KUNISAN.JPトップ

KUNISAN.JPブログ - 377 / 1308 ページ

新規書き込み


ページ:1 ... 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 ... 1308

LDLコレステロール値、尿酸値の改善(2013年健康診断結果)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2013年6月30日



LDLコレステロール値、尿酸値の改善(2013年健康診断結果)6月中旬に行った健康診断の結果が出ました。

身長と体重はいつも通りで問題なし。視力は測定機が1.5までしか測れないものだったので、両目とも1.5。聴力は問題なし。胸部レントゲンも問題なし。尿検査も問題なし。血圧は64〜114で正常値。この辺りはいつも通りの結果でした。

健康診断の度に気になるのが、LDLコレステロール値と尿酸値。ただ、今回はどちらも正常値でした。LDLコレステロールは基準値70〜139に対し134で、2年前の169、昨年の158に比べて大分改善しました。尿酸値は基準値3.7〜7.0に対し6.6で、こちらも昨年の7.6に比べて大幅に改善しました。

LDLコレステロールも尿酸も、基本的には食べ過ぎによる栄養過多が一番の要因と言えます。ただ、ここ1年は暴飲暴食はもとより、コレステロールの多く含まれる卵を出来る限り避けつつ、週末のランニングをほぼ欠かさず行っていました。その甲斐もあってか、久しぶりにどちらも正常値ということになりました。

あと、以前に「偽性血小板減少症(本当は血小板の数が正常なのに、検査薬によって少なめに検出されてしまう)」ということがあったのですが、今回は基準値13.1〜36.2に対して18.1と問題ありませんでした。

しかし、白血球数が基準値3900〜9800に対し3800と少し低めの値が出てしまい、こちらは「定期的検査による経過観察を行なって下さい」との診断でした。基準値と大きく差がある訳ではないのでそれほど気にはしてませんが、ネットで調べた限りでは、仕事の忙しさやアレルギー薬のセレスタミンとかが白血球数減少の原因になりうるみたいです。

あと、心電図の結果が「洞性徐脈」となっていましたが、診断では「日常生活に支障ありません」とのことでした。恐らく、毎週末のランニング(5〜10km/回)が影響しているのかな、とも思いますが、診断でも「日常生活に支障ありません」というのと、自覚症状も全くないことから、これについては特に対策を打つようなことはしません。

今回は、LDLコレステロールと尿酸値で良い結果が出ましたが、これで食生活を元に戻したり運動を止めるようなことはせず、今後も良い数値を何年も続けられたらと思っています。





体調管理と健康(リンク一覧): 『らせん式ゴムの耳かき』と『ののじ耳かきマルチキャッチ』 / 健康診断で体調を崩す (健康診断2016) / 健康診断2015 - コレステロールと尿酸値 / セレスタミンをやめる(脱セレスタミン) / LDLコレステロールと尿酸値と食べ過ぎ / ...(記事連続表示)

カラー完全図解 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる本 (主婦の友ベストBOOKS)
カラー完全図解 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる本 (主婦の友ベストBOOKS) をAmazon.co.jpでチェック


ページ:1 ... 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 ... 1308