KUNISAN.JPブログ - 1461 / 1471 ページ

新規書き込み

名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: Utadaの「EXODUS」が米国で発売されてから数日経ちましたが、売れ行きの方はどんな感じなのでしょうか?今までの日本人アーティストの北米進出は、現地の日本人や日本マニアの人がCDを買う程度で、例えば「最初の1週だけランクイン」する位のものでしたが、これを破ることができるのでしょうか。

日本では先月8日に先行発売されて、発売1週目に50万枚以上のヒットで週間第1位でしたが、次週には第2位に落ちてしまい、その後もじりじりと週間売り上げ枚数を減らして今に至っています。かつての宇多田ヒカルは、アルバムを出せばすぐ「数百万枚」の実力でしたが、今回の「EXODUS」は百万枚行くかのレベルのようです。

私は宇多田ヒカルの「日本語の歌詞のメロディの乗せ方」が好きで、「First Love」と「Distance」も持っている位ですが、今回の「EXODUS」はちょっと買う気がしませんでした。発売前に音楽番組で何曲かチェックはしたのですが、どれもけだるい感じで、以前のようなノリが感じられません。ギターなんかも持たされたりして(ほとんど弾いてない)、観ているこっちがちょっと寒い感じがしてしまいました。

ホームページで「EXODUS」購入者のコメントを見ると、「以前のようなノリが感じられず残念」という否定派と、「高い完成度で、聞けば聞くほど良くなる」という肯定派にはっきり二分しているようです。私はCDを購入していないので何とも言えませんが、「聞けば聞くほど良くなる」と評判の曲やアルバムは、概してとっつきづらく、売り上げがあまり上がらないことが多いのも事実です。ポップスやロックなどは、変に芸術性や完成度を高めようとすると、理解できなくなる人も多くなり、その分売れ行きも上がらないことが多いのです。

以前カナダに滞在していた時に、アジア人歌手が北米でヒットするにはどうしたらいいか、現地の人に聞いたことがあります。
「曲が売れるかどうかは、一般の人たちの持っているイメージが重要。たとえばロックなら白人、ラップなら黒人とかいうイメージ。アジア人がラップの曲を出しても、『黒人の真似』とか『似合わない』とかいう風に思われてしまい、北米ではまず売れないでしょう。かといってアジア人がアジアっぽい音楽で勝負しても、理解してくれる人がいるかどうか…」
あと、北米では女性アーティストが売れる重要条件の一つとして、「セクシーさ」というのがあるようです。音楽そのものに関係ない「人種」や「セクシーさ」の壁は、アジア人にとっては結構高い壁になります。クラシックやジャズの超一流奏者となると話は別ですが、ポップスの世界ではまずこの壁を超えなければいけない厳しい現実があります。

Utadaはこのまま将来もアメリカを向いたままなのでしょうか?時代が変わるのを待つか、それとも自分で変えていくつもりなのでしょうか?個人的には、日本やアジアを向いた、また昔のようなノリの曲を出してくれればと願っています。





関連カテゴリー: ミュージック関連記事

日付: 2004年10月11日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 村上春樹の最新作『アフターダーク』を読みました。
今までの村上春樹の作品には無いような「視点」の取り方で、『ノルウェーの森』とはちょっと違ったタイプの「喪失感」が感じ取れます。構成の練り方が『海辺のカフカ』なんかに比べてちょっと荒い気がしましたが、それでも通勤電車の中でじっくり読めました。
ところで小説の最後の方で、「新しい太陽が、新しい光を街に注いでいる。…(略)…。三日月は…西の空に浮かんでいる」という文章があります。でも実際の「早朝の三日月」は西ではなく、太陽と同じ東の空にしか浮かびません。ちなみに「夕方の三日月」は西に出ますが、深夜までには完全に沈んでしまいますし、早朝「西の空」に月が浮かぶとしたら、満月の右側がちょっとだけ欠けたような感じで、三日月状の形はありえません。
ここの表現は小説の大勢に影響するものではないのですが、一天文ファンとして思わず我に返ってしまった一瞬でした。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2004年10月10日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >まみっぷ様
こんにちは~。

