KUNISAN.JPブログ - 583 / 1471 ページ

新規書き込み
ページ:1 ... 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 ... 1471

シャンティ(SHANTY)-本場東インドカレー(石神井公園)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2013年1月12日

シャンティ(SHANTY)-本場東インドカレー(石神井公園)今日の夜は「家族で外食」と決めて、「新しくできたピザレストランに行こう」ということになりました。石神井公園駅北口の西友の南側の通りに新しくできたイタリアンレストランに向かったのですが、残念ながら予約でいっぱいで席がありませんでした。この通りには別のイタリアンレストランもあるのですが、ここも残念ながら予約で満席。仕方が無いのでイタリアンは諦めて、この通りをさらに東に行ったところにある、シャンティ(SHANTY)という東インド料理店で夕食を取ることにしました。

「東インド」とは言うものの、私も妻もインドに行ったことがなく、あまりピンと来ません。石神井公園でインド料理と言えば、よく南口にあるシルザナに行くのですが、ここのカレーも東インドなのか、西インドなのか、ネパールなのかもよく分かっていません。ただ、味の比較の上では、よく行くシルザナのカレーが基準となります。

注文したのはパパド(200円)、タンドリーチキン(650円)、サモサ(500円)、ナン(300円)x2枚、バターチキンカレー(1,000円)、フィッシュカレー(900円)とソフトドリンクです。

パパドについては、シルザナのパパドが円盤状なのに対して、シャンティのパパドは曲がった形になっています。味はシルザナの方がやや辛さがあります。

※照明の関係で、写真の色合いがイマイチです。

シャンティ(SHANTY): パパド
[ パパド: 円盤状ではなく曲がっています ]

タンドリーチキンは塩加減がやや強めです。シルザナではタンドリーチキンではなく名物の「骨なしチキンティカ」を食べるので、こことは比較ができませんが、他で食べたタンドリーチキンに比べると、シャンティのものは酸味が弱いというのも感じました。うちの息子はしょっぱい味が好きで、こちらのタンドリーチキンを「美味しい」と言って食べていました。

シャンティ(SHANTY): タンドリーチキン
[ タンドリーチキン: 塩加減がやや強めです ]

サモサは中にじゃがいもとグリーンピースが入っています。ケチャップを付けて食べると美味しいです。ただ、価格の割にボリュームがやや少なめかな、という気もします。

シャンティ(SHANTY): サモサ
[ サモサ: 500円にしては少し寂しい? ]

そしてメインのバターチキンカレー、フィッシュカレーとナンが来ました。ナンは生地がやや薄めで、味については「普通のナン」という感じです。バターチキンカレーは辛さのレベルを「マイルド」にしたので、辛さはほとんどなく、息子にとっては食べやすい味でした。シルザナのチキンカレーに比べると、やや塩気が強いように感じました。フィッシュカレーは他のインド料理店でも食べたことが無かったのですが、辛さのレベルを「中辛」としたのでそれなりの辛さがあって、カレーの中に入っているカジキマグロの風味が出ていて美味しかったです。

シャンティ(SHANTY): カレーとナン
[ カレーとナン: 左がバターチキンカレーで右がフィッシュカレーです ]

シャンティは我が家からは少し距離があるので、インド料理というとどうしても近所にあるシルザナになってしまいますが、シャンティも美味しい味ではありました。ただ、カレーの味から「東インド」をイメージすることは、最後までできませんでした。もう1件くらい「東インド料理店」に行けば、違いがわかりますかね?







石神井周辺情報(リンク一覧): 東京MEAT酒場 石神井公園駅前店 / 稲田屋(石神井公園店)で蕎麦 / 焼肉小匠 (石神井公園駅近くの焼肉料理店) / らーめん ろくはうす(石神井公園)の味噌らーめん / 韓無量 - 石神井公園の韓国料理店 / ...(記事連続表示)

カラー版 インド・カレー紀行 (岩波ジュニア新書)
カラー版 インド・カレー紀行 (岩波ジュニア新書) をAmazon.co.jpでチェック

ページ:1 ... 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 ... 1471