KUNISAN.JPブログコメント書き込み



あじげん(入間市)の札幌みそラーメン+バターコーン

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2010年4月29日
あじげん(入間市)の札幌みそラーメン+バターコーン昨年までは、息子と飯能に行き、飯能ボウル(ボウリング場)でボウリングをした後にくるまやラーメンに行く、というのが定番コースでした。しかし、今年の1月に飯能ボウルが営業休止となってしまったため、代わりに入間市駅のそばにある「サイオスボウル」でボウリングをするようになりました。

私と息子は「ボウリング+ラーメン」をセットとして考えているので、入間市駅周辺にも美味しいラーメン店が無いか探していました。一度、ボウリング場の近くにあるラーメン店に足を運んだのですが、麺が必要以上に水分を含んで柔らかく、スープの味もイマイチだったので、くるまやラーメンの代わりには到底なれるものではありません。息子も麺を半分近く残してしまった程です。

今日は妻も加わり、家族3人でボウリングをしました。ボウリングの後、入間市駅のすぐそばにある「あじげん」というラーメン店に足を運びました。私が注文したのは「札幌みそラーメン(840円)」。これにトッピングで「バターコーン(105円)」を加えてみました。

まずびっくりしたのが、トッピングの「バターコーン」が、バターの中にコーンのつぶつぶが入っていたものだったことです(つまり、「コーン入りバター」です)。バターがスープに溶け出すと、中のコーンもスープに落ちていくという仕組みです。コーンを食べるタイミングは、大抵麺を食べ終わった後なので、確かにこの方式でも全く問題ありません。ただ、バターコーンの見た目は面白いものの、コーンの絶対量が少ないようにも感じました。

肝心の麺とスープですが、まず麺の方はコシがしっかりしていて、歯ごたえが良いです。スープは豚骨と白味噌をベースにしたもので、擂りゴマの他、色々な調味料が配合されているようで、奥深い味がします。「くるまやラーメン」の味噌バターコーンは、味付け的には好きなのですが、チャーシューなどの肉類が入っていないので、少々ボリューム感に欠けます。しかし、あじげんの札幌みそラーメンは、最初からチャーシューが1枚入っていて、その分ボリューム感もあります。

食べ終わった後の満足感はなかなかのものでした。くるまやラーメンよりも少々単価が高いのですが、これなら私も息子も「ボウリング+ラーメン」の新セットとして、入間市に行く楽しみが増えました。







ラーメン関連記事(リンク一覧): 屋台とんとんラーメンのネギチャーシュー / 真鯛らーめん麺魚の特製真鯛らーめん / 神保町のラーメン店 - 石黒商店・海老丸ラーメン・きたかた食堂 / らぁ麺 和來(かずき)の特製煮干そば / 2019年ゴールデンウィーク(平成から令和へ) / ...(記事連続表示)

ラーメンマップ埼玉13
ラーメンマップ埼玉13 をAmazon.co.jpでチェック


1)商品の宣伝、宗教や政治活動の勧誘など、本サイトの趣旨に合わない書き込みはご遠慮ください。
2)個人、団体への誹謗中傷や、差別的な発言、公序良俗に反する表現は禁止します。
3)本ブログへの書き込みによって何らかの問題が発生した場合、KUNISAN.JP管理者までご連絡いただければ、内容の修正、削除を行います(その他の責任については負いかねます)。
4)製作者サイドの都合により、予告無く書き込みの一部または全てが削除されることがあります。あらかじめご了承ください。
5)迷惑メールやコンピュータウィルス被害を防止するため、必要な場合以外にはメールアドレスを書き込まないことをお勧めします。

タイトル
お名前 (※必須)
Eメール
ホームページ

コメント (※必須)


画像ファイル(サイズ:10MB以下 形式:gif,jpeg,jpg,png)