金属製品(タングステン製品)の洗浄時に注意すること(金網のカゴを使うような場合)

金属製品(タングステン製品)の洗浄時には注意が必要です。特に金網のカゴを使用する場合には絶縁体を製品と金網の間に置くようにします。

※本ページは自己学習のために作成されたもので、内容の正確性や完全性は保証しません。


鉄の水溶液中での挙動

ステンレスのような金属もごく微量ですが、表面がイオン化します。ステンレス板が単独で溶液に浸してある場合には、放出された電子と溶液の水素イオンが結合し、水素となって表面に付着します。(鉄イオンのみ例に取りました)
タングステンと鉄が接触した状態での水溶液中での挙動1

2種の違う金属を溶液に浸した場合には、イオンは溶液中に放出されますが、解けづらい方の金属が電位差のため陽極として働き、電子は伝導度のより高い金属間を伝わります。陽極側に移動した電子は表面で電解した金属イオンと結合し、金属が析出します。なお溶解しやすい方の金属が、水素よりもイオン化傾向の高い場合には、金属のかわりに水素が発生します。金属析出個所、水素発生個所は2種の金属が接するところに近いところから始まります。
タングステンと鉄が接触した状態での水溶液中での挙動2

溶液内にイオン化した不純物があり、かつ解けやすい方の金属よりもイオン化傾向の低い場合には、表面に不純物が析出します。
タングステンと鉄の間に絶縁体を挟んだ状態での水溶液中での挙動

この様な状況を防ぐには、2種の金属間にガラスのような絶縁体を挿入する必要があります。この場合には溶けやすい方の金属に水素が付着するのみで、解けづらい方の金属は電子が流れ込まないため、電解した金属が析出することはありません。


はじめての洗浄技術 (ビギナーズブックス) (単行本)
はじめての洗浄技術 (ビギナーズブックス) (単行本)をAmazon.co.jpでチェック

金属製品(タングステン製品)の洗浄時に注意すること(金網のカゴを使うような場合)
金属製品の内部応力除去のために行う焼鈍について説明
金属結晶の粒界と再結晶に関する疑問と回答
モリブデン関連製品と原料からの製造フローとその用途
原子レベルで見るモリブデン
モリブデン板・棒・ワイヤーの特徴
タングステン板・棒・ワイヤーの特徴
金属資源の原産国一覧(鉱物資源の産出国)
世界3大鉱業会社
チタンの製造方法
金属溶解用真空炉(真空溶解炉)の種類の違い
鉄鋼の製造方法
鉄鋼用合金元素(添加物)の役割・目的
主なステンレス(SUS)の成分と特徴
アルミニウムの製造方法
アルミニウム合金(主な展伸材)の成分と特徴
マグネシウムの製造方法
レアアース(希土類)炭酸塩の純度の表記方法
銅合金の種類と用途

ホームへ


Copyright (C) 2008 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.