KUNISAN.JPブログ - 1071 / 1528 ページ

新規書き込み

KUNISAN.JPショップ別館-売れてる人気商品の感想・評価[α版]

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年10月20日

KUNISAN.JPショップ別館-売れてる人気商品の感想・評価[α版]今までに「キーワードを入力するだけでホームページのファイルを生成し、コンテンツは自動的に更新される」というサイトを作ったことがありましたが、今回初めてホームページファイルの作成のところから自動化したホームページを作成してみました。つまり、こちらは何もせずに全自動でページの生成と更新をやってくれるという仕組みになっています。

KUNISAN.JPショップ別館-売れてる人気商品の感想・評価[α版]
http://kunisan.jp/shop_reviews/

内容はアマゾンで販売されている人気のある商品をピックアップして、最新のユーザーレビューを表示するというものです。タイトルに「KUNISAN.JPショップ別館」とある通り、KUNISAN.JPショップのページ上から自動的にデータをピックアップして蓄積するようになっています。ユーザーレビューついては、アマゾン公式のAPIを使ってリアルタイムに更新されていきます。

[α版]としたのは、試験的な意味合いがかなり強いサイトだからです。今の段階では「長期間安定して動作するかどうか」を最重要課題としているので、デザインはテキストベースの非常にシンプルなものになっています。しばらく動かして動作に問題ないことが確認できた時点で、その辺りの肉付けの部分も手を付けていこうと思っています。

このサイトの構築にはPHPを使いました。それに加えて、先日勉強したばかりのPHP+MySQLも応用してみました。今までのホームページと違って、データ数が「数十万件」規模を想定しているので、WEBサーバー上にデータファイルを置いて操作するようなやり方では無理があります。フィールドが3つだけのシンプルなデータベースですが、やはり件数が多い場合のデータの並び替えや抽出などの操作は大変強力に感じます。ただ、サーバー契約の関係で、データベース容量が100MBしかありません。この容量では、例えばアマゾンの全商品のデータを蓄積するというのは不可能です。本当ならデータをピックアップする形ではなく、「まず全データを取り込んでから加工する」という方式を取りたかったのですが、そうできなかったのはそのような経緯があります。

今回は初めて全自動で動作するサイトを作りましたが、同じような手法で他のAPIを使ったサイトも構築していけたらと思っています。





Web管理関連記事(リンク一覧): さくらレンタルサーバーのアクセス履歴をPHPで表示 / PHPで画像のアップロード(さくらレンタルサーバーのPHPでImageMagick) / KUNISAN.JPサイトのメンテナンス(2019) / Webサーバー引っ越し(さくらインターネット スタンダード)とHTTPS(常時SSL)化 / Googleマップの有料化(ディベロッパー向け) → Google Cloud Platform / ...(記事連続表示)

速効!図解プログラミングPHP + MySQL―Windows/Linux PHP5対応
速効!図解プログラミングPHP + MySQL―Windows/Linux PHP5対応 をAmazon.co.jpでチェック