KUNISAN.JPトップ

KUNISAN.JPブログ - 1370 / 1374 ページ

新規書き込み





名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 昨日「元気」と書いたばかりの会社のSOTECですが、今日突然液晶モニターが故障してしまいました(すごい偶然です)。電源を入れても画面が真っ暗なままだったので、バックライトの電流を制御するデバイスがショートしてしまったのでしょう。まあ、約3年間よくがんばってくれました。
ともあれ、モニタが使えないのでは仕事にならないので、夕方に有楽町のビックカメラに行き、三菱製の液晶モニターを買って、早速SOTECに取り付けました。画面は以前よりも数段明るく、文字もくっきり見えるようになりました。
これで、モニターは三菱製で、キーボードとマウスはIBM製。本体がSOTECである以外、全て後から取り付けたものとなり、ちょっと「マイケルの顔」的な仕上がりです。




関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年2月25日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: インターネットの弊害一つに「デマ情報の氾濫」というのがあります。インターネットは誰でも発信・受信できる変わりに、検閲機能がないために、信頼性のない情報まで流れて一気に広まる可能性があります。中国などは社会的混乱を恐れ、「江沢民」と検索しても、サイトが表示されないようになっているらしいです。
しかし、インターネットは「デマ情報がデマである」ことをいち早く知らせる手段でもあります。最近では某掲示板サイトでSOTECのPCが必要以上に攻撃を受けたという例があります。「CD-ROMが粉々になった」「何度買っても壊れる」などなど、毎日何件も書く陰湿なマニアがいるようです(普通壊れるのを知っていて、わざわざ何度も買わないでしょう)。このような誹謗中傷を糾弾するサイトも登場しました。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/5684/

ちなみにうちの会社にもSOTECが一台ありますが(2000年購入)、キーボードとマウスがそれぞれ一年程で故障したことと、Windows2000にアップグレードする以前は2~3時間に一回はフリーズしていたこと以外には全く問題なく、今でも元気に活躍しています。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年2月24日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 一昨日の夜に38度の熱が出て、昨日の朝は38.9度、たまらず医者に駆け込んだところ、診断結果は「インフルエンザ」でした。薬を飲んだところ、今朝には熱が36度まで下がっていましたが、まだ喉の痛みやダルさは残っています。
この一週間は体調不良に始まり、体調不良に終わりましたが、これを機会に、コーヒーを飲むのを止めたり、ジョギングを再開するなど、体質改善を図ろうと思います。

関連カテゴリー: 体調管理と健康

日付: 2003年2月23日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今週は体調不良で一昨晩より食欲不振、昨日はオレンジジュースとヨーグルトだけの食事でしたが、今日はだんだんと回復に向かってきました。多分体に疲れが溜まっていたのだと思います。昨日は午後会社を休んだのですが、朝からコーヒーを控えたせいもあり、午後2時ごろから翌朝までほとんど眠っていました。
昔からカフェインが効きやすい体質で、夜コーヒーやコーラを飲むと眠れなくなってしまいます。逆に眠気があるときにコーヒーを飲むと目がさえるのですが、これが毎日続くと疲労が溜まるのかもしれません。特に冬は新陳代謝が悪いこともあるので、体の中のカフェインがなかなか消えないのでしょうか。この時期はピュアな飲み物の方が体によさそうです。
ということで、冬はやっぱりアルコール…?

関連カテゴリー: 体調管理と健康

日付: 2003年2月20日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 武蔵村山残堀のラーメン店「火熊家( http://www.higumaya.com/ )」に行ってきました。気になっていたチーズのトッピングは「当店一押し!」となっていて、迷わず自販機で「ラーメン\650」と「チーズ入り\50」の2枚を購入してしまいました。
スープは「あっさりとんこつ」系で、脂っこくなく臭いもそれほどありません。麺は少々固めですが、スープとの相性は良かったです。トッピングの半熟卵もいい感じでした。肝心のチーズはと言うと、時間が経つとスープにとけて、これが麺にからんでいい味を出していました。スープの味もやわらかい感じになります。
私としては「チーズラーメン」は美味しく食べまられましたが、残念ながら「クセになりそうな味」という所までは行きませんでした。よってこの勝負、「納豆もち」の勝ち!?

