ニンテンドー関連記事 - 連続表示

新規書き込み

※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。

星のカービィ Wii

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2011年12月11日
星のカービィ Wii先月、私が海外出張中に、家にいる息子が「買いたい」と言って買ったゲームソフトが「星のカービィ Wii」です。あと何日か待ってくれれば、ヤマダ電機やAmazonや楽天のポイントを使って買うことができたのですが、我慢できずに現金で購入してしまったとのことです。まあ、息子が自分で貯めたお金で買ったので、親のポイントを使って買うよりは、教育上も良かったのかなと思っています。

さて、「星のカービィ Wii」ですが、オーソドックスな横スクロールのアクションゲームです。私自身、スーパーマリオはリアルタイムでプレイしていましたが、カービィについてはWiiの「毛糸のカービィ」しかやったことがありません。あとは「大乱闘スマッシュブラザーズX」でカービィを使ったことがある位です。

星のカービィシリーズは十字ボタンで移動、あとジャンプボタンと吸い込み&攻撃ボタンという組み合わせは、長年変わっていないようで、「星のカービィ Wii」についても同じような操作になります。ある敵を飲み込むと「コピー」ができて、その敵の攻撃方法がそのまま自分の物になる、というのがこのゲームの特徴でもあります。

このゲームは最大4人まで同時プレイ可能です。先ほど息子と2人でプレイしてみましたが、スーパーマリオかソニックか以前のカービィ(またはスーパーマリオ系の類似のゲーム)に慣れている人であれば、マニュアルを見ないでも大丈夫な感じです。難易度はそれ程高くなく、小学1年生の息子でも39歳の私でも一緒に楽しむことができます。

言ってみれば「よくあるゲーム」ではありますが、安心して子供に遊ばせられるゲームでもあります。ただ、個人的には「毛糸のカービィ」のピアノ系の音楽の方が好みだったりします。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

星のカービィ Wii
星のカービィ WiiをAmazon.co.jpでチェック

毛糸のカービィ

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2011年4月24日
毛糸のカービィ現在、我が家にあるゲーム専用機はWiiのみ。ニンテンドーDSはiPadを購入後にほとんど利用しなくなったために、オークションで売却してしまいました。Wiiについては、息子がドンキーコング リターンズを毎日のようにプレイしていますが、大人は全くと言っていいほどやらなくなってしまいました。その息子が、YouTubeの動画から「毛糸のカービィ」を見つけて、「面白そう、買ってみたい」ということになり、久しぶりにWiiのゲームを購入することになりました。

「毛糸のカービィ」ですが、いわゆるスーパーマリオ系の横スクロールジャンプアクションです。右ボタンか左ボタンを連続で押すと加速するとか、1ボタンの攻撃が「毛糸」だったりとか、操作や機能の違いはありますが、基本的な要素はスーパーマリオと大きな違いは感じられません。主人公をジャンプさせながらゴールに向かわせ、敵に対して攻撃をしかけつつ、アイテムをどんどん集めて、時折ボスキャラが出てくる、という流れは同じです。

「1」ボタンの毛糸アクションは、古い世代の人間から見ると、「悪魔城ドラキュラ」のムチを思い浮かべますが、それよりは応用範囲が広いです。敵への攻撃の他、ボタンに引っ掛けてブランコのような動作をさせたり、隠れたアイテムを出現させたりすることができます。

私としては目新しさを感じませんでしたが、息子は大変気に入っているようです。画面がほのぼのしていて、音楽が静かな感じなのも、見ている親としては安心できるゲームではあります。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

毛糸のカービィ
毛糸のカービィをAmazon.co.jpでチェック

ドンキーコングリターンズ

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2011年2月5日
ドンキーコングリターンズ今日は息子と2人で池袋に行き、ラーメンを食べた後、久しぶりに「ヤマダ電機LABI1池袋モバイルドリーム館」に行ってきました。本当の目的はニンテンドー3DSのチェックだったのですが(思っていたよりも綺麗に立体表示されていました)、テレビCMで嵐が面白そうにプレイしているWiiの「ドンキーコングリターンズ」を購入してきました。

