KUNISAN.JPブログ - 1198 / 1488 ページ

新規書き込み

ファミリースキー・ワールドスキー&スノーボード

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年12月24日

ファミリースキー・ワールドスキー&スノーボードWiiの秀作スキーゲーム「ファミリースキー」の第2弾、「ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード」が発売されました。とは言っても1ヵ月以上前の話です。発売されたことは知っていたのですが、「まあファミリースキーを持っているし…」と当初は購入する気が起きませんでした。しかし、アマゾンのレビューを見ていたら「面白い」というコメントが多数載っていて、急きょ「買おう」という気になってしまいました。

まず、前作に比べてマップが広大です。バラエティ溢れるゲレンデ「ジャンボリースノーボード」と、岩むき出しの高山を滑り降りる「マウント・アングリオ」の2種類を選択できます。どちらも非常に特徴的なコースで構成されています。

よくDVDなどで崖のような急斜面を滑り降りるような映像がありますが、「マウント・アングリオ」に関しては、まさにそのような所を滑る体験ができてしまいます。前作でもバランスWiiボードを使った操作で、「感覚的な所が非常に良くできている」と感じましたが、本作ではさらにゲームならではの滑走感も味わうことができます。実際のスキーでは命の危険があって、こんな急斜面はとても体験できないですからね…。

あと、コース上にハーフパイプ、スライドレールや、様々な隠しコースや隠しフィーチャーがあります。崖に落ちたと思ったら、氷のトンネルのようなコースに入ったり、コースから外れて家の屋根の上を滑ったり、オープンカフェの席の前を滑ったり…。写真撮影、レース、ツアーなどのイベントも盛りだくさんです。前作では1人で滑るばかりで少々寂しい感じもしましたが、本作では途中話しかけた人と一緒に滑ったりすることもできます。

あと、忘れてはいけないのが、本作ではスノーボードが追加されたことです。

私は実際のスノーボードは半日しか体験したことがありません。その時には前に後ろに転びまくって痛い思いをしました。理屈では体の前後のバランスで転回することはわかっているのですが、スキーと違うスピード感が怖く、思わず腰が引けてしまいました。さすがにゲームでは痛みはないので、本作では比較的思った通りに操作ができました。本当のスノーボードも、これだけ滑れれば気持ちいいのでしょうね。

でも、やはり私はスキー派なので、これからもスキーで遊びながら、色々と隠しフィーチャーなどを発見しつつ、末永く楽しめればと思います。





スキー関連記事(リンク一覧): 今までに行ったことのあるスキー場まとめ(2019年) / パルコールつま恋リゾート / ガーラ湯沢スキー場(2019) / 神立高原スキー場 / 川場スキー場(2019) / ...(記事連続表示)

関連カテゴリー: ニンテンドー関連記事, スキー関連記事

ファミリースキー ワールドスキー&スノーボード
ファミリースキー ワールドスキー&スノーボードをAmazon.co.jpでチェック