ホーム
ワイルドキャッツについて
遊び方
役と絵柄について
リール配列
リーチ目
動画
ワイルドキャッツを開けてみました
ワイルドキャッツの思い出
掲示板
リンク集

管理者のおススメ!
幻の0号機から4号機まで、カラー写真と詳しい解説で完全網羅しています。



ワイルドキャッツの役と絵柄について

スポンサードリンク



セブン - 言わずと知れたビッグボーナス絵柄です。小役ゲーム+ボーナスゲーム3回で、約360枚の払い出しになります。同じアークテクニコ社の『アニマル』(2号機)と同じデザインです。
- 『ワイルドキャッツ』の名称にもなっている、レギュラーボーナス絵柄です。ボーナスゲーム1回で、約80枚の払い出しになります。パネルには「SMALL BONUS」と書いてあります。
ボーナス確率表 - 3枚がけの場合

*平成3年白夜書房発行の『パチンコ・パチスロ攻略シリーズ3 パチスロで勝つ!!No.2』を参考にしています。
ベル - 15枚の払い出しになります。ベルにしてはかなり横につぶれた形をしています。
プラム - 15枚の払い出しになります。チェリー以外の小役で、唯一「AAA」が無い絵柄になります。
オレンジ - 8枚の払い出しになります。シンプルですが、美味しそうなデザインです。
レモン - 8枚の払い出しになります。レモンなのに何故かピンク色してます。
チェリー - 2枚の払い出しになります。ただし、コイン3枚がけ時に上か下にチェリーが止まると、有効ラインが2つで4枚の払い出しになります。
小役確率表 - 3枚がけの場合

*平成3年白夜書房発行の『パチンコ・パチスロ攻略シリーズ3 パチスロで勝つ!!No.2』を参考にしています。
AAA - ボーナスゲーム時15枚の払い出しになります。通常は揃っても払い出しはありません。

スポンサードリンク



ホームに戻る


『ワイルドキャッツ-懐かしの貯金箱パチスロ』 - 製作: 小川 邦久 / ご意見・ご感想
Copyright (C) 2007 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.