ドンキーコングと言えば1981年に登場したゲームで、当時はマリオの宿敵キャラでしたが、エンディングではマリオに高さ100mの鉄塔から落とされてしまいます。次作のドンキーコングJr.では、逆に囚われの身となるものの、エンディングでは息子に助けられることになります。その後、ドンキーコング3では見ず知らずのスタンリーという主人公に殺虫剤を撒かれ、1985年のスーパーマリオブラザーズではマリオの敵役の座をクッパに完全に譲ることになってしまいました。

それから時が流れ、1994年にスーパーファミコンのゲームとして、「スーパードンキーコング」の形で復活を果たしました。基本は横スクロールのアクションで、初めてプレイヤーがドンキーコングを直接操作できるようになりました。このゲームは3作目まで発売されて、さらにゲームボーイアドバンスやWiiのバーチャルコンソールにも移植されて、任天堂の人気シリーズとなっています。

Wiiの「ドンキーコングリターンズ」は初期の「ドンキーコング不遇時代」ではなく、スーパーファミコン以降の「スーパードンキーコング」をリメイクしたものです。操作も同じような感じでプレイできます。

このゲームは2人同時プレイで遊ぶこともできます。早速息子と2人でプレイしてみましたが、6歳の子には少々難易度が高いように思えます(ジャンプのタイミングが難しいようです)。

その後、私1人でプレイしてみました。1ラウンドのボスをクリアし、2ラウンドの途中まで行ったところでこの文章を書いています。操作はリモコン(縦)+ヌンチャクでもリモコン(横)のみでもプレイできますが、私は昔ながらのリモコン(横)でプレイしています。

画面が非常に綺麗ですし、緻密に設計されたゲームという印象もあります。NewスーパーマリオブラザーズWiiに比べて少々難易度が高く感じられるものの、失敗しても「もっと挑戦してみよう」という気にさせてくれます。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

ドンキーコング リターンズ
ドンキーコング リターンズをAmazon.co.jpでチェック

Wii Party(Wiiパーティ)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2011年1月10日
Wii Party(Wiiパーティ)年末年始の休みが始まる前に、トイザらスでWii Party(Wiiパーティ)を購入しました。嵐のTVコマーシャルなどで、素直に「皆で遊べて楽しそう」と思ったので、発売された直後から「いつか買おう」とは思っていました。

基本は1~4人で遊べるミニゲームの集まりです。例えば好きな花火を選んで一番高く上がった人が勝ちとか、動きまわる犬にカメラを向けて写真を撮るとか、数字を見ずにぴったり10秒をカウントするとか、そういったシンプルなゲームが盛りだくさんです。

また、ミニゲームを束ねてまとめたような感じの、「定番パーティ」ゲームもあります。例えばスゴロクで順番を決める時や、ルーレットでゲームのマスに止まった時などに、ミニゲームが開催される形です。

ミニゲームそのものは「運」の要素だけのものから、リモコンの微妙な傾きや十字ボタンの操作が必要なものまで、様々な種類のものがあります。ただ、基本は「極める」という類のものではなく、やはり老若男女問わずに遊べるという設計になっています。さらに「定番パーティ」も運の要素が多分に有り、ゲームが苦手な人でもトップになれる可能性は十分あります。

「パーティ」の名が付くだけあって、一人で楽しむようなゲームではありません。ゲームに奥深さを追求するような人には全く向いていません。やはり家族、親戚、知人などが集まった時に、ワイワイガヤガヤやるのが、このゲームの一番の楽しみ方と言えます。我が家では6歳の息子と2人でプレイしたり、知人宅のパーティに持ち込んで4人でプレイしたりして遊びました。結構盛り上がりますよ。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

Wii パーティー
Wii パーティーをAmazon.co.jpでチェック
コメント:Wii Party(Wiiパーティ)
名前: 湯浅 大介 日付: 2011年1月14日
楽しそうですね!私も実は気になってたりします。でも実はそれ以上に気になっているのがXBOXキネクトですね。まさか(疑似)モーションキャプチャーでゲームを楽しめる時代が来るとは。感慨です。
コメント:Wii Party(Wiiパーティ)
名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2011年1月14日
XBOXキネクト楽しそうですね。ただ、我が家はWiiとiPadがあるので、残念ながらXBOXを買う予定は無いですね。

スーパーマリオギャラクシー2

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年6月13日
スーパーマリオギャラクシー2前作スーパーマリオギャラクシーを購入したのが約2年半前。最初は操作に戸惑ったものの、慣れてくると楽しく遊べるようになりました。最終的にパワースターを60個集めて、エンディングを見ることもできました。