>まだ蒸し暑い日が続くとはいえ、夜半には涼しい風が吹くように
>なりましたね。KUNIさんにとっては良い季節になってきたと
>いえますでしょうか

お察しの通り、私にとっては史上最悪の夏でした。少しずつ良い季節になってきましたが、真夏日が続くようではまだまだですね。ただ、夜涼しくなってきて、ジョギングを再開できるようになったのはちょっと嬉しいです。

>こんな暑い夏でしたが、まみっぷはご存知暑いの大好き・寒いの
>大嫌いの体質ですので、7・8月ともに電気代が4000円を
>きりました。

すごい!うちは月8000位でしたが、それでも「1万円行かなかった」と喜んでいたくらいですよ。まみっぷさんの旦那さんは、クーラー無しで融けてませんでしたか?

>SACHIKOさんはいよいよですね。こちらも楽しみであるけれど、
>一方では本当に心配でもあります。
>何分経験がないもので、なんとも声をかけにくいのですが、
>初め劇的な睡眠不足が続くと聞きます。

予定日まで1ヶ月とちょっととなりました。それなりに心配もありますが、それよりも楽しみの方が大きいですよ。とにかく母子ともに健康であれば…、と願っています。

>これから寒くなる前にと、この連休で自動二輪免許取得のため
>自動車学校に入所しました。といっても限定(125cc)ですが。
>ところが、技能予約が2週間先までいっぱいなのです。
>おいおい、いつになったら講習が始められるのかしらーと
>ハナから少々不安です。
>KUNIさんは自動二輪の免許をお持ちでしたか?

バイクの免許は持っていないのです。学生時代に2回ほど原付に乗ったことがありますが、屋根付き&壁付きの車の運転に慣れてしまっていて、体がむき出しの原付はかなりの恐怖でした。さらにギア付きとなると、もう訳がわからないです(車ならマニュアルでもなんとかなるのですが…)。高校時代、周りのみんなは原付の免許を持っていたのですが、私は自転車でがんばっていました。おかげでマウンテンバイクを平均時速40キロ超で走れるほどの脚力が付きましたが…、まあそんな思い出しか無いくらいです。
まみっぷさんは、どんなバイクに乗るのでしょう?バイクが運転できたら、海外でも楽しいかも知れませんね。夫婦でツーリングなんていうのも良さそうですね。

日付: 2004年9月21日
名前: まみっぷ
Eメール:
コメント: まだ蒸し暑い日が続くとはいえ、夜半には涼しい風が吹くように
なりましたね。KUNIさんにとっては良い季節になってきたと
いえますでしょうか。
こんな暑い夏でしたが、まみっぷはご存知暑いの大好き・寒いの大嫌いの体質ですので、7・8月ともに電気代が4000円を
きりました。
ほとんどクーラーをつけずに過ごした成果ですね~。
夫にはちょっぴり酷だったかしらん!?

SACHIKOさんはいよいよですね。こちらも楽しみであるけれど、一方では本当に心配でもあります。
何分経験がないもので、なんとも声をかけにくいのですが、
初め劇的な睡眠不足が続くと聞きます。
どうぞ今からご自愛くださいね。

これから寒くなる前にと、この連休で自動二輪免許取得のため
自動車学校に入所しました。といっても限定(125cc)ですが。
ところが、技能予約が2週間先までいっぱいなのです。
おいおい、いつになったら講習が始められるのかしらーと
ハナから少々不安です。
KUNIさんは自動二輪の免許をお持ちでしたか?
日付: 2004年9月20日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: プロ野球のストが決定してしまいました。今の野球界の混乱状態はマスコミにとっては稼ぎどころなので、一生懸命がんばってほしいところです。このまま混乱が長引けば、新聞&雑誌の売れ行きも伸びて、マスコミにも好景気の波がやってくるかもしれませんね?

