KUNISAN.JPトップ

WindowsPC関連記事 - 連続表示

新規書き込み


※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。

DELLのノートPCの裏蓋を開けてみました

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年12月4日

DELLのノートPCの裏蓋を開けてみました今日は時間があったので、興味本位でDELLのノートPC(Inspiron 15 7000シリーズ - 7568)の裏蓋を開けてみました。このPCは今年の春に購入したものですが、10月にファン故障で一度修理に出しています。来年春以降は保証が切れるので、自分で直せるものは自分で直せるようにしておきたいというのもありますが、ついでにメモリやSSD(HDD)などのパーツの交換が容易かもチェックしておきます。

裏蓋のネジはプラスドライバーで普通に開けることができました。裏蓋はマグネットが付いているらしく、少し強い力を加える必要がありましたが、そんなに難しい作業ではありませんでした。

PCの中身の写真(拡大)はこちらです。

Inspiron 15 7000シリーズ - 7568: DELLのノートPCの中身
[ DELLのノートPCの中身 ]

なかなかシンプルな配置です。左上はSSDとSDカードスロット、右上はメイン基板でメモリが取り付けられており、恐らく裏側にCPUのチップがあるものと思われます。メイン基板からは銅製の金具(平べったいパイプ?)が伸びており、排気ファンに繋がっています。写真下の方にバッテリーとスピーカーがあり、左下のスイッチ部周辺は名刺サイズ程度のスペースがある余裕の設計です。

先日故障したファンですが、同じ型のものがネットショッピングでも購入できるのと、ネット情報によると故障時には「DELLからパーツ取り寄せ」も可能なようです。これであれば、保証期間が終了した後に故障したとしても、修理にそれ程高くは付かなそうです。

メモリはSAMSUNG製DDR3-1600の8GBです。SAMSUNGはメモリについては(と言うと少し語弊がありますが…)信頼性が高く、まあ壊れる可能性はかなり低いと思います。今のところメモリ容量ギリギリのなるような使い方もしていないので、交換することも多分無いかなと思っています。

SSDはSANDISK製のZ400sという型番で256GBの容量です。こちらも今のところは困っていませんが、将来的に1TBあたりのものが安くなれば、交換することもあるかも知れません。

私個人の経験上、PCの故障はモーター部品(ファンやHDDなど)か基板(特にコンデンサー)に原因がある事が多いのですが、今使っているPCについてはHDDではなくSSDという事もあるので、やはりファンが一番危ういと思っています。まあ、一度修理していることもあるので、今度はしっかりと長持ちしてくれるとありがたいです。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Dell ノートパソコン Inspiron 15 2in1 Core i7 4Kモデル 17Q12/Windows10/15.6インチ タッチ/8GB/256GB
Dell ノートパソコン Inspiron 15 2in1 Core i7 4Kモデル 17Q12/Windows10/15.6インチ タッチ/8GB/256GBをAmazon.co.jpでチェック


PCの復旧(DELL Inspiron 15 7000シリーズ - 7568)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年10月8日

PCの復旧(DELL Inspiron 15 7000シリーズ - 7568)先週10月1日に故障したDELLのノートPCですが、10月4日に佐川急便の人が引き取りに来てくれて、10月5日にDELLの修理センター(千葉県)に到着、10月7日に修理が完了し、本日10月8日に無事に戻ってきました。購入からまだ半年で保証期間内なので、もちろん全て無償でした。

ファンのみの故障なので、マザーボードやSSDの交換はなく、データやインストール済みのソフトはそのままの状態で戻ってきました。万が一SSDのデータが飛んでしまっても、NASとSDXCカードに二重にバックアップを取っているので、復旧作業自体は可能ではありますが、いずれにしてもそんな作業はあまりやりたくないので、SSDの中身がそのままなのは正直ホッとしました。

DELLのパソコンについては、他社製の同じようなスペックのものよりも大幅に安く、その分サポートが悪いような印象がありました。実際にネット上でも、DELLのサポートに対するクレームのような書き込むが多数見られます。しかし、今回の故障に対するDELLの一連の対応は、迅速かつ丁寧でスムーズでもありました。PCが故障してすぐは「次に買うPCは、もうDELLは無いかな…」と思っていましたが、今では「これなら次もDELLでいいかも」と考えるようになりました。