今回購入したスーパーマリオギャラクシー2は、前作で鍛えた操作感覚をそのままに、全く新しいワールドを楽しむことができます。前作を遊んだことの無い人にとっては、まず最初のスターをゲットするのに一苦労だと思いますが、すでに経験のある人ならスムーズに行くと思います。

今回は新たにヨッシー、雲マリオ、ゴロ岩マリオなどのフィーチャーが加わりました。ゲーム中に出てくるアドバイスが丁寧なので、新しい物が突然現れても、素直に受け入れることができます。前作に比べて中継ポイントが小刻みになっているので、ミスをしてしまった時でも、極端に前に戻されることはなく、このあたりにもプレイヤーに対する親切心を感じます。

スーパーマリオギャラクシーシリーズの良い所は、人によって色々な遊び方が楽しめることです。普通に走ってジャンプするだけでクリアしてもいいですし、添付のDVDで紹介されているようなスーパープレイでクリアするのも気持ちいいと思います。

本作は5歳の息子も一緒に楽しんでもらえたらと思っていたのですが(プレイするのはまだ難しいので見るだけですが)、パッケージを見せただけで、あっさりと「見たくない」と言われてしまいました。仕方がないので、しばらく一人で遊んでいたら、少しずつ息子も興味深そうにプレイしているのを覗き込むようになりました。今では画面を縦横無尽にマリオが走り回るのを、一緒に眺めて楽しんでいます。

今現在、パワースターを10個獲得しています。先日購入したニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wiiはワールド8で挫折してしまいましたが、ギャラクシー2の方は何とかクリアまで持って行きたいですね。ただ、時間はかかりそうです。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

スーパーマリオギャラクシー 2(「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)
スーパーマリオギャラクシー 2(「はじめてのスーパーマリオギャラクシー 2」同梱)をAmazon.co.jpでチェック

TFP2 東京フレンドパークII決定版~みんなで挑戦!体感アトラクション

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年3月23日
TFP2 東京フレンドパークII決定版~みんなで挑戦!体感アトラクション先日、とある大型玩具店のゲームコーナーで、息子がWiiの「東京フレンドパークII 決定版」を発見しました。テレビ好きの息子ではありますが、「関口宏の東京フレンドパークII」はたまたまプロゴルファーの古閑美保と有村智恵が出ていた回を録画していて、それを何回も繰り返し見ているということがあるものの、「毎週欠かさず見るお気に入りの番組」というわけではありません。ただ、テレビ番組の世界がそのままWiiのゲームとして遊べるというということもあって、息子も少なからず興味を持ったようで、家に帰ってからアマゾンでこのゲームを購入してみました(某大型玩具店には申し訳ないです…)。

ゲーム内容は番組そのままで、定番のウォールクラッシュ(トランポリンでジャンプして、マジックテープの壁に張り付く)、ハイパーホッケー(ホンジャマカとエアホッケーで対戦)の他、ネヴァーワイプアウト(昔、駄菓子屋のゲームコーナーにあった10円転がしゲームの特大版)、フールオンザヒル(光を頼りに曲を演奏し曲名を当てる)、ストッパーキューブリッジ(上下に動く光のキューブをタイミングよくストップ)など、番組のアトラクションがそのまま遊べます。とは言うものの、私自身テレビで東京フレンドパークをほとんど見たことがなく、どのアトラクションも「何となく知ってる」というレベルです。

操作はWiiリモコン+ヌンチャクの他、バランスWiiボードも接続できます。基本的にはバランスWiiボードが使える場面では、Wiiリモコン+ヌンチャクよりも、バランスWiiボードを使った方が楽しめます。ウォールクラッシュでも重さの違うWiiリモコンとヌンチャクを同じタイミングでポンと上げて垂直にジャンプさせるのは難しく、バランスWiiボード上で屈伸の動きをした方がしっくり来ます。

ただ、操作感で少々難があるものがあります。例えば障害物を避けながら目的地に向かう「ンゴボコ」で、ジャンプしようと思ってリモコンを上げたら(時折)しゃがんだり、しゃがもうと思ってリモコンを下げたら(時折)ジャンプしたり、自分の意思通りに動いてくれずにイライラが募ったりします。スーパーホイールアドベンチャー(Wiiリモコンとヌンチャクをバランスよく縦に振ってホイールを転がす)も、リモコンの振りの強弱に対して、ホイールが敏感に反応してくれません。

