銅合金の種類と用途

銅合金の種類と用途について、純銅との比較をしつつ簡単に説明します。

※本ページは自己学習のために作成されたもので、内容の正確性や完全性は保証しません。


純銅:耐食性が優れている、電気・熱伝導が高い、塑性加工が容易である。電子機器には欠かせない。

青銅:鋳造性、耐食性に優れており、機械部品、軸受合金や鐘、美術品、銅像、日用品などに使用される。代表的なものはスズ青銅。純銅よりも強度が高い。スズ含有量の上昇と共に電気・熱伝導は下がる。この他にリン青銅、アルミニウム青銅、ニッケル青銅、マンガン青銅などがある。

黄銅:鋳造性、加工性に優れ、色調が美しく安価。最も広く利用されている銅合金。第三元素を添加した特殊黄銅も広く利用されている。亜鉛の含有量の上昇と共に、電気・熱伝導は下がり、また腐食割れを起こしやすい。スズ(腐食に強い)、マンガン(強度高い)、ケイ素(鋳造性と対海水性)、ニッケル(耐食性と耐熱性)、アルミニウム(対流水の摩耗性)、鉛(切削性)、鉄(強度高い)を添加したものもある。鉛の代わりにビスマスが使われることもある。

Cu-Mn:機械強度が高い。蒸気管、蒸気弁、タービン翼などに使われる。電気抵抗高い。

Cu-Ni:延展性に優れており、耐食性も良好。Ni10〜30%のものは白銅と呼ばれ、特にNi25%のものは貨幣合金として用いられている。硬く刻印性が良く、刻印が摩耗しづらい。

Cu-Ni-Si:コルソン合金と呼ばれ、電気伝導性が高く、硬い。

Cu-Be:Be含有量が2%の物は強度が高く、1%以下のものは高電気伝導性という特徴がある。酸化されやすいので溶解は真空中で行う。高強度のバネとしても利用される。

耐熱性銅合金:Cu-Ag、Cu-Cr、Cu-Ti、Cu-Zrなどがある。
 

図解入門 よくわかる最新「銅」の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
図解入門 よくわかる最新「銅」の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book) をAmazon.co.jpでチェック

金属製品(タングステン製品)の洗浄時に注意すること(金網のカゴを使うような場合)
金属製品の内部応力除去のために行う焼鈍について説明
金属結晶の粒界と再結晶に関する疑問と回答
モリブデン関連製品と原料からの製造フローとその用途
原子レベルで見るモリブデン
モリブデン板・棒・ワイヤーの特徴
タングステン板・棒・ワイヤーの特徴
金属資源の原産国一覧(鉱物資源の産出国)
世界3大鉱業会社
チタンの製造方法
金属溶解用真空炉(真空溶解炉)の種類の違い
鉄鋼の製造方法
鉄鋼用合金元素(添加物)の役割・目的
主なステンレス(SUS)の成分と特徴
アルミニウムの製造方法
アルミニウム合金(主な展伸材)の成分と特徴
マグネシウムの製造方法
レアアース(希土類)炭酸塩の純度の表記方法
銅合金の種類と用途

ホームへ


Copyright (C) 2008 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.