KUNISAN.JPブログ - 348 / 1432 ページ

新規書き込み
ページ:1 ... 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 ... 1432

SKINS(スキンズ) A200M ロングタイツ ロングスリーブトップ

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2014年12月6日

SKINS(スキンズ) A200M ロングタイツ ロングスリーブトップ昨年購入したTAKE FIVEのスポーツインナーのタイツに穴が開き、加えてロングスリーブの方は糸がほつれたりして使えなくなったため、「SKINS A200M」のロングタイツロングスリーブトップをセットで購入しました。

コンプレッションウェアは、SKINSの他にもC3fit、CW-X、アンダーアーマー、TAIKAN、ハイパーウォーム(NIKE)…、など色々と試してみました。当初は「膝が弱い」ということで、膝のサポートを中心に考えていたのですが、走りのフォームを変えることで、膝への負担が減ったため、いまは筋肉のサポートと防寒の方を重要視するようにしています。

コンプレッションウェアもメーカー毎に特徴があるのですが、私の中ではSKINSの生地の質感、フィット感、着圧がぴったり来ていて、それが今回の「SKINS A200M」の購入に至った理由です。

まずは10kmランの後に着用して、そのまま布団に入って寝てみました。SKINSは着たまま過ごすことで「リカバリー」としての機能もあることが特徴です。他のコンプレッションウエアは、「睡眠中に着用しないでください」というものが多いですが、SKINSはリカバリー専用のRY400以外でも、睡眠中の着用は問題ありません。

ここ最近はリカバリーウェアを着て寝るということはしなかったのですが、A200Mを着用して眠った次の日の朝は、普段10km走った後と違って、筋肉痛がほとんどありませんでした。やはり、一定の効果があるのだと思います。

ちなみに、A200MはSKINS製品の中でも、やや生地が固いように思いました。私は身長174cm、体重68kgで、上下ともサイズMですが(海外向けのものだとサイズSになります)、今までのSKINSに比べて着圧が強く、またロングスリーブの着脱時には、腕を袖に入れたり、袖から抜いたりするのに中々苦労します。

そして、今日はA200Mを着用して15kmを走ってみました。膝をサポートするタイプのタイツと違い、足の運びがやりやすいです。疲労感の軽減については、他のものとあまり違いがわかりませんでしたが、何しろ「動きやすい」というのが、着ていて感じた印象です。

ということで、これからもSKINS A200Mをしっかりと使っていこうと思います。





ランニング関連記事(リンク一覧): 2度目の30kmラン / ASICS GEL-KAYANO 25 (ゲルカヤノ25) エクストラワイド / サンディエゴMLB(エンゼルス大谷)観戦旅行(2日目) - 朝ランとサンディエゴ観光 / 白馬スノーハープクロスカントリー大会2018&戸隠神社奥社&善光寺 / GARMIN(ガーミン) fenix 5X Plusで海外の地図を閲覧 / ...(記事連続表示)

(スキンズ)SKINS(スキンズ) A200M ロングタイツ
(スキンズ)SKINS(スキンズ) A200M ロングタイツをAmazon.co.jpでチェック

ページ:1 ... 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 ... 1432