KUNISAN.JPブログ - 12 / 1689 ページ

新規書き込み
ページ:1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ... 1689

スキー板を新調 - ID one FR-MX

名前: 小川 邦久 リンク: https://kunisan.jp 日付: 2023年12月17日
スキー板を新調 - ID one FR-MX神田のワンゲルスポーツでスキー板を新調しました。ID oneのFR-MXというモデルです。当初はこれとは違うSR-X5というモデルを考えていたのですが、店員さんと色々とお話したところ、カービングの滑りを楽しむにはSR-X5では柔らかすぎるとのことで、同じID oneの中ならFR-MXが良いとのアドバイスをいただき決定しました。

今回購入したID one FR-MXの長さは167cmで、3サイズは106-68-96mm。今まで使っていたATOMICの板(BLUESTER S TI ARC + XTO 12A。10年前に購入)は長さ165cm、3サイズは122.5-73-102mmなので、新しい板は今までよりも細く、長くなりました。重量については正確には分かりませんが、ざっくり3割程度は軽くなった感じです。今までのATOMICの板はスピードを出すような場面では非常に安定感がありましたが、細かいスキッディングターンやコブ斜面での取り回しに少し難がありました。新しいID oneの板はその辺りがやりやすくなっていればいいな、と思っています。高速滑走時の安定性については、10年前と違ってそれほどスピードを出すようなことも無くなっているので、フラットな中斜面で板がバタつくようなことさえなければ十分と思っています。

ちなみに同じID oneのスキー板でも、今回購入したFR-MXのエッジはスチール製、「柔らかい」SR-X5のエッジはステンレス製となっています。ワンゲルスポーツの店員さんに「FR-MXのエッジは、なぜ錆びづらいステンレス製ではないのか」を聞いたところ、即答で「スチール製エッジの方が切れが良いので、特に固い斜面でのカービングの滑りなどに向いている」とのことでした。確かに、ステンレスについては表面に酸化被膜ができる分、(顕微鏡レベルですが)エッジが立たないのかもしれません。

ビンディング(TYROLIA TX 10)の解放強度は「6.5」に設定してもらいました。店員さんに身長、体重、年齢とスキーのレベル(1級取得経験者であれば上級とのこと)を伝えたところ、当初は算出値が「6.0」だったのですが、これは年齢が50歳以上での-1.0を加味しているものです。私はまだ51歳ということで-1.0を加味しない「7.0」と、-1.0を加味した「6.0」の真ん中を取って「6.5」ということになりました。

あと、ポールも20年ぶり位に新調しました。SINANOの「フリーX CB」というモデルで、長さを調節できるようになっています。今までのポールは120cmだったのですが、最近は使っていて「少し長すぎるかな」という感じがあったので、実際に使用する際には112~117cm程度に調整してみようと思っています。

さらにはスキーケースも新調したのですが、ワンゲルスポーツに肩からたすき掛けできるタイプのスキーケースがOGASAKAの一種類しかなく、スキーケースだけ他のショップで購入するのも悪いかなと思い、そのまま購入することになりました。スキー板と色が合ってませんが、見た目はまあ何でもいいです。

そんな感じで早くスキーに出かけたいところですが、頸椎椎間板ヘルニア明けということもあって、もう少し体力を付けてから初スキーに挑もうと思っています。





スキー関連記事(リンク一覧): 富士見パノラマリゾート(2024年2回目) / よませ温泉スキー場 / ガーラ湯沢スキー場(2024年3回目) / 富士見パノラマリゾート(2024) / ガーラ湯沢スキー場(2024年2回目) / ...(記事連続表示)


ページ:1 ... 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ... 1689