あと、デフォルトでMiiが使えないのと(アイテムの「鏡」を取れば使えるみたいですが…)、出演者の実際の音声での喋りが少ないのが少々残念です(番組最初の挨拶以外はテキスト表示です)。Miiが使えて、出演者の声が所々で聞けるだけでも、臨場感が変わってくるのではないかと思います。

全体として「ミニゲームの集まり」という感じではありますが、よく番組をみている人や家族や友達同士でワイワイやる分には、結構楽しく遊べるとは思います。最初のウォールクラッシュや、最後のビッグチャレンジ(ダーツ)など、感覚的によく出来ているものも少なくないです。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

東京フレンドパークII 決定版 ~みんなで挑戦! 体感アトラクション~
東京フレンドパークII 決定版 ~みんなで挑戦! 体感アトラクション~をAmazon.co.jpでチェック

ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年12月4日
ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wiiファミコンの初代スーパーマリオに思いっきりハマり、それからディスクシステムのスーパーマリオ2で思いっきり挫折。その後長いブランクを経てWiiのスーパーマリオギャラクシーを購入し何とかクリア。それからニンテンドーDSのニュー・スーパーマリオブラザーズを通勤電車でプレイ…。

途中長いブランクはありましたが、私とスーパーマリオの付き合いは、もう24年にもなります。そして、テレビコマーシャルの影響をもろに受けて、「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii」を発売日に購入してしまいました。

テレビCMでは皆さん楽しそうにプレイしていますが、宣伝文句の「誰でもできる」というような生易しいものではありません。私が今までにやったスーパーマリオシリーズの中では、スーパーマリオ2に次ぐ難しさです。

砂漠のステージで、ジャンプすると強風に流されて、敵の目の前で着地したり、穴に落ちてしまったり…。まあ、何とかクリアすることはできましたが、何しろWiiのゲームにしては全体的にハードです。

ただ、このゲームには同じコースで8回ミスすると、「おてほんプレイ」という機能を使うことができるようになります。マリオに代わって、コンピュータが操作するルイージがクリアするというものです。難易度についてはこれでバランスを取っています。

このゲームはWiiリモコンを横に持ってファミコンのように操作します。これだけなら簡単なのですが、リモコンを振ったり傾けたりしなければいけない場面があります。最初は違和感があって操作に手こずりましたが、慣れてくるとそんなに悪いものでもありません。

アマゾンのユーザー評価では、特にこのリモコンの操作性にケチがついています。今現在の評価スコア自体はそんなに悪くないのですが(星3.5~4つ)、辛口評価の方が「参考になった」のポイントが多く付いています。

私自身もまだプレイ時間が多くないので何とも言えませんが、夜30分~1時間程度プレイする分には、結構楽しめる出来だと思っています。私のこのゲームの採点は100点満点で80点と言ったところでしょうか。「面白さ」で言えば、スーパーマリオギャラクシーの方に軍配が上がるような気がします。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii
ニュー・スーパーマリオブラザーズ・WiiをAmazon.co.jpでチェック

TOEICテスト 公式DSトレーニング

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年11月8日
TOEICテスト 公式DSトレーニング2002年以来、久しぶりに「TOEICを受験しようかな」と目論んでいる今日この頃。今までもニンテンドーDSでTOEIC関連のソフトを使って勉強したことがありましたが、今年の夏に発売された「TOEICテスト 公式DSトレーニング」というソフトを購入してみました。DSでは初となる「TOEICテスト公式」のトレーニングソフトということです。

発売は「TOEIC TEST DSトレーニング」シリーズのIEインスティテュートで、「公式トレーニング」も「DSトレーニング」も、基本的なシステムはそれほど変わりません。ただ残念なことに、最新の「公式トレーニング」の方では、予想スコアが算出できる「実力テスト」がありません。そのため、勉強を進める上で、ややメリハリに欠ける感はあります。

一応、直近のTOEIC目標スコアは900点としていますが、「公式トレーニング」では2割ほど不正解が出てしまっています。まだ2日前にやり始めたばかりで、感覚的につかんでいないことがあるのかも知れませんが、「まだちょっと厳しいかな…」というのが今のところの感想です。あと何週間かかけて、少しずつレベルを上げていきたいです(特に感覚的なところ)。



