タスマニアへの道標

ホーム
各地の見どころ
アクセス方法
島内の交通手段
宿泊施設
タスマニア雑学
デビル写真
作者の「お話」
「お話」Part2
みんなの体験談
掲示板
タスマニアショップ
リンク集
作者ホームページ
サイト内検索


製作: 小川 邦久

各地の見どころ(タスマニア東部)


スポンサードリンク



湿り気のない風が
トレッキングをより心地よいものにしてくれる

おススメの本: 世界で一番空気と水のきれいな島タスマニア


マライア島国立公園 Maria Island National Park
 タスマニア島の東にある小さな島で、1972年に島全体が国立公園に指定された。古くは囚人の島として有名だったが、今では海や山のトレッキングやさまざまな動植物がいる自然の島として人気がある。なお、島には1つも店が無いので、必ず食料品の調達は前もって行うように。
マライア島の写真を見る(1枚)

ビシェノー Bicheno
 タスマニア随一のリゾート地で、白い砂浜にヨットといったそれらしい風景が見られる。 町の中心のすぐそばに岩山があり、この頂上から町と海を同時に見下ろせる。
 町から少し離れたところに動物園がある。 ここではカンガルーが放し飼いになっていたり、ウォンバットやタスマニアンデビルを間近で見ることもできる。
ビシェノーの写真を見る(2枚)

コールズベイ Coles Bay
 非常に小さい町でシーズンオフなどはがらんとしている。 ここはFreycinet半島の入り口にあたり、ここを拠点に周辺を旅行する人が多い。
 半島の南部には車の通れる道がなく、ここではトレッキングが唯一の観光の手段になる。 道中、山あり海あり湖ありの変化に富んだコースだ。
Freycinet国立公園の写真を見る(7枚)
Freycinet国立公園の地図を表示
ワイングラス・ベイ風景動画(WMV形式:291kb/10秒)

セントへレンズ St Helens
 19世紀後半にスズの採掘で栄えた町で、鉱山が涸れてしまった今ではタスマニア一の漁港として有名。磯で新鮮な生がきをそのまま食べられるところがあり、旅行者の隠れたスポットになっている。
セントへレンズの写真を見る(3枚)

< ワイングラス・ベイ >
コールズベイから山を超えると見えてくる

スポンサードリンク



メニュー/各地の見どころへ

ホームへ



− タスマニアへの道標 −
Copyright (C) 1997 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.