KUNISAN.JPブログ - 5 / 1501 ページ

新規書き込み
ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1501

武蔵村山トンネルラン(サイクリングロード/東京都水道道路)

名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2019年5月18日

武蔵村山トンネルラン(サイクリングロード/東京都水道道路)今日は西武球場前駅から武蔵村山の「かたくりの湯」まで走り、その少し南にあるサイクリングロードからトンネルを通るランをやってみました。このサイクリングロードは村山貯水池(多摩湖。1927年完成)、山口貯水池(狭山湖。1934年完成)の建設時に資材を運搬するための軽便鉄道が通っていたところです。現在も多摩川の羽村堰から各貯水池に送るための導水路が埋設されており、そのため「水道道路」とも呼ばれています。

このトンネルはネット上では「不思議」「不気味」「怖い」「怪しい」などと評されていますが、私が子供の頃はよく自転車で通っていて、そのような感覚はありませんでした。

まずは「かたくりの湯」に近い横田トンネルです。うっそうと茂る森の下にあり、独特の雰囲気があります。(右の写真はクリックで拡大できます。以下同様)

横田トンネル内です。実際は写真よりも少し暗く感じます。

あまり間を置かずに2つめの赤堀トンネルがあります。

赤堀トンネル内です。少し曲がっています。

3つめの御岳トンネルです。

御岳トンネル内です。他とあまり変わりません。

御岳トンネルを出てちょっとの所に「番太池」があります。あまりきれいではありませんが、夏はホタルの鑑賞会なんかもあるようです。

番太池のところを左に曲がると4つめの赤坂トンネルがあります。

赤坂トンネル内です。

赤坂トンネルを抜けて少し行った所でサイクリングロード終了です。ここから山道が4方向に分かれます。右から2番目(ほぼ直進)の山道を進みます。(ちなみに一番右は赤坂池方面、左から2番目は多摩湖周遊道路の南側に繋がる山道です。一番左は未調査)

しばらく進むと閉鎖された第5トンネルが見えてきました。ここは不気味な雰囲気があります。

第5トンネルを近くで見ると、廃墟っぽさが強く感じられます。

第5トンネルの網の隙間から中を撮影してみました。向こう側は村山貯水池(多摩湖)の西の端に繋がっているはずです。

恐らく35年ぶり位にサイクリングロードのトンネルを通ってみましたが、最後の第5トンネル以外は当時の印象とあまり変わらなかったです(第5トンネルは行った記憶が無いです)。個人的に廃墟っぽい所が好きなこともあって、特に第5トンネルは面白かったです。

ちなみにトンネルランの後は山道を通って多摩湖周遊道路の南側に抜けた後、湖を縦断する堤体を経由して西武球場前まで戻りました。ちょうど10kmで本日のラン終了です。





ランニング関連記事(リンク一覧): 狭山丘陵ラン - さいたま緑の森博物館周辺 / 武蔵村山トンネルラン(サイクリングロード/東京都水道道路) / 2019年ゴールデンウィーク(平成から令和へ) / 第17回南アルプス桃源郷マラソン大会 10.5kmレース(2019) / 石神井公園&石神井川の花見ラン(昼編 - 2019) / ...(記事連続表示)

「里山」を宮崎駿で読み直す: 森と人は共生できるのか
「里山」を宮崎駿で読み直す: 森と人は共生できるのかをAmazon.co.jpでチェック

ページ:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ... 1501