからということです。

甲府を15時に出るバスに乗り、終点の芦安(あしやす)で降りた後、宿のオーナーに車でピックアップしてもらいました。宿は山のくねくねとした道を上ったところにあり、木々の緑に囲まれていて、ヨーロッパアルプスの宿と似た雰囲気があります。一方、「洞窟露天風呂(温泉)」というオーナー手作りの風呂や、夕食で出た鳥もつ煮やいわなのホイル蒸しなどは、和風な感じが出ていています。ダイニングの吹き抜け天井の柱のところに小さなレールが敷いてあって、ミニ機関車が音を立てながら走り(実際にはスピーカーから音が出てます)、子供も飽きずにいられます。夜は涼しく静かでよく眠れました。

チェッカーフラッグ川崎の外観
[ チェッカーフラッグ川崎の外観: 緑に囲まれています ]

チェッカーフラッグ川崎の洞窟露天風呂
[ 洞窟露天風呂: オーナーが3年かけて作ったそうです ]

チェッカーフラッグ川崎の朝食
[ 朝食: 食事は手が込んでいる上にとても美味しかったです ]

今日は宿で朝食の後、前職の職場で一緒だったIさんに車で迎えに来てもらい、秋山観光農園というところに行きました。秋山観光農園ではラ・フランスをはじめとして7種類の洋なしを栽培しており、今日はゼネラル・レ・クラークという種類の洋なしを試食させていただいた後、ラ・フランスを十数個収穫させてもらいました。

ちなみに洋なしはもいでからすぐに食べられるわけではありません。まず冷蔵庫に1週間ほど置いた後、さらに常温で1週間程度置いておくと(「追熟」と言います)、あの独特の香りと味が出るようになります。

秋山観光農園の洋なし
[ 秋山観光農園の洋なし: 撮影用ということで袋が外してあります ]

秋山観光農園からの展望
[ 秋山観光農園からの景色: 甲府盆地が一望できます ]

洋なし狩りの後は、再びIさんの運転で市川大門駅まで送ってもらい、それから身延線で甲府まで行った後家路につきました。のんびり、楽しい二日間でした。





家族でお出かけ(リンク一覧): メットライフドーム(西武ドーム)で西武x楽天戦 / カールヴァーン(carvaan) 飯能のブルワリー&レストラン / トヨタ・ヤリス(YARIS)で親戚のぶどう園へ(シャインマスカット狩り) / シンガポール&バタム島&クアラルンプール旅行(3/3) - クアラルンプール / シンガポール&バタム島&クアラルンプール旅行(2/3) - バタム島 / ...(記事連続表示)

るるぶ山梨’10 (るるぶ情報版 中部 3)
るるぶ山梨’10 (るるぶ情報版 中部 3) をAmazon.co.jpでチェック