KUNISAN.JPトップ

ニンテンドーDS関連記事 - 連続表示

新規書き込み


※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。

ポケットブックDS Lite モカ

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年9月27日

ポケットブックDS Lite モカさて問題です。右の写真は何でしょうか?

正解は「ニンテンドーDS Lite」です。

ポケットブックDS Lite モカ」という、ニンテンドーDS用のハードカバーを付けてみました。パッと見がシステム手帳のようになります。特にニンテンドーDSのデザインが嫌いというわけではないのですが、これだけ見た目が変わると存在感も変わってきます。

設計上、LRボタンが押しづらくなりますが、主にタッチペンを利用する中年サラリーマンにとっては、あまり問題にはなりません。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)

ポケットブックDS Lite モカ
ポケットブックDS Lite モカをAmazon.co.jpでチェック


大合奏!バンドブラザーズDX

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年9月22日

大合奏!バンドブラザーズDX大合奏バンドブラザーズDX』は、いわゆる「音ゲー」です。私は音ゲーを購入するのが、今回生まれて初めてだったのですが、アマゾンなどでユーザー評価がかなり高く、「絶対面白いはずだ」と期待して購入しました。そして、期待通りの面白さです。

ゲームの基本は、曲のリズムに合わせてボタンを押して、ボタイミングが良ければ得点が加算される、というシステムです。はじめのうちは音階に関係なく、ボタン1つでリズムを取るだけなので楽ですが(それでも初めての時は戸惑います)、レベルが上がると音階ごとにボタン4つを押し分けなければならず、さらにその上のレベルはボタンが8つ、そして最終的にはL+Rボタンを使用してオクターブや半音調整まで行うことになります。

もちろん知っている曲と知らない曲では得点の差が大きいですし、知らない曲ばかりではゲームとして面白くもありません。しかしこのゲームの特徴は、自分な好きな曲をダウンロードして、その曲の演奏を楽しむことができるところです。最大100曲までダウンロードできるのですが、取り急ぎこれだけダウンロードしてみました…。

ダウンロード曲: がけのうえのポニョ、そばにいるね、みかづき、ハナミズキ、となりのトトロ、TSUNAMI、つぼみ、ぎんがてつどう999、もらいなき、しまうた、M、ひとみをとじて、まなつのかじつ、ろまんひこう、しょうねんじだい、JUPITER、いほうじん、ぷるるんっ!しずくちゃん、もうこいなんてしない、アンパンマンのマーチ、DIAMONDS、サザエさん、I LOVE YOU、CAN YOU KEEP A SECRET、ロマンスのかみさま、おどるポンポコリン、RUNNER、おもいでがいっぱい、エロティカ・セブン、きぼうのわだち、クリスマス・イブ、LAST CHRISTMAS、STAND BY ME、まつわ、おくることば、15のよる、YA YA、WINDING ROAD、せかいでいちばんあついなつ

合計39曲です。最近耳に残っている曲、自分の好きな曲、子供の好きな曲を中心に集めてみました。一度ダウンロードした曲は削除不可能なので、これだけダウンロードしてしまうと、もうオークション等で転売しても価格が付かないでしょうね…。

さて、ゲーム内容の方に話を戻しますが、一番簡単なレベル以外は音階ごとに使うボタンが異なります。基本的には「左下ほど低い音、右上ほど高い音」という感覚でいけば大体合いますが、オクターブが上がるとまた左下のボタンに戻るので注意が必要です。何にしても音感が鍛えられそうなので、教育上もなかなか「良ゲー」ではないかと思います

また、演奏できるのはメロディーのパートだけではなく、ギター、シンセ、ドラムなど、それぞれ楽器を選択することができます。そのため、一つの曲だけを取っても、色々な楽しみ方ができるわけです。

「わざわざゲームで楽器演奏なんかしないで、本物の楽器を演奏すればいいのに」という声が聞こえてきそうですが、まあそれはそれで正しいとは思います。でも、ゲームなら本物の楽器より手軽で気楽に楽しめますし、さらに今まで楽器や音楽に興味を持たなかった子供が、これをきっかけにして楽器演奏に興味を持つようになる…、という順番でもいいのではないかと思います。

