サンフランシスコのんびり家族旅行
| トップ | 1日目 | 2日目 | 3日目 | 4日目 | 5日目 | 6日目 | 7日目 |

2015年8月16日(日曜日) エクスプロラトリアムとゴールデンゲートブリッジ


スポンサードリンク



 朝7時起床。今日は朝から天気が良い。昨日セーフウェイで購入したフルーツとチーズとコーヒー、それに先日ホール・フーズ・マーケットで購入したパンとベーコンを朝食にした。


[ ヒルズ・ブラザーズ・コーヒーのビル ]
 9時に宿を出て43番のバス、地下鉄と乗り継ぎ、エンバーカデロ駅(Embarcadero Station)で降りた。そこから、歩いてヒルズ・ブラザーズ・コーヒー(Hills Brothers Coffee)というコーヒー会社のビルに向かう。途中、ストリートカーが走るのを横目に見ながら、「コーヒー会社のビルなら、美味しいカフェがあるはず」と期待したものの、実際にはカフェは無く、ただのオフィスビルだった。インターネットブラウザーで有名なファイアーフォックス(Firefox)がこのビルに入っている。

 それから土日のみ運行のストリートカーEに乗り、エクスプロラトリアム(Exploratorium)へ。


[ ストリートカーE ]

[ ストリートカーの内装 ]

 エクスプロラトリアムは体験型の科学博物館。視覚、聴覚を惑わすような展示物、物理や化学や生物や地学や数学に関するコーナーなどがあり、今までに1,000点以上の体験型展示品が開発されて、常時そのうちの600点程度が広大な館内に置かれている。全部を見て回っていたら、一日ではとても足りない位の展示品の数。子供が楽しめるようなものが多いが、大人でも「不思議」と思えるものも沢山ある。展示品一つ一つに英語で説明が書いてあり、英語を読むのが得意で科学全般が好きな人ならなお一層楽しめるかもしれない。


[ 無数の展示品 ]

[ 上下左右逆の鏡の映像 ]

[ 白色光を当てると色が分かる ]

[ 外の風景がテーブルに映し出される ]

 エクスプロラトリアムで2時間程楽しんだ後、再びストリートカーに乗ってフィッシャーマンズワーフに。日曜日ということで、満員のストリートカーを2台連続で見送ってから、ようやく乗ることができた。ただ、この路線のストリートカーは、普通フィッシャーマンズワーフの西の端の方まで行くはずなのに、700〜800メートル程手前で「ここが終点」ということで、突然降ろされてしまった。


[ アルミ容器のコカ・コーラゼロ ]
 フィッシャーマンズワーフを西に歩きながら、売店でコカ・コーラゼロを調達。251mlのアルミ容器1本分で3.31ドル(414円)と、やはり相当な高さだ。

 イン・アンド・アウト・バーガー(In-N-Out Burger)で昼食。アメリカ西海岸では有名なバーガーチェーンで、基本的にメニューがハンバーガー(Hamburger 2.70ドル=338円)、チーズバーガー(Cheese Burger 3.00ドル=375円)、ダブルチーズバーガー(Double-Double 4.20ドル=525円)、フライドポテト(French Fries 1.95ドル=244円)しかない。バーガーにたっぷり野菜が入っているのが特徴だが、なぜか注文時に"With onion? (玉ねぎはいかがですか)"と、玉ねぎの有無だけ聞かれる。作りおきはせず、注文を受けてから作り始める新鮮さが売りで、フライドポテトに至っては各店舗でじゃがいもの皮むきとカットまで行っている。


[ イン・アンド・アウト・バーガーの看板 ]

[ イン・アンド・アウト・バーガーの調理場 ]


[ ハンバーガーとポテト ]
 イン・アンド・アウト・バーガーはフィッシャーマンズワーフ界隈ではリーズナブルということもあってか、ものすごく混雑していた。受け取りに25人待ちだったが、メニューが少ないせいもあってか流れもそれなりに早く、15分程度で商品を受け取ることができた。ミートパティはマクドナルドのハンバーガーの食感に似ているが、たまねぎ、レタス、トマトはより新鮮な感じがした。ただ、個人的には3日前に食べたカールス・ジュニアのハンバーガーの方が好み。


