KUNISAN.JPブログ - 1532 / 1595 ページ

新規書き込み

磁石 - 雑誌ニュートン

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2007年10月10日
久々に雑誌『ニュートン』を購入しました。今月のお題は「磁石」。今では冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、携帯電話、掃除機、ハードディスク…など、数多くの電気製品に当たり前のように磁石が使われていますが、そんな「磁石」が原子&電子レベルでどのようなものなのかを解説してます。

面白いな、と思った内容を数点ピックアップしてみます。

・「ネオジム磁石」なら、きゅうり、玄米、シャーペンの芯が動かせる。
 →強力な磁力により、水分や微量の鉄分なども反応するそうです。

・磁石を高温で熱すると、磁力を失う。
 →実際に磁石をコンロで熱して、クリップが落ちている写真があります。

・地磁気(地球のN極とS極)は数千年~数十万年おきに逆転する。
 →方位磁針が南北逆転するなんて信じられますか?



電磁気を専門に勉強されている方などにとっては何でもないことなのでしょうけど、私には衝撃的な事実でした。

「原子の種類」と「磁性の有無」の関係については、私も昔から疑問に思っていましたが、現代の学者でも強磁性の理由を説明するのは難しいようですね。





科学・技術関連記事(リンク一覧): 病名を英語で / 天然(自然)のセシウム(Cs)とストロンチウム(Sr)と合金と化合物 / Crash Course Astronomy - YouTubeで天文学&英語学習 / 宇宙を知る - 知恵袋BOOKS / 甲種危険物取扱者試験の合格を目指して / ...(記事連続表示)