関連カテゴリー: ラーメン関連記事

日付: 2003年2月16日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >静馬様
我々の母校(高校)のすぐそばですね。あそこは1年半前までうどん屋で、そのちょっと前も別の店だった気がします。「長続きしない」というジンクスを破れるかどうか…。とりあえず今度味をチェックしに行きます。
それにしても武蔵村山の経済は最悪ですね。「日産村山工場」の閉鎖、「ダイクマ」の倒産、「モスバーガー」の閉店…。数年前から人口の減少が進んでいますが、2030年には市の人口が現在の2/3程度まで落ち込んでしまう予測があるようです。東京でこれだけ人口の落ち込みが予想されているのは珍しいですよ。

関東の各区市町村の人口推移予測は以下のページで参照できます。
http://nb.nikkeibp.co.jp/free/ranking/20020415/2/kantou/

※コメント記入欄からのHTMLタグ入力はできませんので、ご注意ください。

日付: 2003年2月10日
名前: 静馬
Eメール:
コメント: カップ麺は食べた事ありませんが、ご実家の近くの熊本ラーメン火熊家にチーズラーメンがメニューにあります。ただ普通にスライスチーズが乗っているだけでしたが。
日付: 2003年2月9日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 先日、生まれて始めて「納豆もち」を食べたところ、すっかり虜になってしまいました。以前から「納豆」も「もち」も好きだったのですが、このコンビネーションの本当に絶妙なこと…。納豆に葱を刻んだものを入れると風味が増して美味しくなります。
最初「納豆もち」と聞いたときには、何だかラーメンにチーズを入れるような、そんな違和感を覚えたのですが、よく考えると「もち」も米から出来ているので、合わないわけがないですよね。
ちなみにチーズ入りのラーメン(カップ麺)は昨年12月に日清から発売されてますが、誰か食べた方いますか?

◇「日清カップヌードル イタリアンピザビッグ」新発売のご案内
http://www.nissinfoods.co.jp/news/detail.htm?id=534&ym=2002-12

※コメント記入欄からのHTMLタグ入力はできませんので、ご注意ください。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年2月9日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: Yahoo!Japan登録の『タスマニアへの道標』が1999年6月より6万4千アクセス、『ペルー気ままに一人旅』が2000年5月より4万1千アクセスあり、アクセスカウンターを設置以来、延べ10万件を越えるアクセスがありました。個人サイトとしては結構なアクセス数と思いますが、今でも一日あたりのアクセス数は以前よりもさらに増えています。特に『タスマニア』は、99年当時1日20件程度のアクセスでしたが、現在では1日100件を越える日がほとんどです。
どちらのHPも最近更新をサボっていますが、皆さんの期待に応えられるよう、数年に1度は現地に行って情報を仕入れたいですね。よく「お金にならないのに…」と言われますが、旅行もHP作成も趣味として楽しくやってますよ。

関連カテゴリー: Web管理関連記事

日付: 2003年2月6日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 昨日は今シーズンの初スキーに出かけました。体力不足&調整不足から、自分の本来の滑りからは程遠い感じでしたが、天気も良く思う存分楽しむことができました。
スキー検定には、1級~5級のさらに上級に「テクニカル」、そのまた上に最上級の「クラウン」というランクがあるのですが、昨日はたまたまその上級の検定試験をやっていました。「クラウン」受験者なんかは、非の打ち所のないような滑りに見えたのですが、ちゃんと指導員に一言二言注意されていました。「上を見たらきりが無いな…」と思いつつも、このレベルまで来るには並大抵の努力だけではないはず、と、えらく感心してしまいました。何にしても「魅せる」ぐらいの一芸を持てるのはいいことですよね。

