KUNISAN.JPブログ - 997 / 1568 ページ

新規書き込み

大泉学園「マライ・タイなべ」と練馬区立石神井公園ふるさと文化館

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年5月16日

大泉学園「マライ・タイなべ」と練馬区立石神井公園ふるさと文化館今日は息子が幼稚園の体育教室主催の潮干狩に出かけたため、妻と二人で散歩がてら、大泉学園の「マライ・タイなべ」に出かけました。名前の通りタイ料理の店で、店の人も(恐らく)タイ人でした。

食べたのは「ゲェーンキオワン(650円)」という、タイのグリーンカレー。サラダとスープとデザートがセットで付いてきます。まずスープを飲みましたが、香菜とガーリックの風味が心地よく、まさに私が「タイ料理」に求める味そのものという感じでした。グリーンカレーの方も、辛いながらもしっかりと東南アジアっぽい香りがして、大変美味しく食べられました。「こういう店が石神井公園にもあればなあ…」と思ってしまいます。



それから歩いて石神井公園の方に向かいます。三宝寺池を通り過ぎて、3月にオープンしたばかりの「練馬区立石神井公園ふるさと文化館」に寄ってみました。館内には「むさしのエン座」といううどん店が入っていて、かなりの人が並んでいましたが、ここには行かずに展示コーナーをぐるっと回ってみました。

1階には歴史資料などのコーナー、2階には土器や練馬大根に関する展示や、昭和30年代の生活を復元したような展示物もありました。ただ、練馬の歴史については事前の知識が無いこともあって、残念ながらあまり頭には入ってきませんでした。

練馬区立石神井公園ふるさと文化館
[ 練馬区立石神井公園ふるさと文化館: できたばかりのきれいな建物です ]

石神井プール
[ 石神井プール: ふるさと文化館の裏にあります ]

ふるさと文化館の建物の隣りにある「旧内田家住宅」にも行ってきました。かやぶき屋根の建物で、江戸~昭和初期の民家を彷彿させるような作りになっています。祖母の実家と母の実家(どちらも所沢市の農家)が、私の小さい頃にかやぶき屋根だったこともあり、個人的には少々懐かしさも感じることができました。

練馬区指定文化財 旧内田家住宅
[ 旧内田家住宅: ふるさと文化館本館のすぐ隣りにあります ]






石神井周辺情報(リンク一覧): 石神井公園花見ラン(2020) / タリーズコーヒー石神井公園店でランチ - ペコリーノロマーノ 香る3種のチーズパスタ / すし松(石神井公園店) / 石神井公園&石神井川の花見ラン(昼編 - 2019) / 石神井公園&石神井川の夜桜花見ラン(2019) / ...(記事連続表示)

昭和30年・40年代の練馬区―なつかしい青春の記憶
昭和30年・40年代の練馬区―なつかしい青春の記憶 をAmazon.co.jpでチェック