中小企業のIT管理
中小企業のIT管理 - IT管理担当者の教育(トレーニング)
スポンサードリンク


[2009/1/23更新]

 IT管理担当者を決めたからといって、その人がすぐに即戦力になることは稀です。IT管理と一言で言っても実際には様々な専門分野に細分化できますが、どうしても人によって強い分野、弱い分野がでてきてしまいます。

 しかし、IT管理担当者に必要最低限の知識が備わっていないようでは困ります。このようなことを避けるためにも、関連書籍の購入やトレーニング(講習会)への参加などは積極的に行う必要があります。ただ、闇雲に書籍をそろえたり、セミナーに行きまくったりするのはコストの無駄ですから、本当に何の分野が必要なのかを考えた上で、「入門書」的なものから入るのが一番いいと思います。

Windowsでできる小さな会社のシステム管理・運営ガイド
Windowsでできる小さな会社のシステム管理・運営ガイド

 例えば、ファイルを社内で共有したいような場合には、ネットワークやサーバーの入門書から入るのがいいでしょう。次のステップはその本を読んだ後に見つかるでしょう。

 もちろんホームページからも情報を得られます。ただ、ホームページは主に能動的に情報を得られるのに対し、本や講習会の場合は受動的に情報を得る形になります。本や講習会のいいところは自分からは気づかない重要な情報も見逃すことなく、基本知識としてまんべんなく得られるところです。

・ 株式会社アイ・ラーニング - IT管理などの各種トレーニング/研修/講習


| 前ページ | | 次ページ |