ところで、球団経営者も何を考えているのでしょう。どうせストを決行させるのなら、先週のうちにやらせておくべきだったのではないかと思います。経営者側は今回のストについて「損害賠償請求を考える」ということを言っていますが、本当に損害賠償を考えるほどストが違法であると思っているなら、選手会の言うことなど一切聞かず、ストを起こさせた上で選手会側を「ファンの楽しみを奪った悪者」にして、損害賠償の話を進めるべきだったと思います。ストを回避するため、一時的にでも話を飲んでしまったことは、経営者側もストの合理性を認めてしまったことになります。

あと「ライブドア」と「楽天」の新規参入に消極的なのもいけないですね。お金がないからという理由で近鉄とオリックスの合併を容易に認めているのに、金があるところが野球界に入るのを「審査に時間がかかる」と言って結論を先延ばしにするのはやっぱり変です。少なくともこの2社は、来期シーズン中に倒産するようなリスクを持った悪い会社ではありません。インターネットを利用した新しいサービスというのは、野球人気回復の上で何らかの「鍵」になりうる可能性を秘めています。それが何かは分かりませんが、少なくとも芽の出ないうちからどうのこうの文句を言うようでは、プロ野球の将来を全く考えていないとしか言いようが無いと思います。

ただ、メディアがテレビであれインターネットであれ、プロ野球で大事なのは選手のプロとしての資質です。魅力の無い選手ばかりでは、どんなに経営ががんばっても、メディアががんばっても、先は見えています。選手のレベルアップのためには、ファンの目も肥えていないといけないでしょう。自分の応援しているチームが勝てば凡プレーでも何でもいいと思っていたり、試合をろく見ずに外野席でうるさいラッパを吹いているだけのようなファンばかりでは、選手の「もっと実力を上げよう」という向上心にも繋がりません。ファンの側にも、選手のプレー一つ一つを見る目を養うことも必要と思います。

それにしても、ストとは最悪ですね。一プロ野球ファンとして、寂しい限りです。

関連カテゴリー: 野球観戦関連記事

日付: 2004年9月17日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: やっぱり本掲示板の過去ログを戻してしまいました。
いままでいろいろな人が書き込んでくれたメッセージや、自分が日記代わりに書いていた文章なんかを読み返すと、結構楽しかったりして、そのままファイルを再アップしてしまいました。
そんな感じで、またよろしくお願いします。

関連カテゴリー: Web管理関連記事

日付: 2004年9月12日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: プロ野球選手がスト決起までカウントダウンの状態です。一部マスコミも「自分勝手なオーナー」「ファンの声は『合併反対』」などと書き立ててストを煽っているような感じです。今の日本のプロ野球は松井やイチローのようなスター選手がいなくなってしまったので、マスコミとしてもあまり書くネタが無くなってしまったのではないかと思います。でも「スト」となれば、新聞の一面にもなりますし、スポンサー付きの民放のニュースなんかも、視聴率が稼げるでしょう。「スト」はオリンピックと同じ、マスコミの間では「お祭り」のような感じなのではないでしょうか。

1994年にメジャーリーグでストがあった時には、ワールドシリーズまで中止する事態になり、翌年以降多くのファンが愛想を尽かしてしまい、球場に足を運ばなくなったということがありました。日本のプロ野球のストがどれだけの期間続くかわかりませんが、仮にストを起こせば多かれ少なかれ、さらに客離れが進むのは間違いないと思います。ただでさえ魅力のある選手が少なくなった上、プロ野球の試合が無くなったところで、一部の熱烈な野球ファンを除いて困りません。他にもいろいろと楽しみのある時代です。ストが明けても客離れが進めば、マスコミは手のひらを返すように「ファンを無視したストのせいで客離れが進んだ」などと書くと思いますが、このことを選手たちは想像できているのでしょうか?