DELLのノートPCは今年の4月に購入したものですが、同じようなスペックでPanasonicのLet's Noteにしようとすると、倍以上の価格になってしまいます。故障の際の面倒な作業を考えると、1.5倍位までの価格なら妥協できるとも思いましたが、さすがに2倍以上では手が出しづらいです(個人ではなく法人であれば、Let's Noteの堅牢性に大きな価値を見いだせるとは思いますが…)。

そういうことで、これからもしばらく(できれば数年)はDELLのノートPCを使い続けることになります。またファンが壊れたりしたら、今度は自分で修理できるようにしておきたい、なんて思ったりしています。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Dell ノートパソコン Inspiron 15 2in1 Core i7 4Kモデル 17Q12/Windows10/15.6インチ タッチ/8GB/256GB
Dell ノートパソコン Inspiron 15 2in1 Core i7 4Kモデル 17Q12/Windows10/15.6インチ タッチ/8GB/256GBをAmazon.co.jpでチェック


PCの故障(DELL Inspiron 15 7000シリーズ - 7568)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年10月1日

PCの故障(DELL Inspiron 15 7000シリーズ - 7568)先ほどPCのWindowsアップデートを行っている最中、画面が切り替わりエラーメッセージが出てきました。エラーメッセージは英語で書かれていましたが、内容は「ファンが正常に動作していないことを検知した」というものです。確かにファンがちゃんと回っていないようで、PCが全体的に熱くなっています。

すぐにDELLに連絡するように書いてあったので、画面に出ているQRコードからスマホでDELLのサポートページを開き、そこに書かれている電話番号に電話して対応をお願いしました。

購入が3月なので、まだ保証期間ということで無償で引き取り、修理をしてくれることになりました。海外の工場に送られて修理の上、うちに戻ってくるのは10日後位になるとのことでした。
【2016/10/8追記】修理は千葉県の工場でした。

ということで、ブログの更新はしばらくお休みします(この文章も妻のPCで書いています)。メールの返信も遅かったり短かったりすると思いますが、こういった状況なのでご了承ください。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

パソコンの調子をとりもどす Windows7のリカバリー&バックアップ : 唯野 司
パソコンの調子をとりもどす Windows7のリカバリー&バックアップ : 唯野 司をAmazon.co.jpでチェック


固いマウスパッド - DUCTイタリアンレザーマウスパッド NL-250

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年9月3日

固いマウスパッド - DUCTイタリアンレザーマウスパッド NL-250今年春に購入したDELLのノートPCですが、時折リビングのソファーに座りながら使っていたものの、タッチパッドが使いづらく、細かい文章や画像を編集するような作業は実質不可能でした。このような作業を行う場合は、ノートPCをコンピュータールームのドッキングステーションに繋げて、そこからディスプレイ、キーボード、マウスに接続していました。

しかし、せっかくのノートPCなので、リビングのソファーでも作業できるよう、「固いマウスパッド」を購入することにしました。固いマウスパッドは金属製、プラスチック製、木製、革製など、色々なタイプがありますが、見た目の質感が良かったので革製の「DUCTイタリアンレザーマウスパッド NL-250」を購入してみました。

マウスパッドをソファーのアームレストの上に置き、その上にマウスを置いて操作するのですが、コンピュータールームでの操作同様、違和感なく使うことができます。ここ最近ハマっているJavaScriptのプログラミング作業も、実はこのマウスパッドを使いながらリビングでやっています。

マウスパッドについてはCPUやメモリのような数値的な評価はできませんが、家の中での生活スタイルや作業環境が変わったということで、個人的には結構なインパクトのある商品ではありました。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Amazon | DUCT イタリアンレザー マウスパッド NL-250 (ダークブラウン) | DUCT d/b | マウスパッド通販
Amazon | DUCT イタリアンレザー マウスパッド NL-250 (ダークブラウン) をAmazon.co.jpでチェック


ブラザー(Brother)複合機 PRIVIO MFC-J990DN

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年6月11日

ブラザー(Brother)複合機 MFC-J990DN7年前に購入したブラザーの複合機「MFC-930CDN」の電話機子機の「切」ボタンの接触が悪くなり、また本体内部のローラーの劣化で厚めの紙が送れなかったり、印刷中にブラックインクが紙の変な所に付着したり、液晶画面が見づらくなったりなどしたため、そろそろ買い替えの時期と判断しました。機能的には「これ以上ない」と言えるほど満足だったので、これの後継機種「MFC-J990DN」を購入することにしました。

