KUNISAN.JPブログ - 1374 / 1553 ページ

新規書き込み

ユニカフェの株主優待

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年5月29日

昨日ユニカフェの株主優待が届きました。約2000円相当のドリップコーヒー、レギュラーコーヒーのセットです。優待の権利確定月が9月末と3月末で、その約2ヵ月後に商品が到着します。年に2回の優待と1回の配当で、これだけでも結構うれしいものです。

ユニカフェの株価の方は最近低迷していますが、まあしばらくは売り買いせずに株を持ち続けていようと思います。





コーヒー関連記事(リンク一覧): 260mlの缶コーヒー / タリーズコーヒー(TULLY'S COFFEE)石神井公園店再オープン / マウントレーニア ダブル(Mt. RAINIER DOUBLE) 薫るエスプレッソ / ボスグリーン(BOSS GREEN) 微糖 - トクホの缶コーヒー / トクホの缶コーヒー - ヘルシアコーヒー / ...(記事連続表示)

利他に生きる―コーヒー業界の風雲児 大武浩幸のコーヒー業半世紀 (単行本)
利他に生きる―コーヒー業界の風雲児 大武浩幸のコーヒー業半世紀 (単行本)をAmazon.co.jpでチェック
コメント:ユニカフェの株主優待
名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年11月24日
上記書き込みから約1年半、2009年11月13日に「ユニカフェはUCCに対して第三者割当増資を実施し、700万株分を新規発行する」との発表がありました。

ユニカフェの11月13日の終値が975円なのに対し、UCCの購入価格が1株430円。発行株数が約2倍になることを考えると、株価が半分になることは理にかなっているのかも知れませんが、かなりショックでした…。

翌週は月曜日~木曜日の間はストップ安が続き(値がつかず)、ようやく金曜日に終値で475円(5日連続ストップ安)という値段が付きました。

UCCが上場企業であれば、将来的に株式の交換などが期待できますが、非上場のためそのようなことは現時点では考えられません。また、国内のコーヒー消費もこれ以上増える見込みもないと結論付けたことから、本日ユニカフェ株を売却しました。最低単元数しか所有していませんでしたが、しっかりとマイナス10万円ほどの収支になってしまいました…。

今から考えると、配当がゼロになった時点で、財務表などをちゃんとチェックし、そのまま株を売り払うべきだったと、かなり後悔しています…。

あと今現在所有している株は、個人的によく利用する会社のものばかりですが、ユニカフェだけは例外(商品を購入したことがない)だったんですよね…。このあたりも今後の反省材料にしておきます。

まあ、増資によって、ユニカフェの会社としての体力は戻ったんだろうとは思います。あとはそれをどう生かすかですね。