ちょっと感情的かも知れませんが、オリンピックで格下のはずのオーストラリアに2連敗をするような日本のプロ野球が、ストを起こすと言うのも何だか説得力が無い気がしてしまいます。ストを起こす前に、もっと観客を魅了できるような技術を習得するなどして、より多くのファンを取り込むことを考えた方が先決ではないかと思ってしまいます。

すっかり「反選手会」のような意見ですが、仮にここで一時的に球団合併を阻止できたとしても、その後に観客を呼び戻せるアイデアがなく、魅力のある選手が少ないままであれば先は見えています。「ただ決定を先延ばしにするだけのストであるならやらないほうがまし」というのが個人的な意見です。

関連カテゴリー: 野球観戦関連記事

日付: 2004年9月6日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: "kunisan.jp"のメールサーバーは、ウィルス削除機能が付いています。ウィルスメールが送付されてくると、メールそのものは転送せずに、「ウィルスメールを受信しました」というメッセージが送信されてきます。

8月1日~31日の1ヶ月の間に、合計600通以上の「ウィルスメールを受信しました」というメッセージを受け取りましたが、これはホームページを公開している人には、恐らく避けられないことなのでしょう。ウィルスに感染したPCでホームページを閲覧すると、そのページ内にあるメールアドレスを記憶して、ウィルスメールをどんどん送信していくというパターンです。送信者アドレスも偽造するので、本当の送信者は特定できず、ウィルス感染のPCを使っている本人は、ウィルス感染に気づかぬままということが多いようです。

ということで、皆さんコンピュータウィルスのチェックは定期的に行いましょう。

関連カテゴリー: Web管理関連記事

日付: 2004年9月2日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >まみっぷ様
こんにちはー。

>結婚して2年、夫は10キロ近く太ってしまいました。びつく
>り!

えっ!?10キロってすごいですね。私も結婚したてのときより約3~4キロ増えていますが、10キロってなかなか行きませんよ。『幸せ太り』と良く言われますが、『超幸せ太り』って感じなんでしょうか?

>SACHIKOさんが安静中とのこと、心配です。
>別途連絡をしてみますが、あと少しのお二人での生活を

今は1日中家にいますよ。時間のあるときにでもメール出してみてくださいね。

>一度KUNIさんご夫妻と海外旅行に同伴させていただきたいです。

ぜひ行きましょう!タスマニア旅行に同行しますか?

日付: 2004年8月29日
名前: まみっぷ
Eメール:
コメント: KUNIさん、おかげさまで夫もとても元気です。
結婚して2年、夫は10キロ近く太ってしまいました。びつくり!

SACHIKOさんが安静中とのこと、心配です。
別途連絡をしてみますが、あと少しのお二人での生活を
楽しまれてくださいね。それにしてもJrのお誕生が
楽しみですね!きっと温和で国際的なJrなんでしょうね~。

スポーツ観戦好きなKUNIさんのことですから、やはりオリンピックを観ていらっしゃいますね。今回はメダル数も多く、日本選手の活躍の見ごたえがありますよね。私も夫の帰りが深夜のため、
メジャーな種目はほとんどライブで観ています。
テレビの前で立ち上がったりしていますよ!

モルジブは1つの島に1つのリゾートだけ、という
まさに「海と島」の世界です。ほとんどの場合は1つのリゾートで
過ごします。海が泣きたくなるほどキレイなのです。
ちょっと年甲斐もなく日焼けし過ぎて、ケアに苦しんでいます。

一度KUNIさんご夫妻と海外旅行に同伴させていただきたいです。

日付: 2004年8月29日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >まみっぷ様

ご無沙汰してました。旦那さんもお元気ですか?

>コスタリカのYAHOO登録おめでとうございます!すごいですね~。
>やはり一般ぴーぷるにとって、コスタリカは縁遠いところです
>が、かわいらしいKUNIさんのHPで興味を持つ人も増えるのでは?!

