KUNISAN.JPブログ - 1015 / 1518 ページ

新規書き込み

北志賀・竜王スキーパーク

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年1月11日

北志賀・竜王スキーパーク今シーズン3度目のスキーは、北志賀・竜王スキーパークでした。ツアーバスは朝7:30に池袋を出発して、竜王スキーパークに到着したのは11:30。さすがに距離があります。

早速インフォメーションセンター内にあるロッカールーム兼更衣室でスキーウェアに着替え、リフト2本を乗り継いで日本最大の166人乗りロープウェイで山頂に向かいます。

山頂駅からの景色は圧巻でした。北信州の景観を大パノラマで一望できます。これを見ることができただけでも、竜王スキーパークに来た価値があるというものです。

北志賀・竜王スキーパークのロープウェイ山頂駅からの風景
[ ロープウェイ山頂駅から見る風景: まさに絶景です ]

山頂付近のコースは斜度があまりないところが多く、フワフワの雪質も手伝って、初級レベルのボーダーが沢山いました。ざっと8割がボーダー、2割がスキーヤーと言った感じです。雪の積もった木々を見ながらの滑走は、高山の雰囲気を楽しめます。

北志賀・竜王スキーパークの山頂付近のコース
[ 山頂付近のコース: 斜度の緩さとフワフワの雪でボーダー天国です ]

ただ、私的には山頂付近のコースは滑りの刺激が足りないので、2本ほど滑って「上級者限定」の、木落しbコースに向かいました。前日にスキーのDVDを見て、不整地滑走のイメージトレーニングをしておいたのですが、不整地では少し上体を起こすような形で滑ると、板の横ずれのコントロールがしやすくなり、斜面の凹凸にも対応しやすくなるということを思い出しました(基本的なことですね…)。今回はそのイメージに加えて、3度目のスキーということで体力や感覚も戻ってきたことから、先日の八方尾根のコブ斜面に比べると、少しだけまともに滑ることができました。

北志賀・竜王スキーパークの木落しbコース
[ 木落しbコース: コース前半の急斜面 ]

木落しbコースは全長約1300メートル、最大斜度32度で、コース上部に人1人分しか幅のない狭いところもあり、中々チャレンジングではあります。ただ、滑っていて気持ちいいかというと、あまりそうでもないので、2回だけ滑ってあとは下部のコースでカービング滑走を楽しみました。

昼食を取り終えた13:00から休憩を取ることなく滑り続けていましたが、16:30位には日が沈んで暗くなってしまったため強制終了です。帰りのバスは18:00発だったので少々時間を持て余してしまいました。

北志賀・竜王スキーパークの第2ゲレンデから見る夕日
[ 第2ゲレンデから見る夕日: もう少し滑りたかったです ]

今回は1人でのツアー参加でしたが、子連れの人にはベース付近に「チビドラパーク」というエリアがあります。動く歩道+そり遊びや、チュービング、エアートランポリンなどが楽しめます。

北志賀・竜王スキーパークのチビドラパーク
[ チビドラパーク: 子連れでも色々と楽しめます ]






スキー関連記事(リンク一覧): 今までに行ったことのあるスキー場まとめ(2019年) / パルコールつま恋リゾート / ガーラ湯沢スキー場(2019) / 神立高原スキー場 / 川場スキー場(2019) / ...(記事連続表示)

DVD上達レッスン スキー―思い通りに、美しく滑る!
DVD上達レッスン スキー―思い通りに、美しく滑る! をAmazon.co.jpでチェック