これだけでもかなりのボリュームのあるソフトですが、これのさらにすごいところは「作曲」ができてしまうところです。

作曲の方法も何通りかあるのですが、まずは「鍵盤作曲」という、タッチペンでキーボードの鍵盤を押して、できたメロディーにDSが勝手に伴奏を付けてくれる、というのを試してみました。今日の帰りの電車の中で試しに弾いてみた「メリーさんの羊」です。伴奏は「ムーディなボサノバ調」です。

メリーさんの羊(ムーディなボサノバ調/DS編曲、250KB)

続いて試したのが「ハナウタ作曲」です。DSのマイクに向かって鼻歌を歌うと、それを楽譜に直してくれて、さらに伴奏まで付けてくれるというものです。しかし、音階の調整は非常にシビアで、少しでも音程やリズムがずれると、全くトンチンカンな曲に仕上がります。というより、これでそのまままともな曲ができた人っているのでしょうか?とりあえず、ハナウタ作曲で作った曲を公開します(聞き苦しくて申し訳ないです)。

私はピアノ?(ハナウタ作曲調/DS編曲。434KB)

そして、最後に「本格的作曲」です。楽譜を直接打ち込んで、曲を仕上げる形です。コード入力やドラムパターン作成なども可能です。まともな曲を作成すると、それこそ数日はかかってしまうので、試しに4小節のみのミニ曲を適当に作成してみました。コード進行C-Dm-G7-Cで、あとは適当にメロディー、ベース、高音部、ドラムをくっつけてみました。

4小節ミニ適当曲(C-Dm-G7-C。210KB)

大合奏バンドブラザーズDX』はゲームとしても楽しめますし、作曲ツールとしても十分使えるレベルだと思います。加えて教育的価値も高いと思うので、育ち盛りのお子さんがいる方は、買ってあげてみてはいかがでしょうか?ちなみに、うちの息子はまだプレイするには早すぎますが、サザエさんやアンパンマンの曲を演奏してあげるだけでも大喜びです。



ミュージック関連記事(リンク一覧): WORLD ORDER - WORKING WORLD (2016 SUMMER LIVE) / 葡萄(ぶどう) - サザンオールスターズ / 桑田佳祐 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦 DVD / 自宅で一人カラオケ(よく歌う歌) / 須藤元気Present's WORLD ORDER LIVE ~Beginning of the world~ / ...(記事連続表示)

関連カテゴリー: ニンテンドーDS関連記事, ミュージック関連記事

大合奏バンドブラザーズDX
大合奏バンドブラザーズDXをAmazon.co.jpでチェック


ダービースタリオンDS

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年7月1日

待ちに待った『ダービースタリオンDS』の発売です。ということで、さっそく牧場の名前を登録してゲーム開始です。

コナコースト(母父コタシャーン)という最初の繁殖牝馬に、350万円の種馬スキャンをつけて、めでたく第一号の競走馬(牝馬)が誕生しました。その名も「クニイチゴウ」。まあ安上がりの一頭目なので大して期待していなかったのですが、入厩前にいきなり「スタミナがある」旨のコメントが出ました。

結局デビュー後、クニイチゴウは大活躍。6歳の引退までに23戦8勝。うち重賞3勝(府中牝馬S、東海S、シリウスS)、エリザベス女王杯5着、有馬記念4着、宝塚記念4着、ジャパンカップ2着で獲得総賞金3億8640万円という輝かしい成績でした。

そして、引退後は仔馬たちが活躍して…、という青写真だったのですが、最初の種付け直後の7歳の夏に、突然他界してしまいました。子孫を一頭も残さずに…。

そんな1頭目だったので、「DS版は結構簡単になったのかな?」と思いましたが、2頭目は1勝もできずに3歳秋に引退。その後も10頭ほど生産しましたが、重賞を勝てる馬は1頭のみ(京都金杯)しか出ませんでした。やはり結構難しいです。

以前ダービースタリオンアドバンスで遊びましたが、ダービースタリオンDSはそれより随分と良くなった印象です。スピードがあれば最後方からの追いこみがちゃんとできるし、スタミナがないと先行逃げ切りは難しくなっています。多少動きにぎこちないところがあったり(よく最後の直線で他の馬に引っ掛かります)、3D表示ではあるもののグラフィックに粗さがあるところがあったり(たまに向こうの馬の尻尾が手前の馬の前に表示されたり)しますが、馬の能力パラメータやレース展開などは、随分と練られている印象はあります。

ネットに接続して他の人の所有する馬と競争させたりすることもできるみたいですが、私は通勤電車の友としてコツコツと重賞を勝ってくことに力を入れようと思っています。やっぱりダビスタは楽しい!



