KUNISAN.JPブログ - 1513 / 1518 ページ

新規書き込み

名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >静馬様
ご無沙汰してます。コスタリカから帰ってきたら、久しぶりに会いませんか(ミニ同窓会)?またメールくださいね。





日付: 2003年4月10日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >かおり様
はじめまして。ホームページを見ていただきましてありがとうございました。そして、はるばる「KUNI'S PAGE」まで"¡Bienvenido!"
ペルーは有名なマチュピチュ、ナスカはもちろんのこと、人々も暖かくて本当にいいところでしたよ。コスタリカ旅行後は、またHPを製作する予定なので、時間のあるときにでも覗いてみてくださいね。
日付: 2003年4月10日
名前: 静馬
Eメール:
コメント: おしさしぶりです。
あいかわらず漫画喫茶でみています。
気をつけていってきてください。

日付: 2003年4月10日
名前: かおり
Eメール: janeeyre-kk@jeans.ocn.ne.jp
コメント: 小川さん、はじめまして♪『ペルー気ままに一人旅』のページ拝見させていただき、感動してHPまでお邪魔しました(^з^)
私は中学生の時からペルーに行きたくてしかたないのですが・・・。まだ23歳。お金も知識も経験も足りてない(泣)頑張りマス(><;)PC&スペイン語を勉強中です☆
コスタリカ旅行、お気を付けて。また遊びに来させていただきます!♪
日付: 2003年4月9日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: コスタリカ旅行まであと20日を切りました。テロや謎の肺炎SARSなどの不安要素もありますが、早く旅行の日にならないかと待ち遠しいです。
ただ、SARSについては「アジアの病気」ということで、中米では中国人はもちろん、日本人や韓国人までもが「SARSの地域からやってきた」と見られるのではないかとちょっと心配です。今現在日本人の感染者は発見されていませんが、コスタリカ人にとっては日本人も中国人も外見は変わらず、差別的な扱いを受けなければと思っています(ちなみに、中国人なら差別されてもしかたないという意味ではないので悪しからず)。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年4月7日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今朝、NHKでヤンキースの試合を中継していました。松井は4試合連続安打で、期待通りの活躍をしていますね。中継は2ヶ国語放送で、現地のアナウンスも聴けるのですが、「日本では1000万人を越える人がヤンキースの開幕戦を観たようです。これはニューヨークの視聴者数よりもずっと多いですね」と言っていました。日本のファンの熱狂ぶりは、現地でも感心ごとのようです。今日の試合はナイターだったのですが、松井の打席の時に「日本ではいま朝です。グッドモーニング・マツイ!」なんてことも言っていました。さすが、アメリカ人はいつもしゃれっ気がありますね。

関連カテゴリー: 野球観戦関連記事

日付: 2003年4月5日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今日は晩御飯の後、石神井公園をジョギングしたのですが、5分咲きの夜桜が水銀灯に照らされていました。今週末には満開になりそうですが、春休みと重なって家族連れが多数訪れるのでしょうね。足こぎボートは大渋滞?

関連カテゴリー: ランニング関連記事

日付: 2003年3月31日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 宮崎駿の「千と千尋の神隠し」が、見事アカデミー賞を取りました。まだ観ていなかったのと、英語の勉強も兼ねてと、英語吹き替え付きDVDを探しに近所のヤマダ電機とツタヤに行ったのですが、前から売っているフランス語吹き替え付きのものしかありませんでした。今日は買いませんでしたが、英語吹き替え版は将来出るのでしょうか?
ついでに他の宮崎作品を探したのですが、「ナウシカ」「ラピュタ」「魔女の宅急便」等、有名どころは全て売り切れていました(「コナン」シリーズはありましたが)。これもアカデミー賞効果ですかね。

関連カテゴリー: 英語学習関連記事

日付: 2003年3月29日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: イラク戦争の情報は、どこまで真実でどこからが軍の情報作戦なのか良く分かりません。信ぴょう性に欠ける情報を基にして話を進めるのも何なので、イラク戦争については終戦まで書き込みをやめておきます。何しろ早く終わってほしいですね。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月28日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >Mie*様
こんばんは。お久しぶりです。
確かに「正しい戦争」というのは存在しないですね。今の戦争も本当に良く分からないことだらけです。
アメリカなどは「市民の犠牲は最小限に」と言うものの、「最小限」とはいったい何人なのでしょう(1万人位?)。イラクでは民間人がゲリラ兵として攻撃に参加していますが、この場合は民間人も軍人の部類に入る解釈で、無差別に攻撃しても構わないのでしょうか?イラクは国連憲章で化学兵器などの大量破壊兵器を所持できないことになっていますが、アメリカが放射能を撒き散らす劣化ウラン弾を堂々と使用していることには問題はないのでしょうか?「小規模」破壊兵器なら何千発、何万発使ってもいいのでしょうか…?
いっそのこと軍隊など使わず、ブッシュ、フセインの両大統領が直接差しで戦えば早いのに…。いつも犠牲になるのは、下の人達ばかりです。
ちょっと重い内容になってしまいました…。同じく平和を祈ります。
日付: 2003年3月27日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@mvb.biglobe.ne.jp
ホームページ: http://www2s.biglobe.ne.jp/~kunihisa/kuni/
コメント: (※トップページより転載)3連休を利用して、広島・山口を旅行してきました。まずは宮島に向かいましたが、フェリーに乗る前にうえのあなごめしで腹ごしらえ。あなごの味自体がいいのはもちろんですが、たれもしつこすぎず、丼全体に香ばしさが出ていて最高の一品です。その後、フェリーで宮島に渡り、厳島神社を参拝しました。それからまたフェリーに乗り、電車とバスで1時間ほどかけて錦帯橋に行きます。錦帯橋が掛かる川沿いには桜並木があったりして、花見の季節は綺麗なんでしょうね。そんな一日の締めくくりは、広島名物お好み焼きでした。
翌日は原爆ドームを見てきました。今イラクで戦争していることもあってか、原爆が落とされた当時の状況が頭に浮かんできてしまいます。広島の原爆も、そんなに昔の話ではないですよね。

