KUNISAN.JPブログ - 1504 / 1518 ページ

新規書き込み

オーストリアより

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp 日付: 2005年6月6日

2週間前にケベックから帰ってきたばかりなのですが、また仕事でオーストリアのチロルにいます。

今回もミュンヘン空港から車での移動だったので、道中ドイツ-オーストリア国境の写真を撮ってみました。写真は以前入国審査があった場所ですが、現在は全く人がいない上パスポートチェックもありません。何も言われなければ、国境だということもわからないほどです。

でも、ある意味「理想的な国境」と言えるのかも知れませんね。




関連カテゴリー: ニュースな記事

昨日帰国しました

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年5月22日
昨日ケベックから帰国しました。

現地に着いて2日目に持参したノートPCが故障してしまい、ホームページやメールがチェックできなくなってしまいました。インターネットカフェのPCは日本語に対応しておらず、Yahoo!Japanを見てもわけの分からない記号が並んでいるだけ…。

仕事の出先でノートPCが壊れてしまうのは、かなり致命的です。先ほど池袋に行って新しいノートPCを購入しましたが、今回は頑丈で壊れなさそうなのを選びました。ということで、これからセットアップです…。

関連カテゴリー: ニュースな記事

ケベックより

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年5月15日
ケベックに到着しました。トロントから飛行機で1時間ちょっとなのに、同じカナダとは思えないほど雰囲気が全く違います。標識や看板は全てフランス語。カナダの他の州では英語の記述にわざわざフランス語を併記している場合が多いのに、ここは英語の表記がほとんどありません。ただ、ホテルやレストランなど、観光に関係する所では英語が通じるので、とりあえずは一安心です。

ホテルをチェックインした後、世界遺産にも登録されているというケベック旧市街を歩いてみました。確かにヨーロッパの街並みのような感じで、「ケベックはカナダの他の街と全く違う」というのがよく理解できました。さすがに観光名所という感じです。

あと街には、マクドナルドやスターバックスが全くありません。チェーン店だけではなく、ファーストフード店が一切ないのです。私のようなジャンクフード好きにはちょっと寂しい所ですが、せっかくなので、とあるレストランに入ってみました。ケベック料理で、"Poutine"というフライドポテトにチーズを雑ぜてソースをかけたものがあり、興味本位でそれを注文してみました。まあまあ美味しかったのですが、正直なところ「これならファーストフードにもできそう」というレベルでした(他のレストランだと違うのかも)。これにケベックのビールとメープルシロップがたっぷり乗ったパイを注文し、チップを併せてC$23(約2000円)。結構高いです…。
ただ"Poutine"はケベック料理でも「ジャブ」程度のもので、レストランによってはうさぎやトナカイの料理なんていうものあるようです。

ケベックにはこれから数日滞在しますが、仕事で来ているので観光は今日の午後が最初で最後。でも、ディープなケベック料理には、何としてでもありつきたいものです…。

 

関連カテゴリー: ニュースな記事

トロントより

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年5月14日
仕事でカナダに滞在してます。昨晩トロントに到着して、本日ケベックに向かう予定です。朝早く目が覚めてしまったので、一仕事の後、外を散歩してみました。気温は8℃。朝は結構肌寒いですが、天気がよければ昼は20℃位まで行くようです。

30分ほど歩いた後にホテルに戻ったのですが、途中の交差点で薄汚れた服を着た青年が近づいてきました。「バス代がないので、2ドル恵んでくれないか?」と言われましたが、「金がない」と言って断りました。

トロントに来るのは6年ぶりですが、ホームレスとか物乞いの人が多いのを思い出しました(バンクーバーも多かったです)。日本のホームレスは中年の人が多い印象がありますが、こちらでは青年のホームレスも多く見かけます。どこの国も抱えている問題は色々あるようです。

関連カテゴリー: ニュースな記事

草津ドライブ旅行

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年5月3日
昨日、本日と、家族3人で草津ドライブ旅行へ出かけました。

昨日はGW期間中ながら平日ということもあって、練馬~軽井沢~草津と渋滞にはまることなく、スムーズに目的地のペンションに到着しました。まだ夕食までは時間があったので、湯畑と西の河原を観光。やはり温泉街はかなりの人ごみでした。

草津周辺では今が桜のシーズンで、道中は噴煙を上げる浅間山をバックに、ピンク色の桜がとてもきれいでした。

ところで、今回は佳太初の宿泊旅行でしたが、車でも宿でも比較的穏やかな感じでした。この分なら海外旅行デビューも、もうすぐOK?