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)

ダービースタリオンDS
ダービースタリオンDSをAmazon.co.jpでチェック


TOEIC TEST DS トレーニング - ニンテンドーDSで本格英語学習

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年4月23日

私が最後にTOEICを受験したのは2002年なので、もう6年も前になります。最初にTOEICを受験したのが大学卒業直後の1996年で、それ以降1〜2年に1回のペースで合計5回受験しました。当時は自分の能力を高めることと、それを客観的に評価してくれる「資格」に全力を注いでいて、TOEICのスコアアップや英検合格のために、英語の学習もよくがんばったものです。ここ数年は歳を取ってきたせいか、資格取得に対しての意欲というのが湧かなくなってきました。それでも英語学習だけは、細々とながら続けています。

ニンテンドーDSでは「えいご漬け」と「もっとえいご漬け」で随分と楽しませてもらいましたが、先日から「TOEIC TEST DS トレーニング」を開始しました。まず実力テストをやってみたのですが…、8段階中上から2番目の「A」ランクで、スコア予想890点でした。テストからは遠ざかっていましたが、まあこんなものでしょう。自分なりには納得の結果です。

このソフトですが、本物のTOEICの出題形式に沿った形で、合計500問以上収録されていて、さらに単語・熟語学習問題も合計8000問も収録されています。加えて各問題の解説も丁寧にされていて、よく仕上がった学習ソフトと言えると思います。5問おきにブレークが入るのも、「ちょっとだけ勉強したい」という人には区切りがいいと思います。

TOEICのスコアアップには、このソフトをやるだけではなく、色々な英語にどっぷりとつかって、基礎能力を感覚的につかむ必要があると思いますが、テスト前の対策用としては、かなりいい線を行っていると思います。「さらにもう一歩点数を上げたい」という人には最適でしょう。



英語学習関連記事(リンク一覧): Crash Course Astronomy - YouTubeで天文学&英語学習 / Enjoy Reading 海外クラシック傑作選 / YouTubeで英語リスニング特訓 / DARK HORIZON - ダークな英語を学ぶ / 週刊ダイヤモンド - 商社の英語 門外不出のサバイバル習得法 / ...(記事連続表示)

関連カテゴリー: 英語学習関連記事, ニンテンドーDS関連記事

TOEIC(R)TEST DS トレーニング
TOEIC(R)TEST DS トレーニングをAmazon.co.jpでチェック


ナムコミュージアムDS - ゼビウス、ドルアーガの塔など忠実に再現

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年3月27日

ナムコミュージアムDS』は1979年〜1985年のナムコ名作を収録したゲーム集です。ギャラクシアン、パックマン、ギャラガ、ゼビウス、マッピー、ドルアーガの塔、ディグダグUの合計7本です。『コナミアーケードコレクション』に比べるとボリュームが少ない気もしますが、当時のナムコゲームファンにとっては、1本でもお気に入りのゲームがあれば、それだけでも満足なソフトではないかと思います。

ドルアーガの塔などは「宝箱の出し方なんか今さら思い出せない…」と思いましたが、「プレイナビ」で宝箱の出し方やアイテム解説が出るので、攻略本のない人でも問題なくプレイできます。ゼビウスに関してはスペシャルフラッグやソルの位置をナビしてくれます。

BGMの再現度も高いですね。私はマッピーとドルアーガの塔の曲が好きなのですが、ゲームセンターの音そのままです。「ミュージックボックス」なんていう機能もあるので、好きなゲームの曲をじっくりと聞くことも出来ます。

欲を言えばきりが無いのですが、私としてはパックランドとドラゴンバスターもあれば、まさに完璧なソフトでした…。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)

