KUNISAN.JPブログ - 7 / 1523 ページ

新規書き込み
ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1523

フルーツゲーム3D - プチコン4で疑似3Dのシンプルアクションゲーム

名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2019年8月17日

フルーツゲーム3D - プチコン4で疑似3Dのシンプルアクションゲーム先週末に「プチコン4 SmileBASIC」で初めてゲームを作ったばかりですが、頭の中の理解がまだ新鮮なうちに第二弾のミニゲームを作ってしまうことにしました。今回は疑似3D画面でフルーツを取るアクションゲームで、名前もそのまま「フルーツゲーム3D」です。

公開キー: 4X53EWEQE 44534WENE
【2019/9/4追記】バージョンアップにより、公開キーも変更しました。更新内容はページ下のコメント欄に書きました。

ゲームそのものについては、YouTubeにアップした動画を見ていただいた方が分かりやすいかと思います。



プログラムは右の縦長の黒い画像をクリックすると見られます。

疑似3Dの座標やキャラ拡大・縮小の計算については、昨年Python+PyGameで作成した「とび職人の通勤事情3D」とほぼ同様で、今回の「フルーツゲーム3D」についても計算部分を関数化してプログラム中で何度も処理をしています。

疑似3Dのゲーム作成にあたっては、キャラクターの表示順が重要になってきます。手前のキャラクターに隠れているはずの奥のキャラクターが、表示順を間違えて手前側に表れてしまうと、一気に違和感たっぷりの雰囲気になってしまいます。

Python+PyGameではキャラクターの表示順を整理するのに、「オブジェクトのリストのコピーをラムダ式でz座標の属性の降順で並び替える」という面倒なことをやっていました。一方、プチコン4のSmileBASICでは、SPOFS命令のz座標に数値を入れるだけで、自動的に値の小さいスプライトが画面手前側になるため、プログラムが非常に簡素な形で済みます。

プチコン4はBASIC言語ということもあってとっつきやすいのと、私の頭に浮かぶようなタイプのゲームでは、Python+PyGameやJavaScriptよりも処理速度がかなり早いのではないかと思います(もちろん、PCの環境やゲームの種類でも大きく左右されるのは間違いないです)。今回は100個近く同時にキャラクターを動かしていますが、これ位は全く余裕のようです。






ニンテンドー関連記事(リンク一覧): プチコン4用にSwitch本体周りを一新(スタンド、ワイヤレスキーボード&マウス) / しゅりけんゲーム - プチコン4で梱包材のプチプチ感覚(?)ミニゲーム / フルーツゲーム3D - プチコン4で疑似3Dのシンプルアクションゲーム / プチコン4 SmileBASIC / ゲームキャプチャー j5 create JVA04-A + OBS Studio (VLCでflv→mp4変換) / ...(記事連続表示)

SmileBASIC専用USBキーボード+マウスセット TKPS-001
SmileBASIC専用USBキーボード+マウスセット TKPS-001をAmazon.co.jpでチェック
コメント:フルーツゲーム3D - プチコン4で疑似3Dのシンプルアクションゲーム
名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2019年9月4日
上の方に追記で書きましたが、バージョンアップしています。
変更点は以下の通りです。
・フルーツの座標を16の倍数に(自キャラと合わせやすく)
・隕石のスピードダウン
・フルーツ大量タイムの導入



右の縦長の黒い画像をクリックするとプログラムを見られます。
コメント:フルーツゲーム3D - プチコン4で疑似3Dのシンプルアクションゲーム
名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2019年9月7日
さらにバージョンアップしました。
・難易度調整
・PHASE表示追加
・ボーナスタイム改良(BGM変更、当たり判定拡大、PHASE 6毎)
・効果音追加


ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1523