KUNISAN.JPブログ - 618 / 1518 ページ

新規書き込み
ページ:1 ... 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 ... 1518

ランニングの距離とランナーズ・ニー

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2013年2月23日

ランニングの距離とランナーズ・ニー週末のジョギングは現在も継続中で、秋~冬は気温が低く走るには最適の条件でした。これから春にかけて気温の上昇と共に花粉症の時期になり(既に鼻がむず痒いです)、4月下旬~5月はいいのですが、梅雨の時期は雨、その後は夏の猛暑で、走るのに苦痛が伴うようになります。

ここ数ヶ月間、気温については走るのに良い時期だったのですが、走る距離が5kmを超えると、どうしても右膝(ひざ)の外側に痛みが出てきてしまいます。そのまま10kmまで走ることはできるものの、走り終わった後に膝に力を入れた場合の痛みが強くなり、翌日は痛みで階段の昇り降りが辛くなる程です(5kmで止めるとそこまで痛くなることはありません)。ただ、どれだけ痛みがあっても、走った翌々日の朝には痛みはほとんど無くなっています。

症状からすると「ランナーズ・ニー」そのもののようで、正式な症状名は「腸脛靭帯症候群」と言うみたいです。O脚の人やしっかりとウォーミングアップをしない人は、この症状を起こしやすいらしいですが、私自身はO脚ではなく、走る前のウォーミングアップはしっかりとやっています。

唯一思い当たるのが「傾斜のある場所を走り過ぎる」という点で、これもランナーズ・ニーの原因になるようです。今走っているコースはアップダウンが比較的多く、確かに膝に負担がかかっている感じはあります。

以前、走りのフォームの改善を行い、右膝の痛みが出づらくなったり、痛みの度合いも低くなったりはしましたが、痛みがゼロになるということはありませんでした(右膝にサポーターも付けています)。当面は痛みが出ることが少ない5kmで距離を留めておこうと思っています。

ちなみにここ最近の距離とタイムは以下のようになっています。

日付 曜日 距離(km) タイム(h:m:s) ペース(1kmあたり)
2012/11/17 10.02 0:59:32 5:56
2012/11/23 10.00 0:56:49 5:41
2012/12/1 5.00 0:26:05 5:13
2012/12/8 10.00 0:57:43 5:46
2012/12/15 3.39 0:19:45 5:50
2012/12/23 10.00 0:57:40 5:46
2013/1/4 5.01 0:28:06 5:37
2013/1/12 5.01 0:27:57 5:35
2013/1/26 10.00 0:58:09 5:49
2013/2/2 5.00 0:27:59 5:36
2013/2/9 5.00 0:27:03 5:25
2013/2/11 3.37 0:28:21 8:25
2013/2/23 5.00 0:27:46 5:33

2/11は息子との親子ジョギング大会なのでゆっくり走りましたが、普段は走る距離に関わらず、1kmあたり5分台中盤~後半のペースで走っています。

膝の痛みは「ペース」よりも「時間」の影響が強い感じで、同じ距離でもできるだけ早く走った方が右膝の痛みが出づらいです(あまり早く走ろうとすると体がもたないですが…)。





ランニング関連記事(リンク一覧): ASICS GEL-KAYANO 26 (ゲルカヤノ26) エクストラワイド / 白馬スノーハープクロスカントリー大会2019&飛騨高山 / 右足の裏の痛み(足底腱膜炎/足底筋膜炎) / 狭山丘陵ラン - さいたま緑の森博物館周辺 / 武蔵村山トンネルラン(サイクリングロード/東京都水道道路) / ...(記事連続表示)

バンテリン サポーター ひざ専用 ブラック ふつうサイズ
バンテリン サポーター ひざ専用 ブラック ふつうサイズをAmazon.co.jpでチェック

ページ:1 ... 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 ... 1518