MFC-J990DNの基本的な機能は、MFC-930CDNと大きく変わりません。インクジェットプリンター、ADF付きスキャナー、コピー、ファクス、電話機子機x1台などはそのままです。

1つ大きく変わったところは、両面印刷ができるようになったことです。うちでは印刷そのものの頻度が高くないですが、使い方によってはかなり重宝するのではないでしょうか。

あと、新しい機種だけあって、スマートフォンとの連携もスムーズにできるようになっています(MFC-930CDNも対応はしていましたが)。iOSでもAndroidでも、専用のアプリを入れれば、パソコンを介さずにダイレクトに印刷することができます。

それと、我が家ではまず使わないと思いますが、CD/DVD/BDの直接ラベル印刷もできたりします。これ専用のトレーが付いています。

あえて欲を言うなら、スキャナーの両面スキャン機能があるとよかったです。さらに50枚程度の紙がセットできて、スキャン速度もそれなりに早ければ、ScanSnapの代わりにも…、と思いましたが、これはさすがに求めすぎですね。

スペックを比較した限り、唯一劣化したのがファクスの通信速度で、MFC-930CDNでは最大33600bpsまで対応していたものが、MFC-J990DNでは最大14400bpsまでと下がっています。ただ、うちではファクスの使用頻度もそれ程高くなく、ましてやカラーファクスは一度も使ったことが無いくらいなので、この部分は全く影響ないです。

ちなみに取り付けやネットワーク設定等は全く問題なく完了しました。10年以上前のブラザー製品は、操作が直感的にできないものが多い印象でしたが、今はそんな事は全くないですね。

今年の3月から続いた一連のパソコン&周辺機器取り換え作業は、今回の複合機の交換で一区切りつきました。今後はこれを活かした創作活動を…、と願ってやまない今日このごろです。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

brother プリンター A4 インクジェット複合機  PRIVIO MFC-J990DN デジタル子機1台付き/FAX/無線・有線LAN/自動両面プリント/ADF
brother プリンター A4 インクジェット複合機 PRIVIO MFC-J990DN デジタル子機1台付き/FAX/無線・有線LAN/自動両面プリント/ADFをAmazon.co.jpでチェック


ロジクール(logicool) ワイヤレスマラソンマウス M705t

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年6月11日

ロジクール(logicool) ワイヤレスマラソンマウス M705t2週間前に新しく購入したマウスの記事を書いたばかりですが、また別のマウスを購入してしまいました。同じロジクールの「M705t」という型番のもので、M545よりも若干サイズが大きくなっていて、右手の手のひらにピッタリフィットする形状になっています(ちなみに私は基本左利きなのですが、デスクの配置の関係で、自宅では右手、会社では左手でマウスを使っています)。

実は某家電量販店でこのマウスを触れてみたところ、「これは良い」と思い、直後にスマホからアマゾンで購入してしまいました(某家電量販店には申し訳ないですが、アマゾンの方が1000円程安かったので…)。

このマウスの最大の特徴としては、高速スクロールホイールのオンオフを切り替えられるところです。オンにすると、ホイールを一度強めに回すだけでしばらく回転しっぱなしになるので、画面もスクロールし続けてくれます。

唯一気になるのは、マウスの底のセンサーの位置が、極端に片側(普通にマウスを置いた場合の右手の小指側)に寄っているところです。扇状にマウスを動かすような癖のある人は、少し使いづらいかも知れません。幸い私はそのような癖はなく、普通に使えています。

電波の干渉もなく、ここ最近使った中では一番の使い心地のマウスです。キーボードはマイクロソフトの「ワイヤレスデスクトップ 3000」、マウスはロジクールの「M705t」で、仮に今のものが壊れても現行機か後継機を買うことになりそうです。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705t
Logicool ロジクール ワイヤレスマラソンマウス M705tをAmazon.co.jpでチェック


PCとワイヤレスマウスの相性 - ロジクール(Logicool) M545

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年5月28日

PCとワイヤレスマウスの相性 - ロジクール(Logicool) M545今年の4月にDELLのノートPCを導入して以来、使いやすいワイヤレスマウスを色々と探していった結果、「ロジクール(Logicool) M545」に落ち着きました。決め手としては、マウスカーソルが「カクつく」現象が出ないこと、高速スクロールホイールが使いやすいこと、USB受信機が小さいことなどがあります。ただ、ここに行き着くまでに、色々と紆余曲折がありました。

