KUNISAN.JPブログ - 1357 / 1488 ページ

新規書き込み

大乱闘スマッシュブラザーズX

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年3月1日

Amazonのユーザーレビューで「今までのスマブラをやった人には物足りないかもしれないが、初めてスマブラをやる人にはいい」というレビューを散見して購入してみました。私は「初めてスマブラ」の方です。

大乱闘スマッシュブラザーズX」はいわゆる格闘ゲームです。マリオ、リンク、ドンキーコング、ポケモン、カービー、フォックスなどの任天堂キャラ同士がそれぞれの得意技を生かしながら戦います。これに今作ではコナミのスネークとセガのソニックが加わっています。

格闘ゲームはファミコンの「アーバンチャンピオン」「イーアルカンフー」「プロレス(ディスクシステム)」以来ですが、演出がすごくて(20年前のゲームと比べたら当たり前ですが)感動してしまいました。私は思い入れのある「パルテナの鏡」の「ピット」を使ってゲームしています。任天堂もよくこのキャラクターを掘り起こしてくれました。

初めてのプレイでも適当にボタンを連打して進めるので、結構爽快感があります。キャラクターの特徴をつかんでくるとさらに面白さが増してきます。ファミコン世代の人でもマリオ、ピーチ姫、クッパをはじめ、ドンキーコング、アイスクライマー、ゼルダの伝説、メトロイド、パルテナの鏡(ピット)のキャラが出てきて、「懐かしさ」が楽しいです。エキサイトバイクやドンキーコングのハンマーなども、アイテムとして出てきます。

このゲームはWi-Fiコネクションで見知らぬ人と対戦できたりもします。私も我が「ピット」で一度参戦しましたが、全く手に負えず敗退してしまいました。普通のゲーム(シンプル)で一番低いレベルならノーコンティニューでクリアできるようにはなったのですが、この程度ではWi-Fiコネクションでの対戦は無謀だったようです。もうちょっと腕に磨きをかけてから再度挑戦してみようと思います。

あと「アドベンチャーモード亜空の使者」というのがあります。これはステージが進んでいくごとに、操作するキャラクターが入れ替わるアクションゲームなのですが、私にとっては「コナミワイワイワールドの任天堂版」という印象があります。表現が古すぎますかね?





ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

大乱闘スマッシュブラザーズX
大乱闘スマッシュブラザーズXをAmazon.co.jpでチェック