KUNISAN.JPブログ - 1419 / 1529 ページ

新規書き込み

Wiiインターネットチャンネル

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年1月15日

家庭用テレビで気楽にインターネットができる…。こんなサービスが出ないものかと以前から待っていましたが、我が家ではWiiによって実現となりました。まずはショッピングチャンネルで1000ポイント(=1000円)を購入し、それから500ポイント(=500円)分でインターネットチャンネルを購入しました。PS3のように無料でインターネットができれば最高なのですが、「本体価格も安いことだし…」と自分に言い聞かせ、ほぼ納得してお金を払ってみました。

Wiiインターネットチャンネルは、パソコンのブラウザーと違ってあまり多くの機能は組み込まれていませんが、JavaScriptやFlashには対応しており、『ニンテンドーDSブラウザー』よりはかなりまともに動く印象です。うちのインターネット回線はBフレッツマンションタイプで、Wiiには無線LAN経由で接続しています。実測2Mbpsほどしか出ていないものの(パソコン+有線では実測20Mbps以上出る環境です)、普通のホームページを見ている分にはストレスのないスピードで見ることができます。ただ、YouTubeなどの動画サイトで、解像度の高いものは、一瞬動きが止まるなどの現象が見受けられるので(うちだけの問題かも知れませんが)、これは少々残念なところです。

操作の方は悪くはないですね。もちろんキーボード&マウスの方が軽快にホームページ閲覧できることは間違いないのですが、Wiiインターネットチャンネルのコンセプトは「リビングでインターネット」。文字入力などは多少手間がかかるものの、ソファーに寝転がりながら、片手操作で気楽にインターネット…、ということがちゃんとできます。漢字入力も携帯のような予約変換機能があるので、候補が出てきた時点でボタンを押せば、希望の言葉を容易に入力することが可能になっています。Yahoo!メール、Gmail、mixiにも対応しています。

解像度は横幅800ピクセルで、大部分のホームページなら問題なく見ることができると思います。うちのポータルである「Yahoo!Japan」の新デザインだとはみ出してしまうのですが、これはWiiの問題ではなくYahoo!Japanの問題なので仕方のないところです。

うちではYouTubeで気に入った動画を「お気に入り」に入れて見るようにしています。3歳の息子もいかりや長介に魅了されたようで、ドリフの傑作名場面が複数「お気に入り」に入っています。恐らくこんな感じの使い方が理想形であって、文章作成や検索をガツガツとやるような人はWiiインターネットチャンネルではなく、パソコンを利用した方が無難と言えるでしょう。





ニンテンドー関連記事(リンク一覧): EXTREME EXTERMINATOR - プチコン4でミサイルコマンド風シューティングゲーム / プチコン4のお気に入りの公開作品(ゲーム) / BALL SHOOTING BALL - プチコン4でビリヤード風ゲーム / プチコン4用にSwitch本体周りを一新(スタンド、ワイヤレスキーボード&マウス) / しゅりけんゲーム - プチコン4で梱包材のプチプチ感覚(?)ミニゲーム / ...(記事連続表示)