中小企業のIT管理
中小企業のIT管理 - IT管理担当者
スポンサードリンク


[2009/1/23更新]

 IT専門の担当者を配置できればベストなのですが、人数の少ない会社ではなかなかそうは行きません。中小企業では、たいてい営業、経理、製造などの本職があって、IT管理はその兼任となることが多いものです。

情報システム管理の神髄~企画・開発・保守・運用の改善のヒント
情報システム管理の神髄~企画・開発・保守・運用の改善のヒント

 IT管理を行うのは、基本的には常に社内にいる人。例えば、事務、経理、総務などでITに詳しい人がいればベストです。しかし、一番重要なのはITの基本的な知識があること。またはITの知識がなくても、その知識を得ようと努力を惜しまない人が最適といえます。実際には外出の多い営業がIT業務をこなすことも珍しくありません。


| 前ページ | | 次ページ |