ナムコミュージアムDS
ナムコミュージアムDSをAmazon.co.jpでチェック


コナミアーケードコレクション-DSでグラディウス・ツインビー

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年3月26日

コナミアーケードコレクション』は1981年〜1987年のコナミの名作アーケードゲームを15本セットにしたゲーム集です。具体的にはこんな感じです。

1.スクランブル、2.タイムパイロット、3.ツタンカーム、4.プーヤン、5.トラック&フィールド(ハイパーオリンピック)、6.ロックンロープ、7.サーカスチャーリー、8.スーパーバスケットボール、9.ロードファイター、10.イーアルカンフー、11.グラディウス、12.グリーンベレー、13.ショーリンズロード、14.ツインビー、15.魂斗羅(コントラ)

私がゲームセンターでゲームをやっていたのは1984年〜1986年頃で、中でもサーカスチャーリー、ロードファイター、グラディウス、ツインビーの4つは思い出深いです。私的にはこれに「沙羅曼蛇(サラマンダ)が入っていれば完璧でしたが、残念ながら収録されていませんでした。

画面の縦横比率変更やディップスイッチなど、細かい設定ができます。さらに「ジュークボックス」なんていう、当時のゲームBGMマニアにはたまらないものも付いています。基本的にサウンドもグラフィックも良くできているのですが、サーカスチャーリーのBGMには納得行っていません。なんとなくテンポが早いのと、私の好きな3面(トランポリン)の曲が変な風にアレンジされてしまっています。著作権か何かの問題があったのかも知れませんが、ちょっと残念に思いました。

30代中盤〜40代前半の元ゲーマーには、懐かしさがこみ上げてくる内容だと思います。最近のゲームに慣れている人には、ちょっと物足りないかもしれませんが…。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)

コナミ アーケード コレクション
コナミ アーケード コレクションをAmazon.co.jpでチェック


アンパンマンとあそぼ あいうえお教室-幼児用DSソフト

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年3月7日

「ゲームは子供に悪影響を与える」ということで、子供にゲームをやらせることを極端に嫌う親がいますが、私は全く逆です。私自身、小さい頃によくゲームをしていたこともあって、ゲームに抵抗がないことと、私は逆にゲームによって多くのことを学んだと思っています。プログラム言語を習得するきっかけになったのは「ゲームを作りたい」という思いからですし、野球やテニスやゴルフなどスポーツのルールを覚えたのもゲームからですし、北海道を舞台にしたゲームが高じて旅行も趣味にもなりました。良質のゲームはもちろんそれだけで教育にもなりますが、「クソゲー」も作品に対する作り手のやる気のなさや能力の欠如を想像できるなど、何も得られないというわけでもありません。

前置きはさておき、うちの3歳の息子のお気に入りのDSソフト「アンパンマンとあそぼ あいうえお教室」です。タイトルの通り、ひらがなを学べるのがこのソフトの売りなのですが、全部で15のゲームに加えて「あいうえおきょうしつ」があり、子供を飽きさせない作りになっています。

具体的にこのソフトで何が学べるかというと…、
・音とリズム(タッチペンで楽器を鳴らします)
・色(塗り絵)
・あいさつ(DSのマイクに向かって「おはよう」)
・ひらがなの読み
・ひらがなの書き取り
・カタカナの読み
これだけあります。何しろキャラクターがアンパンマンなのと、実際の声優さんがしゃべっているので(しかもよくしゃべります)、子供にとっても入りやすい世界だと思います。

大人の目から見ても、細部までよく作られた良質のソフトと言えると思います。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)

関連カテゴリー: ニンテンドーDS関連記事, 幼児教育ソフト


アンパンマンとあそぼ あいうえお教室(特典無し)
アンパンマンとあそぼ あいうえお教室(特典無し)をAmazon.co.jpでチェック


ダービースタリオンアドバンス

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年2月27日

ニンテンドーDSにはGBA(ゲームボーイアドバンス)のスロットが付いていますが、今まで使ったことがありませんでした。ただ、せっかくなので「GBAで何か面白いゲームが無いかな…」と探してみたところ、「ダービースタリオンアドバンス」が目に留まりました。スーパーファミコンの「ダービースタリオン2」は良くやりました が(というか、私がスーファミで唯一ハマったゲームです)、2005年末にニンテンドーDSを購入するまでゲームから遠ざかっていたこともあって、GBAにダービースタリオンが出ていたなんて知りませんでした。2002年12月発売のゲームですが、今でも十分遊べるのでレビューを書きたいと思います。

