KUNISAN.JPブログ - 43 / 1439 ページ

新規書き込み
ページ:1 ... 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 ... 1439

Sensaphonics(センサフォニクス) Prophonic 2XS (2台目のイヤモニ)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2018年4月5日

Sensaphonics(センサフォニクス) Prophonic 2XS (2台目のイヤモニ)Sensaphonics(センサフォニクス)のProphonic 2XSというカスタムIEM(In-Ear Monitor=イヤモニ)を購入しました。2016年に購入したUE5Pro以来、2台目のカスタムIEMになります。

UE5Proについては、音質も使い勝手もそれなりに満足していました。ただ、難点を挙げるとすると、シェルとケーブルの接続部分が時折ゆるんで外れてしまうこと(特に右耳の方)、シェルがプラスチック(アクリル)で固いので、あくびなどで顎を動かしたりすると、カナル部分が耳の中で少し動いてしまうことなどがありました。カナル部分が耳の中で動いてしまうと、隙間ができて遮音性と音質が低下するので、その都度指で押し込みなおしていました。

数か月前に「カスタムIEMの中でも、カナル部分がソフトシリコン製のものがより遮音性が高く、顎を動かしても耳の中で動かない」という情報を聞き、色々と調べてみました。その中でもシェル部分も含めて全体がソフトシリコン製のSensaphonics社のカスタムIEMが目に留まり、その流れで「Prophonic 2XS」というモデルに注目しました。Sensaphonics社の3つのモデルの中で一番安いものですが、それでもこのメーカーのカスタムIEMのフラッグシップモデルです。

1か月程前に秋葉原の「e☆イヤホン」に行き、2XSの購入前に店員さんに音質について質問したところ、「2XSでも上位モデルと音質はほとんど変わらない」とのことでした。ちなみに3つのモデルの中で一番安いといっても、一般的なイヤホンよりも桁が多く、ノイズキャンセリング付きイヤホンと比べても数倍のレベルの価格になります。ノイズキャンセリング付きイヤホンも悪くはないのですが、充電や電池の入れ替えが少し面倒なのと、「サー」というノイズもあまり好きでないので、その煩わしさを避けつつも遮音性が保てるカスタムIEMにしか食指が動きませんでした。

UE5Proの時と同様、耳型を採取して、それから制作開始となるため、納入までに時間がかかります。しかしSensaphonics社のラボは日本国内にあることもあり、注文から3週間程で完成の連絡がありました。ちなみに、UE5Proの時にはアメリカで制作だったこともあり、約1.5か月かかりました。

届いた2XSのシェルはグミのような柔らかさで、表面が少しベタベタするような感じの素材でした。色を黒にしてしまったのですが、ホコリが付着して目立つので「別の色にしておけばよかった」と少し後悔しました。

早速、2XSのカナル部分を耳の穴の中に入れようとしてみますが…、中々入っていきません。ぎゅうぎゅう押し込んでいくうちに何とか入っていきましたが、カナル部分を両耳に入れるだけでも5分以上かかっていましました。ただ、この状態でも遮音性がいまいちで、音質についても低い音があまり出ていないように感じました。「これはカナル部分の追加工が必要かな…」と思ってしまいました。

さらに数分経って、シェルの上からまた指でぎゅうぎゅう押し込んだところ、耳の穴に少し汗をかいたからか、カナル部分で耳の穴が密閉された感じで、音を出さない状態でも遮音性が高くなりました。テレビの音は聞こえなくはないですが、出演している人がしゃべっていても何を言っているのかはよくわからないような状態です。このまま音楽を鳴らしたところ、非常にクリアな音質で、ある音程が変に強調されている感じもなく「これは良い」と直感的に思いました。音楽を鳴らしていると、あまり音量を上げないでも、外の音が全くと言っていいほど聞こえなくなります。

翌日から通勤電車でも使い始めました。初日だけは装着に5~10分かかってしまいましたが、耳たぶを片手で引っ張りながら、もう片方の手でカナル部分をねじ込むようにすると、耳の穴に入れやすいことがわかりました。それからは1分程度で両耳ともぴったりと装着できるようになりました。使い始めの頃は、シェルの一部が耳の上の変な所に当たって痛みが出てしまいましたが、装着に慣れるようになってからは、耳の中も外も痛いということは全く無くなりました。長時間の使用でも痛みや違和感を感じるようなことはなく、顎を目いっぱい動かしても、カナル部分が耳の中でずれることはありません。

音を鳴らしていない状態では駅のアナウンスや電車の車内放送も聞こえてきますが、音楽を普通の音量で鳴らすとどちらもほとんど聞こえなくなります。特に地下鉄内では風景が変わらず、音楽を鳴らしているとどこの駅かわからなくなるので、乗り過ごしには注意が必要です。もちろん、遮音性がしっかりとある分、音楽を聴いていても今までに聞き取れなかったような細かい部分も聞こえてくることもあり、これまでに電車で使ったイヤホンの中では間違いなく一番いい音が出ています。あと、言うまでもありませんが、正しく装着している限りは、音漏れの心配もまずありません。

リケーブル(シェルから取り外し可能なケーブル)のオプションを付けなかったので、断線には気を付けなければいけませんが、逆にシェルから不意にケーブルが外れることはありません。これが吉と出るか凶と出るかは、しばらく使っていくうちに分かることでしょう。耐久性の評価はまだ先になりますが、音質、遮音性、装着感の3点については、今まで使用したイヤホンの中では「最高」レベルということで間違いありません。





家電製品関連記事(リンク一覧): 2度目の30kmラン / GARMIN(ガーミン) fenix 5X Plusで海外の地図を閲覧 / GARMIN(ガーミン) fenix 5X Plus Sapphire Black / Sensaphonics(センサフォニクス) Prophonic 2XS (2台目のイヤモニ) / 有機ELテレビ(LG OLED55C7P) - その後 / ...(記事連続表示)

SHURE インイヤーモニターシステム PSM300 免許不要B帯 ステレオ SE112GR-A付 P3TJR112GR-JB 【国内正規品】
SHURE インイヤーモニターシステム PSM300 免許不要B帯 ステレオ SE112GR-A付 P3TJR112GR-JB 【国内正規品】をAmazon.co.jpでチェック

ページ:1 ... 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 ... 1439