KUNISAN.JPブログ - 1173 / 1448 ページ

新規書き込み

東芝REGZA 37ZV500

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年11月8日

東芝REGZA 37ZV500テレビを買い換えました。今まで使っていたものは、3年前に購入したシャープの26インチの液晶テレビで、別に壊れたわけではありませんが、大きい画面の方が見やすいし、迫力もあっていいだろう、ということで新たに37インチのフルハイビジョンを購入しました。新しいテレビのメーカーは東芝で、「REGZA 37ZV500」という型番です。

映像について様々な機能があるようですが、私には細かい違いはよく分かりません。ただ、やはり37インチのフルハイビジョンということで、26インチに比べると迫力があるのはもちろんのこと、細部もきちんと表現されています。あと、なんとなく立体感とか輪郭とかグラデーションとか、そのあたりがスムーズに表現されている気がします。

あと、このテレビの最大の特徴として、外付けのハードディスクに直接番組を録画できるという機能があります。試しに手持ちのポータブルHDDを取りつけて見たところ、認識はしてくれたのですが、転送速度や電力供給安定性の不安があるので、念のためやめておきました。代わりにアイオーデータの1TB外付けHDD「HDCN-U1.0L」を購入して取りつけました。リモコンからの操作も簡単で、普通に番組表から録画予約ができます。突然番組を撮りたくなっても、リモコンの録画ボタンを押すだけで録画ができます。再生も「録画リスト」ボタンから簡単に行えます。

あと、もともとあまり期待していなかった機能ですが、インターネット接続でホームページの閲覧なんかもできます。リモコンを使っての操作になりますが、数字キーをかな入力用にしているところは携帯に通ずるものがあって、Wiiのインターネットチャンネルよりはやや使いやすい印象です。CSSやJavaScriptはそこそこ再現されているはいいのですが、Flashが搭載されていないため、YouTube動画が閲覧できないのが少々残念です。

Wiiも接続してみました。久しぶりに「大乱闘スマッシュブラザーズX」をやってみたのですが、何となくレスポンスが悪く感じました。倍速液晶は映像を差し込む処理があるため、若干タイムラグが生じると聞いていたので、「これがそうなのか」と思いました。ただ、映像設定で「ゲーム」というモードがあり、これに変更したところレスポンスが正常になりました。説明書にもこのモードは「レスポンス重視」の旨が記載されています。

とにかく、3年間の技術の進歩はすごいなというのが印象です。画面のサイズが26インチ→37インチと大幅に増えて、様々な画像処理機能が加わったのに、価格は2万円ほど安かったです。





家電製品関連記事(リンク一覧): 2度目の30kmラン / GARMIN(ガーミン) fenix 5X Plusで海外の地図を閲覧 / GARMIN(ガーミン) fenix 5X Plus Sapphire Black / Sensaphonics(センサフォニクス) Prophonic 2XS (2台目のイヤモニ) / 有機ELテレビ(LG OLED55C7P) - その後 / ...(記事連続表示)

TOSHIBA REGZA 37V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 37ZV500
TOSHIBA REGZA 37V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ 37ZV500をAmazon.co.jpでチェック