KUNISAN.JPブログコメント書き込み



麺屋7.5Hzの中華そば

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2014年4月28日
麺屋7.5Hzの中華そば今日の昼は、久しぶりにラーメン店の新規開拓です。行ったのは、先月オープンしたばかりの「麺屋7.5Hz」の新橋店。麺屋7.5Hzは関西を中心とした醤油ラーメン(中華そば)専門のチェーン店で、新橋店は関東初出店のようです。

注文したのは「中華そば 中盛(630円)」。

麺は極太のストレート麺で、茹で上がりに少々時間がかかります。麺はやや硬めです。

スープは器の上限いっぱいまでたっぷり。スープの味は濃い目ではありますが、非常にシンプルな醤油味です。東京の人気ラーメン店に多い「脂っこさ」は皆無です。

メンマと輪切りのネギにも、昭和のラーメンの雰囲気が漂いますが、これに極太麺が加わることで、懐かしいだけではない、独特の食感が出ています。

チャーシューは、「中華そば」ではそれほど存在感がありませんが、「チャーシュー麺」にすると、スープが見えない程の大量のチャーシューが載せられます。

麺屋7.5Hzは、近くにある二郎インスパイア系ラーメン店の「バリ男」とは、太麺という所以外、対極にあるようなラーメンではありますが、どちらもお客さんがしっかりと入っています。私は正直なところ、バリ男の方が好みではあるものの、「こってり+がっつり」ではなく、「すっきり+がっつり」のラーメンが食べたい方には、麺屋7.5Hzをお勧めします。







ラーメン関連記事(リンク一覧): 屋台とんとんラーメンのネギチャーシュー / 真鯛らーめん麺魚の特製真鯛らーめん / 神保町のラーメン店 - 石黒商店・海老丸ラーメン・きたかた食堂 / らぁ麺 和來(かずき)の特製煮干そば / 2019年ゴールデンウィーク(平成から令和へ) / ...(記事連続表示)

極太麺に背脂たっぷりの醤油スープ【新潟】燕三条系背脂ラーメン
極太麺に背脂たっぷりの醤油スープ【新潟】燕三条系背脂ラーメンをAmazon.co.jpでチェック
コメント:麺屋7.5Hzの中華そば
名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年1月28日
コメント:麺屋7.5Hzの中華そば先日、つけそば中(830円)を食べました。スープの濃さも麺もトッピングも「中華そば」と同じで、スープと麺が別れているだけでした。麺のお湯を切っていないのにびっくりしましたが、スープが元々かなり濃い目なので、味が薄くなるような感じはありませんでした。いずれにしても、次からは普通に中華そばを注文します。


1)商品の宣伝、宗教や政治活動の勧誘など、本サイトの趣旨に合わない書き込みはご遠慮ください。
2)個人、団体への誹謗中傷や、差別的な発言、公序良俗に反する表現は禁止します。
3)本ブログへの書き込みによって何らかの問題が発生した場合、KUNISAN.JP管理者までご連絡いただければ、内容の修正、削除を行います(その他の責任については負いかねます)。
4)製作者サイドの都合により、予告無く書き込みの一部または全てが削除されることがあります。あらかじめご了承ください。
5)迷惑メールやコンピュータウィルス被害を防止するため、必要な場合以外にはメールアドレスを書き込まないことをお勧めします。

タイトル
お名前 (※必須)
Eメール
ホームページ

コメント (※必須)


画像ファイル(サイズ:10MB以下 形式:gif,jpeg,jpg,png)