  

関連カテゴリー: 家族でお出かけ

日付: 2003年3月24日
名前: Mie*
Eメール:
コメント: やほー。
おひさしぶりぶり。
戦争はどんな理由があっても罪のない人が犠牲になる限り決して正当ではないよね。。
日本では(あたしも含め)まだ危機感があまりないけど(米英軍関係者は除く)
これで北朝鮮になったら・・・。
早く平和がくることをいのる・・・。
日付: 2003年3月26日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 日本人数名がイラクに残り、いわゆる「人間の盾」として反戦運動を行っています。しかし、これは明らかな自殺行為です。個々の思想はあると思いますが、反戦運動を行うなら「死を覚悟して」ではなく、生きながら恒常的に行うべきですし、反戦を訴える手段は他にもいろいろあるはずです。
「死を覚悟して」の行動というと、太平洋戦争時の日本軍や、アメリカのテロ実行犯などを思い出してしまいます。「人間の盾」は破壊活動を行わないので、意味合いが違うのかもしれませんが、やっぱりねじれた発想であると思います。
本当に身に危険が迫ったときには、「命がけで」という発想が必要な時はありますが、一歩引いて他に何かよい手段が無いかを考えることも重要と思います。人間は生きてなんぼです。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月21日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: ついに戦争が始まってしまいました。まだ初日ということで、巡航ミサイルが数十発発射されただけでしたが、早速イラク市民に犠牲者が出てしまいました。イラク側からクウェートへの反撃もありましたが、こちらは人的な被害はなく、普通の弾頭のミサイルだったようですね。とにかく大量破壊兵器が使用されることがなく、そしてこの戦争が長引かないことを祈ります。
ところで、大量破壊兵器の親分と言えば核ミサイル。国連常任理事国は全て所有していますが、常任理事国だけ「持っていてもいい」というのもやっぱり変な話ですね(インドやパキスタンは例外的に持っていますが)。常任理事国も強力な武器を持つのをいいことに暴走する、ということだけは無いようにして欲しいものです。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月20日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 現在、3月18日の午後10時半ですが、あと35時間半でイラク攻撃開始になりそうです。今回の攻撃の理由は、イラクが大量破壊兵器を所有しているからということですが、イラクが敗北した場合に本当に大量破壊兵器が発見されるのでしょうか。発見されればアメリカの主張の正当性が証明されますが、万が一発見できなかったら…?
一昨年11月のアフガニスタン攻撃の際には、9・11NYテロの主犯格のウサマビンラディンが潜伏していて、それをかくまうタリバン政権を打倒することが目標でしたが、終わってみたら結局ウサマビンラディンは見つからず、さらにテロとアフガニスタンとの関連性が本当にあったのか、明確な情報が流れてきません。
今回の攻撃については、ブッシュ大統領があれだけ自信を持って「イラクは大量破壊兵器を持っている」と言っているのだから、確証があってのことと思いますが、何よりも実際に使用されることだけは無いことを祈ります。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月18日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: もうすぐ戦争が始まりそうです。ブッシュ大統領はこの攻撃について、「イラク国民の幸せのため」とも言っていますが、正確には「イラク国民のうち、アメリカの攻撃で死ななかった人のため」ということになると思います。何人かの市民は犠牲になるものの、多くの人が生き残り、フセイン政権が崩壊すれば皆ハッピーというわけです。イラク国民がどう考えているのか、本当のところはよくわかりませんが…。
世界各地で反戦運動が盛んなようですが、日本やイギリスを始め、国民の大多数が反対しているにも関わらず、政府がアメリカ支持に回るところが結構あるようです。ただし、どこの国も間接民主主義で、国民が選挙で選んだ人が決定したことです。間接民主主義の国で国民が選べるのは「結論」ではなく、「結論を出す人」なので、今回の件を見ても「自分の意思」と「選挙で選んだ人や党の意思」とのギャップが大きいのがわかります。統計はありませんが、反戦を訴える人でも、選挙に行かなかった人や戦争賛成の人や党に投票してしまった人は結構いるのではないでしょうか。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月18日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 会社では一日8時間PCとにらめっこ。さらに家に帰ってからも深夜までPCとにらめっこ。毎日こんな生活ですが、おかげさまで視力は両目とも2.0です。
一昨年ケニアを旅行したのですが、サファリツアー中に数km先の丘の上にオスのライオンを発見し、「あっ、あそこにオスのライオンがいる!」と言ったのですが、ケニア人ガイドは「オスかメスかわからないなあ」と言っていたので、「いや、絶対オスだ」と念を押して言いました。視力がいいことで有名なケニア人ですが、この時には内心「勝った」と思ってしまいました。
それでも最近は本を読んでるときにちょっと遠くを見ると、焦点が合うのに時間がかかったりします(特に疲れている時)。目がいい人は老眼になるのが早いと言われていますが、もうすぐそこまで来ているのかもしれません?