ダービースタリオンは繁殖牝馬と種牡馬をうまく掛け合わせて能力の高い子馬を誕生させ、調教とレースを組み合わせながらレースに勝ってお金を稼ぎ、それを資金により高い繁殖牝馬と種牡馬を選び…、というサイクルで進んでいくゲームです。実際の血統に従った形でスピードやスタミナなどのパラメーターが(確率的に)設定され、それが子馬の能力として引き継がれます。高いお金を支払ってディープインパクトのような超良血馬を作ることもできれば、オグリキャップのように無名の両親から名馬を作ることも可能です(非常に難しいですけど…)。もちろんその逆パターン(良血で弱い馬など)もありえます。

ダビスタ2との比較になってしまいますが、さすがにグラフィック的にはより洗練された出来になっています。最終コーナーを曲がったときの3D風の映像がいい感じです。あと、ダビスタ2では3列分しか馬の進路がなく、よく前の馬に進路を挟まれて「ドン詰り」になったりしたものですが、アドバンスではこのあたりはちゃんとうまく出来ていて、「ドン 詰り」で馬の能力が引き出せないまま終わるということはほとんどなくなっています。

ゲームバランス的には、ダビスタ2よりも随分難しいです。ダビスタ2では比較的簡単にGIを勝てた気がしますが、アドバンスの方はなかなかGIを勝たせてくれません。30年目位に牝馬でようやく「フェブラリーS」のタイトルを取ることが出来ましたが、その子供は全然活躍することができませんでした。その後は泣かず飛ばずの状 態で、いつになったら芝のGIを勝てるのか分かりません。馬の能力の確率的なばらつきが小さくなり、より血統重視の形になったような気がします。血統をもっと深く追求していかないと、GIは勝てないのかも知れませんね。

あとディープインパクト登場前に作られたからだと思いますが、「後方待機」の作戦がほとんどうまく行きません。全体的に逃げ馬〜先行馬が有利なように作られているという印象です。作者がサイレンススズカ好きなんですかね。

そんなダービースタリオンアドバンスも、もう発売から5年以上経っています。「そろそろ…」と思っていたら、ニンテンドーDS専用の「ダービースタリオンDS」がついに今年の6月に発売されるようです。きっとディープインパクトも登場して、相当強いのだろうと思います。タッチパネルでの操作になると思いますが、操作性がど うなるのかも気になるところです。個人的にはあまり難しくないものを希望していますが、ダビスタファンには昔からやっている人も多いので、ゲームシステム自体の大きな変更はないだろうとも予想しています。6月の発売まで待ち遠しいですね。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)

ダービースタリオンアドバンス
ダービースタリオンアドバンスをAmazon.co.jpでチェック
ダービースタリオンDS
ダービースタリオンDSをAmazon.co.jpでチェック


パワプロクンポケット10

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年2月13日

自分にとってはファミコンのファミスタシリーズ以来の野球ゲームです。

このゲームには色々とモードがありますが、まず普通の野球モードについて。久々の野球ゲームということもあるのかも知れませんが、コンピュータを相手に対戦するだけでもなかなか楽しいです。通勤電車では9イニングをプレイする時間がないので、3イニングでプレイしています。

ファミスタに比べたら操作は複雑なものの、慣れればこちらの方がより実践的にプレイできて面白く感じます。操作に慣れるまで少々時間がかかりますが、慣れるまでのプロセスも結構楽しかったりします。野球ゲームのシステムとしての完成度もかなり高く感じますね(ファミコンのファミスタと比べたら、何でも良く見えてしまうのかも知れませんけど)。

あと、選手の名前が実名なのがいいです。ファミコンのファミスタの時代は立浪が「たつまき」でしたから。各選手の昨年(2007年)の打率やホームラン数を参照できるのも、今シーズンの野球観戦に向けての勉強になります。実況中継もしゃべりまくりで、結構臨場感があります。