英語学習関連記事(リンク一覧): 魚介類・寿司ネタの英単語 / 日本人なら必ず誤訳する英文 / 英文契約書の勉強(4) - エンドユーザー・ライセンス契約 / 英文契約書の勉強(3) - 売買契約 / 英文契約書の勉強(2) - 基本事項 / ...(記事連続表示)

関連カテゴリー: 英語学習関連記事, ニンテンドー関連記事

TOEIC(R) テスト公式DSトレーニング
TOEIC(R) テスト公式DSトレーニングをAmazon.co.jpでチェック

ジーワンジョッキーWii 2008

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年2月17日
ジーワンジョッキーWii 2008ファミリージョッキーをプレイした後、「もっと本格的にジョッキー体験ができるものがいい」と感じ、アマゾンで評価の高かった「ジーワンジョッキーWii 2008」を購入してみました。

Wiiリモコン+ヌンチャクの通常の操作方法の他に、バランスWiiボードを使用した本格的な操作もできる…、ということなのですが、何しろ難しいです。馬の左右の移動は感覚的に分かるものの、スタートや追いのタイミングやムチの操作がイマイチうまくいきません。加えて馬の脚質と個性のパラメーターを加味しながら、スタミナ、スピード、モチベーション、ポテンシャルの各メーターをチェックしつつ、的確な操作をする必要があります。

今まで何回かレースをやってみましたが、一回ブービーを取った以外は、全て大差の最下位でした。操作レッスンのようなものもあるものの、説明が長すぎて実際のレースではとっさに思い出せないです。

Wiiのゲームは生ぬるい位にやさしいものが多いのですが、このゲームはかなり手ごわいです。ちゃんとしたレビューが書けるのは、まだ先になるか、それともギブアップとなってしまうのか…。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

ジーワンジョッキーWii 2008
ジーワンジョッキーWii 2008をAmazon.co.jpでチェック

ファミリージョッキー

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2009年1月24日
ファミリージョッキーちょっと前のゲームですが、「ファミリージョッキー」をヤフオクで落札しました。アマゾンなどのユーザー評価はあまり芳しくなかったものの、新品未開封を1800円で落とせたので「まあハズしても仕方ないかな」と、ゲームを始める前から少々諦めモードでした。前作のファミコン版とは「全然違う」という話を聞いていましたが、同じナムコの「ファミリースキー(Wii)」はスキーの操作感覚がよくできたゲームだったので、ファミリージョッキーでも馬の操作感覚に期待していました。

しかし、ゲームを始めてからしばらくして、「うーん、ちょっと感覚的に違うかも…」と思ってしまいました。馬を走らせるのにリモコンを上下させるところまではいいのですが、右や左に進路をとる時に、リモコンを地面に垂直方向に向けた状態から右や左に傾ける…、というのはしっくりきません。やはり、「右手を手前に引く」とか「左手を手前に引く」とかで進路をとれるようにしてほしかったです。

あとジャンプ操作もとっつきづらいです。リモコンとヌンチャクを「ピョン」と上にはねさせるような操作ですが、手首がしっかり返らないといけない上、馬のジャンプのタイミングが操作からワンテンポ遅れます。さすがに本物の乗馬でジャンプはさせたことはありませんが、恐らく経験のある人でも違和感を感じる操作なのではないかと思います。

ただ、家族向けや子供用のゲームとしてはいいかもしれません。特に障害の無いコースなら誰でも簡単に操作できますし、設定を調整すれば簡単に1位を取れるので、ゲームが苦手な人にも易しいです。全体的にカラフルな色づかいで、ギャンブルっ気がないところも、家族向けゲームとしては最適です。

ただ、どちらにしても私向きのゲームではなく、息子もあまり興味が無いようなので、またヤフオクに出品されることになりそうです…。



ニンテンドー関連記事(リンク一覧): スマブラ解説本(洋書)で英語学習 / 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL / プロ野球 ファミスタ エボリューション / マリオテニス エース (Switch) / マリオカート8デラックス / ...(記事連続表示)

ファミリージョッキー
ファミリージョッキーをAmazon.co.jpでチェック


※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。