関連カテゴリー: 体調管理と健康

日付: 2003年3月14日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今年はスギ花粉の量が例年より多いとのことですが、何故か花粉症の症状がほとんど出ません。たまにくしゃみが出ることがあるものの、昨年のように鼻水が出続けたり、目と鼻がかゆくなるようなこともありません。
例年と違うのは、今年はコーヒーをしばらく飲んでいないことぐらいです(昨年春は毎日飲んでました)。医学的な根拠はありませんが、なんとなくカフェインが悪さをしているような気がします。昨年は毎日花粉症の薬を飲んでいましたが、これにもカフェインが入っているせいか、それとも体が薬に慣れてしまったせいか、日を追うごとに効かなくなりました。
「カフェインは花粉症に効く」という逆の説や、「全く関係ないのでは?」という意見もありますが、個人的にはノンカフェインの生活を続けてみます。

関連カテゴリー: 体調管理と健康

日付: 2003年3月13日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@mvb.biglobe.ne.jp
ホームページ: http://www2s.biglobe.ne.jp/~kunihisa/kuni/
コメント: (※トップページより転載)3月8日~10日の3日間、ニセコひらふスキー場に行ってきました。ただし、初日は夜7時に現地着、最終日は午前11時に現地発で、実質中日一日のみフリーの忙しい日程です。
その肝心の中日(9日)ですが、朝から強風が吹いていてゴンドラが動かず、ゲレンデ中腹の気温はマイナス12℃、さらに午後から猛烈な吹雪になり、仕方なく午後3時に切上げて、代わりに近くの温泉に行きました。3日目の朝も吹雪いていたためスキーはせず、そのままバスで千歳空港に向かいました。道中、天気が回復して今回のスキー旅行で初めて羊蹄山を見ることができました。
今回のスキー旅行は不完全燃焼でしたが、まあ天候にはかないません。でも、帰りの羽田空港でプロレスラーの橋本真也に遭遇し、さらに握手までしてもらって、旅行の最後にかなり気分が晴れました。

  

関連カテゴリー: スキー関連記事

日付: 2003年3月8日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今年のGWはコスタリカ旅行を予定しています。イラク情勢もあって、本当に旅行ができるのか不安ではありますが、とりあえずガイドブックを見たりして、気分を高めています。
今回はロス経由でコスタリカに行く予定ですが、成田-ロス間はヴァリグ・ブラジル航空、ロス-コスタリカ間はラクサ航空(コスタリカの会社です)というマイナー便を使う予定です。ロス-コスタリカ直行便はラクサ航空しかないのですが、日本の業者では取り扱っていなかったので、アメリカの旅行会社のホームページで手配しました。今日、この旅行会社から予約確認書がメールで来て、航空便は確定となりました。
これからイラク情勢を気にしつつも、現地の情報収集、スペイン語の学習を進めようと思います。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月6日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 「口のうまい人」は、あまり成功しないという話を聞いたことがあります。こういう人は失敗をごまかしたり、中身がないのに話を作ってしまうなどの傾向があり、最終的には信用されなくなる、ということらしいです。口下手でもちゃんと真意と誠意が伝われば、その方が成功に結びつくということです。
国や会社のお偉いさんにもこの話は当てはまります。情報が氾濫している現在、一般人にも話の真偽が判断が容易なため、単なる「口八丁」にならないように注意しないと、あっという間に国民や従業員や顧客の支持を失ってしまいます。
この話には肯けるものの、それでも「口だけの人」が絶えることはないのでしょうね?

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年3月4日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: もうすぐひな祭りですが、今日ピーコックで買い物をしていたら、童謡「たのしいひなまつり」が流れていました。この曲を聴いていつも思うのですが、ひな祭りの曲なのに曲調があまり華やかではないですよね。曲が短調のせいもあってか、最後の「今日は楽しいひなまつり~♪」の部分は、なんとなくぼんぼりの光に照らされた薄暗いひな壇とか、そういうのをイメージしてしまいます。「はるのおがわ」「こいのぼり」「うみ」など、他の童謡と比べても「ひなまつり」の曲調の暗さは目立ちますが、ひな人形の持つ独特の雰囲気とマッチするような気もして、「やっぱりいいかも」と思ったりもしてます。

関連カテゴリー: ミュージック関連記事

日付: 2003年3月1日