以前の自作PCでは、2003~2004年頃からずっとマイクロソフトのワイヤレスキーボード&マウスのセットを愛用していました。数ヶ月だけロジクールのものに切り替えたことがあったのですが、マウスカーソルがカクつく現象が多発するなどして使いづらかったので、またマイクロソフトのものに戻ったという経緯があります。

DELLのノートPCを導入した当初は、マイクロソフトの「ワイヤレスデスクトップ 3000(マウスとキーボードのセット)」のマウスを使用していました。しかし、スクロールホイールの反応が悪く、ホイールを回しているのに画面が遅れて反応したり、場合によっては全く反応しないこともありました。

その後、別に持っていた予備用の「ワイヤレスデスクトップ850(こちらもマウスとキーボードのセット)」のマウスだけを使うようにしてみたのですが、こちらはマウスカーソルがカクつく現象が発生してしまいました。USB受信機をノートPC本体でなく、ドッキングステーションの方に取り付けていたことが影響していたらしく、受信機をノートPCの方に直接取り付けたところ、マウスカーソルのカクつきがやや解消されました。ただ、この受信機は指先程度の大きさがあって、ノートPCを持ち運ぶ際には、受信機の出っ張りが気になってしまいます。

「カクつきを完全に解消するには、もっと感度の良いマウスの方がいいだろう」との判断で、「マイクロソフト ブルートラック Wireless Mobile Mouse 3500」を購入してみました。USB受信機も超小型で、これなら出っ張りは気になりません。ところが、「感度が良い」はずなのに、逆にマウスカーソルのカクつきがひどくなってしまいました。受信機をノートPCに直接付けたとしても、お世辞にも心地よく使えるレベルとは言えません。

仕方がないので、すぐにワイヤレスデスクトップ850のマウスに戻しました。時折マウスカーソルのカクつきが発生し、ノートPCの横に受信機が出っ張っているのが気になるものの、これ以外の選択肢が考えられませんでした。

先日、アマゾンのタイムセールで上記の「ロジクール M545」が安く販売されているのを、たまたま発見しました。「どうせ今ダメなので…」ということで、試験的にこのマウスを購入することにしてみました。

早速、ロジクールのマウスを使用してみたところ、受信機をドッキングステーションの方に取り付けているにも関わらず、マウスカーソルのカクつきが全く出ません。

マイクロソフトのワイヤレスマウスの動作が不安定だったのは、当初ドッキングステーションとノートPCに接続しているUSBケーブルが1本だけなので、映像データやネットワークデータの転送量が多いと、マウスカーソルの動きに影響が出るものだと思い込んでいました。しかし、ロジクールのマウスの動作が安定していることを考えると、マイクロソフトの方は、恐らく使用している電波の相性(ワイヤレスキーボードや他の無線LAN機器との干渉)があったのではないかと推測します。以前、ロジクールのマウスを使うことで同じような問題を経験したので、逆に今回はロジクールのマウスを使うことで問題があっさり解決することになったのは、正直予想外でした。

「たかがマウス1つでここまで手間をかけなくても…」という声があるかもしれません。ただ、マウスは日常的に使うものなので、ストレスを最小限に抑えたいというのがあります。その点、新たに使い始めたロジクールのマウスは、突出した機能は無いものの、ストレス無く自然と使えているので、個人的にはある意味「理想的なマウス」と言えます。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK
Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BKをAmazon.co.jpでチェック


TranscendのSDXCカード(256GB)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年5月26日

TranscendのSDXCカード(256GB)現在、基本的にPCのバックアップはNASで、NASのバックアップは外付けHDDで行っています。ただ、ネットワーク上のファイルが全てやられてしまうような強力なウイルスや、火災などで機器がまとめてやられてしまう「最悪のケース」には対応しきれません。

これに加えて月に1回程度の頻度で、別の外付けHDD(1TB)にPCとサーバーのデータをまとめてバックアップしていましたが、256GBのSDXCカードが手に届く価格レベルになったので、こちらの方に切り替えることにしました。256GBだと容量的にPCのみのバックアップになってしまいますが、自分の中では「SDXCカードの手軽さ」が勝ってしまいました。