このゲームの目玉の一つに、Wi-Fi(無線LAN接続)で全国の人と対戦プレイができるというのがあります。私も試しにやってみました(やはり3イニングです)。初めての試合は、こちらのチームは100%西武ライオンズだったのですが、相手は読売ジャイアンツをベースにしたチームで、野茂みたいな超剛速球ピッチャーが出てきました。ただ、結局お互いに点が取れずに3イニング終了で0対0のスコアでした。2回戦目は相手が日ハムファイターズで、ほぼ純粋なプロ選手のみのオーダーでした。しかしスコアはまたしても0対0。3回戦目はこちらがチームを変えて中日ドラゴンズにしたら相手も中日ドラゴンズでした。こちらもまたまた0対0。人対人だと変化球の応酬になって、なかなか打てませんね…。まあそれでも楽しく対戦することができました。ただ自分としては、変な自作選手が出てくるよりも、純粋なプロ野球選手のみのチーム同士の対戦の方がより面白く感じます。

その選手を自作する「サクセスモード」について、時間のある人にはいいと思いますが、私は始めて5分ほどでやめてしまいました。これはRPGとかが好きな人にはいいのかも知れませんが、時間があまり取れないサラリーマンにはとてもできません。ストーリ仕立てになっているものの、内容を読む気になれず、ただ「面倒」と思ってしまいます。まあ、私自身ゲームの中で選手を育成しようと思っていないので、どのみちあまり使うつもりのないモードではありました。

サクセスモードをしないという点で、多分このゲームの魅力の半分も味わえていないのかも知れませんが、コンピュータとの対戦やWi-Fiでの見知らぬ人との対戦だけでも、十分に楽しめる「良質野球ゲーム」だということは分かりました。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)
パワプロクンポケット10
パワプロクンポケット10をAmazon.co.jpでチェック


Newスーパーマリオブラザーズ

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2008年1月18日

遅ればせながらNew(ニュー)スーパーマリオブラザーズの紹介です。2006年5月に発売された大ヒットゲームです。ニンテンドーDSの中でも現在までに500万本以上の売り上げがあったのは『Newスーパーマリオブラザーズ』と、その他には『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』のみ。500万本と一口に言いますが、1種類のソフトだけで240億円の売り上げです。凄すぎます。

このソフトの目玉は画面いっぱいに大きくなる「巨大マリオ」。壁や土管を壊し放題です。DSの小さい画面で巨大になるので、迫力があるのか無いのかはよく判断できませんが、とにかくインパクトはあります。最初の面から巨大キノコが出てくるので、いきなり巨大マリオを堪能することができます。その他に非常に小さくなる「マメマリオ」、カメの甲羅を背負ってスピンで敵をやっつけられる「コウラマリオ」なんていうのもあります。

基本的な操作は十字キーとボタン2つ(ジャンプ+加速orファイアーボールなど)で、初代スーパーマリオに親しんだ方なら、全く違和感なくプレイすることができます。カベキック、ヒップドロップなど、新たに追加されたアクションもあるものの、それほど難しいものではありません。難易度も高くなく初プレイでも結構サクサクと進みます。私などは「昔のスーパーマリオの操作感覚そのままで、色々と新たな世界をプレイできる」ような印象で、とても楽しめています。Wiiの『スーパーマリオギャラクシー』も相当面白かったのですが、古い人間にとっては操作感覚の面で『Newスーパーマリオブラザーズ』のほうがとっつきやすいです。

あと、音楽もいいですね。昔の曲をアレンジしたものもあったり、音源をわざと矩形波(昔のファミコンの音)っぽく作っていたり、昔のゲームのノリがよみがえってくるような感じもします。

ニンテンドーDSを購入したらまずこれ…、というゲームかもしれませんね。



ニンテンドーDS関連記事(リンク一覧): プロ野球ファミスタリターンズ / 大乱闘スマッシュブラザーズ for NINTENDO 3DS / ニンテンドー3DS LL / TOEICテスト 公式DSトレーニング / パワプロクンポケット11 / ...(記事連続表示)




※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。