KUNISAN.JPブログ - 1 / 1688 ページ

新規書き込み
ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1688

よませ温泉スキー場

名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2024年2月25日
よませ温泉スキー場昨日は久しぶりに池袋発のビッグホリデーのバスツアーに参加、よませ温泉スキー場に行ってきました。よませ温泉スキー場は今までに行ったことがなく、またお隣のX-JAM高井富士とも行き来が出来て、色々なコースが滑れそうということが決め手でした。バスはAM7:20に池袋を出発、途中鶴ヶ島付近の事故渋滞に1時間20分程巻き込まれてしまい、元々の到着予定AM11:20からそのまま遅れて、12時半過ぎに現地に到着しました。

早速リフト券を入手…、と思ったら、「X-JAM高井富士連絡コース 消雪によりCLOSE」の張り紙がありました。来てすぐに「楽しさ半減か…」と、少なからぬダメージを受けてしまいました。

それからトイレの個室のような広さの更衣室で着替えて(スーツケースを持ち込んだら足の踏み場が無い位でした…)、いざゲレンデに。と、そこには地面がむき出しの斜面が目の前に広がっています。さすがに「これはまずいな…」と思い始めたものの、昭和風なセーフティバーの無いペアリフトに乗ってとにかく上を目指していきました。

幸いなことに、地面がむき出しなのはスキー場最下部のみで、上の方のコースはしっかりと雪に覆われていました。しかし、最上部のチャンピオンコースも雪不足で、隣接のリフト(第3高速ペア)は動いていませんでした。そのため、今回のスキーは「メインバーン」(という名前のメインバーン)を中心に滑ることになります。

[ メインバーン上部からの風景 ]

このメインバーンを滑るには第2クワッドリフトに乗る必要があるのですが、他の中級者コースもこのクワッドリフトに乗らないと行けないため、規模の小さめのスキー場にしては、毎回かなりの渋滞となっていました。

さて、「メインバーン」ですが、全長1000m程の中斜面で、幅が非常に広いために、大きな弧を描いて滑ることができました。特にPM3時頃から気温が低くなって雪面がやや締まるようになり、ポジションを低めにエッジの角付けを意識しながら、カービングの滑りを楽しむことができました。なんだかんだでこのメインバーンが結構快適で、全部で7~8回滑って心地よい疲れが出てきたところで、今日のスキーは終了となりました。

以下、メインバーンのGoPro動画です。



また狭い更衣室で着替えた後、帰りのバスを待っていました。帰りのバスの出発予定時刻はPM5:40でしたが、20分程遅れてやってきました。その後、幸いにも大きな渋滞はなく、池袋の駅まで着いたのですが、休憩も入れて帰りも4時間半かかって、やっぱりバスの長旅は疲れました。

バスツアーについては、富士見パノラマスキー場や川場スキー場など比較的近隣のスキー場であれば悪くないのですが、それ以外のスキー場はバスに乗っている時間が長く、またバス内にトイレがないため水分補給を躊躇せざるを得ず、50歳を超えた人間には健康面でちょっとリスクがあるように感じてきました。以前に何回か書いていますが、やはり今後は新幹線を使ってのスキー旅行がメインになるかなと思います。





スキー関連記事(リンク一覧): よませ温泉スキー場 / ガーラ湯沢スキー場(2024年3回目) / 富士見パノラマリゾート(2024) / ガーラ湯沢スキー場(2024年2回目) / ガーラ湯沢スキー場(2024)とID one FR-MXの滑り / ...(記事連続表示)


ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1688

| 前ページ(新しい記事) |     | 次ページ(過去の記事) |