 

関連カテゴリー: 家族でお出かけ

マンションモデルルーム見学

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年4月30日
今日は大泉学園に建設予定の某超大型マンション(約400戸)のマンションギャラリーに行って来ました。もう石神井公園の某マンションを契約済みなのですが、散歩と敵地視察(?)を兼ねて大泉学園まで足を運んでみました。

まずはマンションと周辺環境を映画で紹介。小さな劇場のような段差のある座席に座り、大型スクリーンにマンションの画像がCGで映し出されます。5分ほどの映画が終わると、スクリーンのそばにある扉が自動的に開き、今度は隣の部屋でコンパニオン(?)のお姉さんが、街の大型模型を使いながら大泉学園の周辺環境を説明してくれます。さすがに超大型マンションだけあって、マンションギャラリーのお金のかけ方も半端ではありません。

で、肝心のモデルルームなのですが、石神井の某マンションのモデルルームと大差ないという印象でした。リビングダイニングの床暖房、浴室乾燥機、タンクレストイレ、二重床構造、高速インターネット回線、それに防犯と耐震…。施工会社や販売会社は違うのですが、建設時期が同じだけあって、設備や工法には大差ありませんでした。

結局マンションで価格に大きな差が出る要因は…、
1) 都心までの利便性(利便性良ければ高い)
2) 駅までの距離(近ければ高い)
3) 占有面積(広ければ高い)
4) 販売会社や施工会社のブランド(有名なら高い)
この4点でしょう。大した考察ではありませんが…。

石神井公園の某マンション(狭いが駅から近い)と大泉学園の某マンション(広いが駅から遠い)の価格を比べてみても、「まあ妥当かな」という感じでした。石神井の方は完成まで半年残して90%ほど売約済みですが、大泉の方も完成まで8ヶ月で契約状況はまずまずなようです。

最近ではインターネットの普及のおかげで、欠陥マンション業者の情報を容易に入手できます。業者もこのあたりはよく理解しているようで、ここ数年で欠陥マンションの数も大分減ってきたようです。マンション購入者にとっても、なかなかいい時代になってきましたね。

関連カテゴリー: 石神井周辺情報

ウクレレで弾き語り

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年4月29日
昨年まで5年連続でGWは海外旅行でしたが、今年は久しぶりの国内滞在です。昨年までのGWは毎年ちょっとした緊張感がありましたが(ペルー、ケニア、コスタリカは事前の情報収集だけでも大変でした…)、今年はのんびりと疲れが癒せるのがいいですね。

GWと言えば、ちょうど一年前のハワイ旅行でウクレレを購入したのですが、ほぼ毎日飽きずに弾いていたおかげで、とりあえずメジャー、マイナー、セブンスの大よそ全てのコードの押さえ方を覚えました。ディミニッシュやサスフォーなどは手持ちの「ウクレレコード表」に無かったので、自分で押さえ方を探しながら覚えたものもあります。指の置き方が複雑で、まだ音が不安定なコードもいくつかあるものの、聞いたことがある曲(ポップス系)であれば、コード付きの楽譜を見ながらある程度(7~8割位?)弾けるようなレベルにまでなりました。弾けると言っても、人に聞いてもらえるような腕ではないのですが、好きな曲の弾き語りは自己満足と言えども結構楽しいものです。ちなみに、よく分からないのをいいことに、佳太に無理やり聞かせることもあったりしますが…。

実は今までずっと、ウクレレの練習は基本を抜きにしてやってきました。ウクレレを購入した時に30分程レッスンを受けたのと、その時に購入した「ウクレレコード表」で左手の指の置き方を覚えた以外は、ずっと自己流で弾いていました。「まあコードさえ覚えれば、それなりに楽しめるだろう」というのがあったからです。

そんなわけで、先週末に「ウクレレ教室DVD(全3巻)」を購入して改めて基礎から学ぼうと思ったのですが、まずウクレレの持ち方から間違えていることが分かったりして、「まだまだ学ぶべき点があるなあ」と思ってしまいました。持ち方はさておき、ストロークの方法や各種テクニックなど、やはりウクレレと言えども、突き詰めていくとかなり奥が深いです。

基礎的な奏法だけでもいろいろと学ぶところがありますが、自己流でもいいので楽器が弾けるようになると、なかなか面白いものですよ。ウクレレは小さくてスペースも取らないので、首都圏のアパートやマンションに住んでいて、「これから楽器を覚えたい」という方は是非お勧めです。

関連カテゴリー: ミュージック関連記事

体重10kgまであと少し

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2005年4月26日
本日佳太は3種混合ワクチンを接種してきました。母親情報によると一瞬大泣きしたものの、その後すぐに「けろっ」としていたとのことです。

順調な成長を見せる佳太ですが、現在体重9.5kg前後で、10kgの壁を破るまでもう少しです。生まれてまだ半年も経たないので、このままではもうすぐ「成長曲線」の上限を超えてしまいそうです。まだ離乳食は1日1回のペースですが、本格的に食べるようになったら、我が家のエンゲル係数がどこまで上がるのか心配です。

今回の写真は「ウクレレと佳太」ですが、「無理やり持たされた」感がよく出てます。

関連カテゴリー: ニュースな記事