ありがとうございます。普通はYahoo!に登録されると、1週間位はアクセス数がすごいのですが、コスタリカは日本人にはマイナーな国だけあって、今のところ1日30件程度のアクセス数です。ケニアのHPが登録された時には、初日に1000件を超えるアクセスがありましたが、その時とはだいぶ違って落ち着いてますね。

>SACHIKOさんの体調はいかがですか。
>HPのプチリニュといっしょに、ilukaページが消えてしまったよ
>うですが…。諸準備というところでしょうか。
>ゆっくりお会いしたいといつも思っています。

体調自体はぼちぼちですが、実は今自宅安静中です。Ilukaのページやその他知人のページは、「リンク集」にまとめてありますよ。どちらにしてもIlukaのページは更新してませんが・・・。

>さて今年の夏は暑くて暑くて、KUNIさんと違い暑いの大好きまみ
>っぷ夫妻はおおいに楽しめました。7月初旬の慶良間から始ま
>り、冷夏の去年の分も鼻息を荒く夏レジャーを堪能しました。
>おととい、モルジブから帰国しました。
>夫婦休暇が合わない&取れない職業柄、6日間の短期日程で
>「これはシュノーケル合宿か!?」という程、
>泳ぎまくってきました。
>今度モルジブの魅力について、報告させてください♪

モルジブ旅行って羨ましいですねえ。まだ行ったことのない国です。さっき地図で見たら、諸島が南北に長くて、エリアとしては結構広いんですね。今度またお話を聞かせて&写真を見せてください。

こちらは子供の準備もあったりして遠出はできず、もっぱらインドア系の生活です(インド系ではありません)。ハワイで買ったウクレレでサザンの曲を弾いたり、ホームページの更新をしたり、オリンピックを毎晩遅くまで見たりと、そんな感じです。子供が出来てしまうと、今までのように気軽に海外には行けなくなりますが、2歳までは飛行機代がかからないので、それまでに一度タスマニアにでも行きたいと思ってます。

ということで、また近いうちにお会いしましょう。とは言っても、子供が生まれてからになりそうかな?

日付: 2004年8月27日
名前: まみっぷ
Eメール:
コメント: KUNIさん、ごぶさたです。少し涼しくなりましたね。
コスタリカのYAHOO登録おめでとうございます!すごいですね~。
やはり一般ぴーぷるにとって、コスタリカは縁遠いところですが、かわいらしいKUNIさんのHPで興味を持つ人も増えるのでは?!

SACHIKOさんの体調はいかがですか。
HPのプチリニュといっしょに、ilukaページが消えてしまったようですが…。諸準備というところでしょうか。
ゆっくりお会いしたいといつも思っています。

さて今年の夏は暑くて暑くて、KUNIさんと違い暑いの大好きまみっぷ夫妻はおおいに楽しめました。7月初旬の慶良間から始まり、冷夏の去年の分も鼻息を荒く夏レジャーを堪能しました。
おととい、モルジブから帰国しました。
夫婦休暇が合わない&取れない職業柄、6日間の短期日程で
「これはシュノーケル合宿か!?」という程、
泳ぎまくってきました。
今度モルジブの魅力について、報告させてください♪
日付: 2004年8月27日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >げんきちゃん様
旅行記を読んでいただきまして、ありがとうございました。「楽しい」と言っていただけると、こちらとしてもホームページの作りがいがありますよ。
マチュピチュのグッバイボーイは最近いなくなったという話を聞いています。「ペルー」の掲示板検索で「グッバイボーイ」として検索すると、そのあたりのコメントが出てきますので、ご参考にしてみてください。
ペルー旅行は現地の最新情報を仕入れるなどして、お気をつけて行ってきてください。
日付: 2004年8月26日
名前: げんきちゃん
Eメール:
コメント: 9月10日からペルーへ行きます。高山病が心配ですが、水分をたっぷりとって気をつけます。グッバイボーイに会うのが楽しみです。ケニアのサファリに行きましたが、写真を拝見して楽しかったのを思い出しました。 ナイロビの店ででっかい串焼きを食べたのも。 楽しい旅行記をありがとう。
日付: 2004年8月25日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: やりました!ついに「コスタリカ-森の緑と海の青」がYahoo!Japanに登録されることになりました!明日、明後日のうちには、Yahoo!Japanで検索できるようになりますよ。

http://kunisan.jp/costarica/

ホームページを作成してから1年3ヶ月も経っての登録ですが、地道に改良を重ねていった甲斐がありました。今はまだ寂しい掲示板も、これからちょっとは活気付いてくれるでしょう。