購入したSDXCカードはTranscendのものです。以前無名メーカーのSDカードやUSBメモリーでデータが突然消えた苦い経験もあり、安くてもあまり知らないメーカーのものは選択肢には入りませんでした。唯一、SanDiskのものは検討したのですが、「一部偽物の商品を売っている業者がいる」とのレビューを見て、「より安全」と思われるTranscendの方にしてみました。

災害対策用のバックアップとしては、オンラインストレージを利用する手もあります。数年前にこれを利用しよう考えたこともありましたが、何となくそういったサービスを「あまり信用できない」というのがあって、未だに使ったことはありません。通信傍受についてはあまり心配していないのですが、そういうサービスを行っている会社の「中の人」を信用しきれないというだけです。

SDXCカードも512GBのものまで市販されていますが、こちらは「まだ買うには高い」という印象です。そのうち1TBのSDXCカードやUSBメモリが安く手に入るようになれば、また買い換えるかもしれません。意外と早く、その時が来るかもしれませんね。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Transcend SDXCカード 256GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS256GSDU3
Transcend SDXCカード 256GB UHS-I U3対応 (最大読込速度95MB/s,最大書込速度60MB/s) U3シリーズ 4K動画撮影 無期限保証 TS256GSDU3をAmazon.co.jpでチェック


Brackets - 無料テキストエディター

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年5月14日

Brackets - 無料テキストエディター以前、このブログで私の「テキストエディター好き」について書きましたが、長年Windowsで使っていたEmEditor Freeが、4Kディスプレイで「サイズ変更機能」を使うと、ピントが少しずれたようなぼやっとした表示になってしまいました。別に気にするほどのレベルでないと言えばそれまでですが、せっかくの高解像度のディスプレイなので、ぼやっとしたまま使い続けるのは面白くないと思いました。

EmEditorの無料版の配布は数年前に終了してしまったのですが、新しいバージョンの有料版は年間4,800円または永久ライセンス18,000円とかなりの高額で、わざわざテキストエディターのためにこれだけの金額を支払うのは勿体無く感じてしまいました。

EmEditorに替わる、フリーで使いやすそうなテキストエディターを探していたところ、「Brackets」というAdobe提供のプログラマー用のものを発見しました。拡張機能が充実しているなど、細かい所でも対応できそうな気がしたので、早速インストールしてみました。

・Bracketsダウンロードサイト
http://brackets.io/

インストール完了後、すぐに手持ちのテキストファイルを開こうとしたところ、いきなり「UTF-8以外のエンコードには対応していない」という旨のエラーが出てしまいました。手持ちのテキストファイルは、大多数がShift-JISなので、これでは全く使えません。ただ、ここは拡張機能が豊富なBrackets、「Shizimily Multiencoding for Brackets」という拡張機能をインストールして、日本語も含めて各種エンコードに対応するようにしました。これで手持ちのテキストファイルは全て問題なく開けるようになりました。

プログラマー用のエディターなので、各種プログラミング言語に対応した「コード色付け」、「コード折りたたみ」、「エラーチェック」などの機能があります。私が使用するのはHTML、CSS、JavaScript、PHP、Perlといった所ですが、この辺りはもちろん全て対応しています。HTMLファイルに関しては「ライブビュー」機能で、実際のページをチェックしながらのコード編集も可能です。

編集機能についてですが、例えばHTML中の<div>と</div>で挟まれた部分を折りたたんで非表示にすることができます。これにより階層がどうなっているのか把握しやすくなります。また、私がたまたま開いたファイルで、heightの綴りを間違えてhightと記述している所があり、この部分が赤くエラー表示されていました。また、タグが互い違いになっていたり、</...>タグが余分にある場合などもエラーが出てきます。

こういったエラーは1ファイルだけに留まらず、複数ファイルにまたがることが多いものです。Bracketsでは複数ファイルをまとめて開き、全ファイルを横断して文字列の置換を行うこともできます。正規表現を用いた検索や置換にも対応しています。ただ、Bracketsでは「改行」ありの文字列の検索や置換ができないため、複数行にまたがるような文字列を扱う場合には、別途TextSSというソフトを使って処理を行うようにしています。

Bracketsは使いこなしていくと奥が深そうなテキストエディターではありますが、それでも一番大事な「シンプルさ」を保てそうなので、これからも末永く使っていこうと思っています。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Webのための次世代エディタ Bracketsの教科書 電子書籍: 半田 惇志: Kindle
Webのための次世代エディタ Bracketsの教科書 電子書籍: 半田 惇志: KindleをAmazon.co.jpでチェック
コメント:Brackets - 無料テキストエディター
名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年5月21日

