KUNISAN.JPブログ - 2 / 1532 ページ

新規書き込み
ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1532

わくわくフルーツ農場~早朝編~ - プチコン4で横視点の物理アクションゲーム

名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2019年10月30日

わくわくフルーツ農場~早朝編~ - プチコン4で横視点の物理アクションゲーム先日プチコン4(Nintendo Switch)で制作したBALL SHOOTING BALL(上視点のビリヤード風ゲーム)の衝突の演算を用いて、今度は横視点の物理系ゲームを作成してみました。鳥2羽をツインスティックで操作、間に白いライン(壁)が引かれるので、これを利用して上から落下してくるフルーツを誘導、画面下にいるお兄さんのカゴ(桶?)に入れるというゲームです。連続でフルーツをカゴに入れるとコンボが発生して高得点になります。敵キャラはハサミで、これにラインを切られると、鳥も落下して数秒間プレイができなくなります。2分間のスコアアタックで、サクッと遊べるゲームになっています。

タイトル: わくわくフルーツ農場~早朝編~
公開キー: 4NZ2E5E8D



数週間前から「2つのキャラの間に伸縮するラインを引く」というアイデアは頭にあったのですが、これとは独立してフルーツがパチンコのように落下していく試作プログラムを作っていました(右画像)。このデモの動画をTwitterにアップし「これをどうゲームにするかは、これから考えます」と書いた所、思いのほか色々な方からアイデアをいただくことになりました。育成系ゲームにする、画面を回転させる(キャメルトライ風)、フルーツの組み合わせでミックスジュースにする…、等々。この他に「(画面下の)カゴを持ったおじさんキャラを左右に動かし…」というのがありました。これは自分の中でぼんやりと考えていた「画面下のトラックにフルーツを積む」というイメージに近いもので、面白くなりそうなのと自分の技術レベル的にも問題ないのとで、これをベースに進めることにしてみました。

プチコン4のプリセットでおじさんキャラが無かったため、代わりにお兄さんのキャラをピックアップ。さらに、ゲームとしてはお兄さんを操作する形ではなく、以前から頭にあった「2つのキャラの間に伸縮するラインを引く」アイデアを採用し、この2つのキャラ(鳥2羽)をリブルラブルのようにツインスティックで操作する形にしました。ラインに壁のような当たり判定を付けてこれでフルーツを誘導し、お兄さんの運ぶカゴに入れるという、ゲームの基本コンセプトができあがりました。

制作の上で、フルーツ同士の衝突の処理は特に問題なかったのですが、動くラインとフルーツとの衝突処理はなかなか難しいものがありました。当初のプログラムではフルーツがラインを突き抜けてしまうこともあったりしましたが、フルーツがラインに当たった場合にやや大き目に座標を補正する処理を入れるなどして、何とか解決に至りました。ただ、鳥2羽を最上部の左右両端に配置してしばらくすると、一部のフルーツが上部のピンにのめり込んでしまう現象が見られます。残念ながらこれは解決しないままでしたが、ゲーム性には大きく影響しないので「まあいいか」と妥協して放置しています。

物理ゲームでは、どこまでリアルな動きを追求するか、ということも考える必要があります。今回のゲームは大枠では衝突や落下でこそ物理的な動きをするものの、フルーツの形状による挙動の違いや、フルーツの回転による摩擦などは一切考慮していません。ただ、そもそも鳥2羽の間に直線のラインを引くこと自体が現実から離れているので(重力やフルーツ衝突によるたわみも無視)、まあそこまでのリアルさは必要ないかなと思っています。ちなみにフルーツの回転速度も、X座標移動量と比例させているだけで、特別な計算はしていなかったりします。

あと、「カゴを持ったおじさん(お兄さん)キャラを左右に動かし…」というのをそのまま生かしたものも作りたかったので、"GAME B "として別途用意してみました。こちらは基本的にお兄さんが自動的に動く「デモ」の形を取っていますが、スティックや方向ボタンでの割り込み操作も可能になっています。ただし、スコアは加算されません。

当初のパチンコのような試作プログラムから、丸5日でゲームが完成しました。早速サーバーにアップして公開したところ、後日Twitter上で別の方から「タイムアップ後、フルーツがみんな落ちてから終了になりませんか」というリクエストがありました。当初はタイムアップ後にフルーツも含めて全ての動作が停止してフェードアウトしていく形になっていましたが、確かに「フルーツが落ちてくれれば得点できたのに」と煮え切らないような感覚はありました。そのため、リクエスト通りの修正を加えています。ただ、鳥2羽とラインについては、水平にしたまま残すとフルーツがずっと落ちない状態になってしまうため、これについてはタイムアップ直後にフェードアウトするようにしています。

こんな感じで、今回のゲームは皆さんから頂いたアイデアのおかげで、楽しさが上積みされました。今回採用できなかったアイデアについても頭には残しておきつつ、また機会があれば何らかの形で活かしていきたいです。

以下、プログラムです。やはり、この手のゲームでは三角関数を多用しますね。



プチコン4では色々な方からレベルの高いゲームが投稿されていて、私も思わず夢中になってしまうようなものが多数あります。ただ、物理ゲームはあまり数が多く出ていないので、私としては「ニッチ路線」で狙っていこうかなと思ったりもしています。






ニンテンドー関連記事(リンク一覧): ロボットかけっこ1着2着当てゲーム - プチコン4で競馬風ゲーム / わくわくフルーツ農場~早朝編~ - プチコン4で横視点の物理アクションゲーム / TAKARABAKO - プチコン4にPC-6001の自作ゲームを移植 / EXTREME EXTERMINATOR - プチコン4でミサイルコマンド風シューティングゲーム / プチコン4のお気に入りの公開作品(ゲーム) / ...(記事連続表示)

SmileBASIC専用USBキーボード+マウスセット TKPS-001
SmileBASIC専用USBキーボード+マウスセット TKPS-001をAmazon.co.jpでチェック
コメント:わくわくフルーツ農場~早朝編~ - プチコン4で横視点の物理アクションゲーム
名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2019年11月16日
アップデートで、マックスx30コンボ時の花火と馬の演出を加えてみました。あと、ハサミキャラ変更(当たり判定は変えずサイズを大き目に)、お兄さんの足の運び修正、フルーツがカゴと画面の端に挟まった場合の永久パターン防止なども行っています。



ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1532