今日は長嶋Japanがオーストラリアに負けてしまいましたが、自分にとっては金メダル級のうれしい日になりました。

関連カテゴリー: Web管理関連記事

日付: 2004年8月24日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: オリンピックのメダルラッシュで寝不足の日々が続いています。

そんなな中、久しぶりにCGI(Perl)の本を読んで、「サイト内検索機能」を作ってみました。言ってみれば、「ミニYahoo!検索」みたいなものです。早速タスマニアペルーケニアコスタリカの各ページに取り付けてみましたが…、誰も試していないところを見ると、あまり必要なかったのかも知れませんね…。

それでも、久しぶりにプログラムを完成させて満足していますよ。『自己満足は上達へのエネルギー…』、なんて自分に言い聞かせてさらに自己満足しています。

関連カテゴリー: Web管理関連記事

日付: 2004年8月22日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 「世界一大きなアクセスカウンター」を設置してみました。

http://kunisan.jp/big_ac/

暇な方はお試しください。

関連カテゴリー:
Web管理関連記事

日付: 2004年8月8日
名前: くに&こすぎさん
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >しゅんちゃんへ
あdじゃmどえオアsdfpfjdwwそふぉがえ8えj21えqまs。
わかってもらえたかな?「ちゅうしゃをしても、なかなかったのはえらいね」ってことだよ。

うちの子が大きくなったら、俊ちゃんと遊んでもらえますかね?今度ぜひ「こすぎ」に来てくださいね。

日付: 2004年7月30日
名前: ばばしゅんすけ
Eメール:
コメント: gたrgb3txhんtxwSb2qtxz
ぃyぁtgKagtkqtMかTkAFjmafrKAGおW、gfLWKFWFJES9REore9l

元気な赤ちゃんの誕生を応援しています。上記は、いたずらではなく、しゅんすけの書き込みです。ぜひ書きたいと言うもので・・・。きょう、注射をしても泣かなかったしゅんすけより、バームクーヘンごちそうさまですとのことです。
日付: 2004年7月29日
名前: 小川 邦久
Eメール: website@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: KUNI'Sページを一新しました。とは言っても、デザイン面での変更は全くなく、ページ構成を変えただけの、「マイナーチェンジ」です。

本掲示板も「新」という文字が付いていますが、過去の履歴(ほぼ私の「独り言」状態でした)を消しただけで、プログラムは何も変わっていません。

KUNI'S PAGEはKUNISAN.JP内のホームページの紹介がメインで、このページ自体、中身が無いと言えるかもしれませんが、今後も末永いお付き合いをしていただければ幸いです。

関連カテゴリー: Web管理関連記事

日付: 2004年7月24日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@mvb.biglobe.ne.jp
ホームページ: http://www2s.biglobe.ne.jp/~kunihisa/kuni/
コメント: (※トップページより転載)今日の夜は六本木のアビーロードというところに行ってきました。ここはビートルズのコピーバンドが生演奏を行うライブハウスで、お酒や食事を楽しみながら、ビートルズの曲を楽しむことが出来ます。
本日の出演はパロッツ。ビートルズのコピーバンドの中では日本最高ともいえるバンドで、本家イギリスで毎年行われるビートルズコンペティションの常連でもあります。曲目は"Please Please Me"、"All My Loving"、"Help"、"Yesterday"、"Let It Be"などメジャーなものから、"Norwegian Wood"、"Good Day Sunshine"、"Rain"、"While My Guiter Gently Weeps"など渋めのものまでいろいろあって、ビートルズ好きにも超納得の演奏でした。
  

関連カテゴリー: ミュージック関連記事

日付: 2004年7月10日