デフォルトでは、テキスト選択後の右クリックで、「コピー」「貼り付け」等の操作ができません。
そのため、「右クリック拡張」という拡張機能をインストールしました。これにより「コピー」「貼り付け」ができるようになった他、大文字・小文字の変換、URIエンコード・デコードなどもできるようになりました。


Acrobat Standard DC(Acrobat Reader DC)- 64bit版Windows10でサムネイル表示

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年4月27日

Acrobat Standard DC(Acrobat Reader DC)- 64bit版Windows10でサムネイル表示今までPDFファイルの編集は、5年前に購入したScanSnap(スキャナー)に付属していたAcrobat Standard 9を使っていました。機能的には特に問題無かったのですが、高解像度ディスプレイ(4K等)で拡大表示にすると、メニューの文字やアイコンがぼやけて表示されていました。これの改善に加えてOCR機能の向上も期待しつつ、Acrobat Standard DCを購入してみました。

インストール後、早速OCR機能を使ってみましたが、ほんの少し精度が高まった気がするものの、明らかな違いは感じませんでした。ユーザーインターフェースについては、タブを利用した今風な画面になっているのと、機能アイコンが一新されているのとで、慣れるまで少し大変そうです。ただ、これについてはOffice 2007の時と同様、時間をかけて徐々に馴染んでいけば問題無いとは思います。

Acrobat Standard DCを導入して一番困ったのが、Windows上(エクスプローラー上)のPDFファイルのアイコンのサムネイルが一切表示されなくなってしまったことです。もともとAcrobatシリーズでは、64bit版Windowsのアイコンのサムネイル化には対応していませんでしたが、専用のフリーソフトを使うことでサムネイルを表示することはできていました。ちなみに、うちでは"Fixes for 64-bit Adobe Reader"を使っていました。

ところが、Acrobat Standard DCを導入した後は、どの種類のサムネイル表示用のソフトを導入しても、一切PDFファイルのサムネイルが表示されなくなってしまいました。色々とGoogleで検索して調べたものの、残念ながらどの方法でも改善することはできませんでした。

こういう時には英語の方が情報量が多いので、英語のワードで色々と検索した所、Adobeの公式フォーラムに解決策の書き込みがありました。早速その方法を試してみたところ、ちゃんとPDFファイルのサムネイルが表示できるようになりました。ちなみに会社のPCのAcrobat Reader DCでも同様の改善が見られました。

解決方法はこんな流れです。

1. 64bit版Windows用のPDFサムネイルソフトをインストール(例: Fixes for 64-bit Adobe Reader)
2. Foxit Readerをインストール(ダウンロードサイト: http://www.forest.impress.co.jp/library/software/foxitreader/)
3. 適当なPDFファイルを右クリックして、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」→「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れて「Foxit Reader」を選択
4. PDFファイルのサムネイルが復活
5. 再び適当なPDFファイルを右クリックして、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」→「常にこのアプリを使って.pdfファイルを開く」にチェックを入れて「Acrobat Standard/Reader DC」を選択

前述の公式フォーラムに書いてあったのですが、Adobeサイドではこの件に関して対応する予定は無いみたいです。Windows上のPDFファイルのサムネイル表示の有無で、効率に大きな差がでる人は多いと思うのですが、どういう意図を持って「対応しない」のかはよく分かりません。

さて、そのAcrobat Standard DCですが、まあ古いバージョンのAcrobatを既に持っているのであれば、わざわざ高いお金を出してまでアップグレードする必要は無いかな…、というのが正直な感想です。



WindowsPC関連記事(リンク一覧): 我が家のネットワーク環境改善作業終了 / マンション設置のスイッチングハブ交換 / 3TB SATA HDDをUSB接続した場合の2.2TBの壁突破(746.39GB問題の解消) / 自宅パソコンルームの変更とNURO光導入 / I-O DATA製NAS(HDL2-A6.0RT)のHDD故障と交換作業 / ...(記事連続表示)

Adobe Acrobat Standard DC(新製品) 2015 Windows版: アドビシステムズ: ソフトウェア
Adobe Acrobat Standard DC(新製品) 2015 Windows版: アドビシステムズ: ソフトウェアをAmazon.co.jpでチェック



※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。