[ トレーダー・ジョーズの店内 ]
 その後、オーガニックスーパーのトレーダー・ジョーズ(Trader Joe's)に行き、妻がここで買い物をしている間に、息子と店内のベンチに座って一緒に待っていた。息子はiPadでなぜか英単語学習ゲーム(RPG)で遊んでいる。待っている間にふと外を見ると、サングラスをかけた若い女性が、飲みかけのプラスチックカップのドリンクをそのまま道路に放り投げた後、店内に入ってきた。カップは道路に転がり、中の氷は散乱していた。「オーガニック」が好きな人は、何となく「公共マナー」の感覚を持ち合わせた人も多いと思っていたが、必ずしも全員が全員そうとは限らないのかもしれない。

 その後、47番のバスを使い、途中少し歩いてから、28番のバスに乗ってゴールデンゲートブリッジに向かった。3日前のクルーズとは違い、今日は霧がなくしっかりと晴れていた。


[ ゴールデンゲートブリッジ ]

[ 橋の下をくぐる大型貨物船 ]


[ レインボーグローサリー ]
 再び28番のバスで戻り、次は30番のトロリーバス、それから47番のバスに乗って、これまたオーガニックスーパーのレインボーグローサリー(Rainbow Grocery)に行った。到着初日に空港で入手したパスと地図を最大限に利用して、市内を縦横無尽に移動できるようになってきた。

 レインボーグローサリーで妻が買い物の間も、私と息子でベンチに座ってのんびりと休んでいた。無料のWi-Fiサービスがあったので、息子はiPad、私はスマートフォンをネットにつないで時間を潰していた。妻がレジでの会計を終えて戻ってきたが、「クレジットカード(VISA)が使えなくなっていた。さっきまで使えたのに」とのこと。とりあえず、現金で支払いを終えて事なきを得た。

 ここから宿の近くまで行く49番のバスのバス停に行く間、ふとスマートフォンを見ると、日本から見知らぬ番号の着信があった。先ほど、急にクレジットカードが使えなくなったのと関連して、恐らくクレジットカード会社からだろうと察しがついたものの、わざわざ高額な電話代をかけたくないので、宿に戻ってからWi-Fiに接続して、Skypeで電話をすることにした。

 宿に戻って着信履歴の番号にSkypeで電話をした所、やはり相手先はクレジットカード会社のセキュリティ部門だった。しかし、接続が悪く音声が途切れ途切れで会話が成り立たなかったため、結局普通の回線(NTTドコモのWORLD WING)で電話をして、最終的に「何も問題無い」ということで、クレジットカードの使用停止状態を解除してもらった。多分500円位の通話料で、フィッシャーマンズワーフのアイスクリーム1カップ分よりも安い位なのだが、何故かものすごく損した気分になってしまった。

 電話の後、ジェレミーさんの知人の子供(5歳の男の子)が突然部屋に入ってきた。最近柔道を習い始めたとのことで、日本語で1から10まで数えることができる。息子はこの男の子に英語で色々と話しかけられたが、意味がわからず困惑していた。まあ、いつかしっかりと勉強して、コミュニケーションができるレベルになってくれればと願うしかない。

 夕食は今までスーパーで買ったサラダやチーズやベーコンなどの残り物。息子はご飯に日本から持ち込んだレトルトカレーで元気が出た様子。私も妻もしばらく米が無くても大丈夫だが、息子は意外と米が無いとダメなタイプのようだ。ホストファミリーから、また赤ワイン1本のプレゼントがあったが、一晩で妻と二人で丸々1本開けてしまった。

スポンサードリンク



| トップ |     | 前の日(5日目) | 次の日(7日目) |


サンフランシスコのんびり家族旅行』- 製作: 小川 邦久 / ご意見・ご感想 / プライバシーポリシー
Copyright (C) 2015 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.