KUNISAN.JPブログ - 1137 / 1529 ページ

新規書き込み

デジタルカウンター付き縄跳び(なわとび)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年7月14日

デジタルカウンター付き縄跳び(なわとび)私は小学生のころ縄跳びが得意でした。年に1度全校で縄跳び集会があり、一度跳び方の例を見せるということで、朝礼台で縄跳びを実演したこともあります。

そんな記憶もあって、「久しぶりに縄跳びをしてみよう」という気になりました。「あわよくばスキーのバランストレーニングにもなれば」という期待も込めて、ちょっと値が張るデジタルカウンター付き縄跳びを購入したのは、今年の3月のことでした。

それから今まで1回しかこの縄跳びを使わなかったのですが、今日は石神井公園の散歩がてら、ひと気のないアスファルトのところで久しぶりに縄跳びしてみました。

まずは平跳び(普通跳び・一重跳び)。最初はスムーズに跳べたのですが、60回を超えたあたりでふくらはぎが棒になったような感じがして、結局95回で引っかかってしまいました。「せめて100回跳びたい」と思い、2回目のチャレンジは何とか115回跳ぶことができました。しかし、跳び終えた後、思いっきり息が上がってしまいました。

その他、色々な跳び方を試してみました。せっかくなので回数を記録しておきます。

・平跳び前 115回(1000回以上)
・平跳び後 40回(200回以上)
・綾跳び前 20回(100回以上)
・綾跳び後 12回(150回以上)
・二重跳び前 20回(200回以上)
・二重跳び後 8回(100回以上)
・はやぶさ跳び前 12回(50回以上)
・三重跳び前 3回(7回?)

カッコ内は小学生の時に跳べた回数です。もし小学生の時の私がこの数字を見たら、大人になることへの絶望感を覚えたことでしょう。まあ、当時に比べて体重は約2倍、年齢は3倍になっているので、仕方のないところではあると思います。ただ、この年齢で三重跳びが3回跳べたのは、ちょっとした収穫でした。

もう瞬発力系で勝負できる年齢ではなくなってきたので、せめて平跳びを普通に(涼しげな顔で)数百回跳べるようになりたいです。





体調管理と健康(リンク一覧): LDLコレステロールまた上昇…(2019年健康診断) / 右足の裏の痛み(足底腱膜炎/足底筋膜炎) / ウイルス性腸炎の診断 / 風疹の抗体検査→予防接種不要に / 体重を減らさずにLDLコレステロールを下げる(炭水化物を控える) / ...(記事連続表示)

リージェント デジタルカウンター付ジャンプロープ ブラック
デジタルカウンター付ジャンプロープ ブラックをAmazon.co.jpでチェック
コメント:デジタルカウンター付き縄跳び(なわとび)
名前: ランダムヒーロー(湯浅) 日付: 2009年7月15日
二重飛び20回はすごいですね!

私はかれこれ10年以上縄跳びしてませんが、
2~3回飛べればいいほうかと。
コメント:デジタルカウンター付き縄跳び(なわとび)
名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年7月15日
二重跳びは比較的普通に跳べましたよ。
ただ、二重跳びも涼しい顔で100回ほど跳べるようになればいいんですけどね。