KUNISAN.JPブログ - 969 / 1488 ページ

新規書き込み
ページ:1 ... 962 963 964 965 966 967 968 969 970 971 972 973 974 975 976 977 ... 1488

Twitterでつぶやくボタン

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年2月3日

Twitterでつぶやくボタン最近すっかりTwitterにハマっています。mixiよりも気軽に参加できて、チャットのように他の人と時間を合わせる必要もなく、某巨大掲示板のようにウソや誹謗中傷にそれほど出くわさないということに加え、KUNISAN.JPホームページのリンクも気軽に貼れるということもあって(一部サイトでは、書き込みにリンクを貼りまくるとスパム行為になってしまうので)、頻繁にTwitterのページにアクセスしています。

先日、あるホームページを見たところ「Twitterでつぶやく」というリンクがあり、そこをクリックすると、Twitterが開いてコメント欄にそのページを宣伝する文章とURLが自動的に入りました。リンク先URLを「http://twitter.com/home?status=XXXX」として、XXXXのところにURIエンコード(UTF-8)した文章を入れる形です。このアドレスを開くとTwitter上でXXXXがデコードされて文章がコメント欄に入る仕組みになっています。これによりTwitterを使っている不特定多数の人に、ブログやホームページを知ってもらえる効果が期待できます。

ということで、KUNISAN.JPの以下のページにも「Twitterでつぶやく」機能を付けてみました。

適正スポーツ診断(ブログパーツ)
http://kunisan.jp/m/sports/
(診断結果もコメント欄に入ります)

電気代計算君
http://kunisan.jp/denki/
(計算結果もコメント欄に入ります)

新・ブログ掲示板
guest_view.cgi
(記事タイトルもコメント欄に入ります)

適正スポーツ診断はPHP、電気代計算君はJavaScriptを使ってURIエンコードを簡単にかけられたのですが、新・ブログ掲示板に関してはPerlでできていて、URIエンコードがうまくかけられませんでした。「おかしいな」と思って調べたところ、jcode.plモジュールがUTF-8に対応していないためと分かりました。代わりにUTF-8に対応しているJcode.pmモジュールを用いたところ、問題なくURIエンコードすることができました。

「Twitterでつぶやく」機能は、Twitterとホームページを連携させる方法の中では、初歩的なものと思います。今後はTwitter APIを用いるなどして、もっと動的なサービスを作りたいと思っています。まあ、しばらく先になるとは思いますが…。





Web管理関連記事(リンク一覧): さくらレンタルサーバーのアクセス履歴をPHPで表示 / PHPで画像のアップロード(さくらレンタルサーバーのPHPでImageMagick) / KUNISAN.JPサイトのメンテナンス(2019) / Webサーバー引っ越し(さくらインターネット スタンダード)とHTTPS(常時SSL)化 / Googleマップの有料化(ディベロッパー向け) → Google Cloud Platform / ...(記事連続表示)

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power をAmazon.co.jpでチェック
コメント:Twitterでつぶやくボタン
名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2011年6月18日
Twitterの仕様が変わり、上記の方法では正しく動作しなくなりました。新しい方法はこちらをご参照ください。

ページ:1 ... 962 963 964 965 966 967 968 969 970 971 972 973 974 975 976 977 ... 1488