関連カテゴリー: スキー関連記事

日付: 2003年2月3日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今日は仕事でオーストリア人と群馬に出かけたのですが、帰りの高崎線で英語で話しをしていたところ、隣に座っていた日本人がいきなりこちらを睨み、腕を伸ばして中指を立てる例の挑発のサインを出してきました。こちらはそのしぐさに呆然、大宮から終点の上野まで思わず黙り込んでしまいました(けんかを買う気は毛頭ありません)。多分、すぐ横で外国語を話しをしているのが不快だったのでしょう。
電車を降りたあと、オーストリア人はその人について「まあ、少なくとも友達にはなれないね」と言ってすませていましたが、こういうのはその人に対して怒りを覚えるというより、哀れみを感じてしまいます。

関連カテゴリー: 英語学習関連記事

日付: 2003年1月31日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 自分のことを棚に上げて言うのもなんですが、最近のサラリーマンは大変です。営業のみならず、購買も開発も製造も「とにかく数字を上げる」、ということを前提に動かないといけません。でも、目先の数字しか考えない人も多いのも確かです。トラブルを隠したり、下請けに無理を言ったり、部下に無理を言ったり、などなど。これで短期的には数字が上がるかも知れませんが、内部告発や下請けの倒産や社員の定着率低下などで、何らかの形でしわ寄せが来て、大局的に見ると結局損になることが多々あります。このようなことは、経営者や株主にとっては、本来歓迎されることではありません。今よくある成果主義のせいで、目の前にある数字しか見えなくなっている人が多いのでしょう。本当は会社も個人も、『信頼』というのが重要なファクターだと思いますが、このような数値化できないものを評価するのもなかなか難しいですよね。
ということで、この話には結論がありません。

関連カテゴリー: ニュースな記事

日付: 2003年1月29日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >Hashi様
こんにちは。「かけゲーム」の公開ありがとうございました。あと、ご連絡どおり、MORIYAさんのアドレスも変更しました。皆さん"retropc.net"ドメインのアドレスなんですね?このドメインの親サイトも見てみましたが、MZ-700, MZ-1500, FM-77, MSX, PC-8801など、懐かしい名前がいっぱいありました。日立のBASICマスターシリーズや東芝のPASOPIAシリーズなんかも随時紹介していくのでしょうか?
それでは今後ともよろしくお願いします。
日付: 2003年1月26日
名前: Hashi
Eメール: hashi@ipc-tokai.or.jp
コメント: 小川さん、こんばんは~。
あけましておめでとうございます。<遅っ

URLの修正、ありがとうございます。
ついでに、iP6forWinのMORIYAさんのサイトも変更になっています。
小川さんの「かけゲーム」をやっと公開できました。
これで4作品全て載せることができました。
どうもありがとうございました。m(_ _)m
今後ともよろしくお願いします。
日付: 2003年1月25日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@mvb.biglobe.ne.jp
ホームページ: http://www2s.biglobe.ne.jp/~kunihisa/kuni/
コメント: (※トップページより転載)今日は東京ディズニーシーに初めて行ってきました。JR舞浜駅を降りてディズニーリゾートラインに乗り、ぐるりと一周。「ランドは乗り物、シーは雰囲気」とよく言われている通り、さっそくエントランス付近のイタリア風の建物がいい雰囲気を出していました。
まずはミッキー率いる(?)船の集団がパフォーマンスを繰り広げる、ウォーターカーニバル。高速艇が連凧(?)を操作するところは見ごたえがありました。続いてディズニーシーで一番人気の乗り物系アトラクション、センター・オブ・ジ・アース。最後の「落下」はスプラッシュマウンテン程ではなかったものの、やはりこの手の乗り物はちょっと苦手です。
今日はあまり混雑がなかったので、日中はいろいろとアトラクションをめぐり、あちらこちらのレストランで食べて飲んで、夜はディズニーシンフォニーの音楽と花火で今日一日を締めくくりました。

  

関連カテゴリー: 家族でお出かけ

日付: 2003年1月26日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 今年の冬はまだ一度もスキーに行っていません。もともと正月休み中に予定を入れていなかったせいもありますが、正月から左足の捻挫と肩の筋肉の炎症で軽いジョギングすらできず、とてもスキーのできる体調ではありませんでした。
今年の初スキーをあと1週間後に控えていますが、左足と肩の具合も良くなったので、軽く運動して体調を整えようと思います。一昨年にスキー検定1級を目指した時には、毎日の筋力トレーニング+ジョギングに加え、2ヶ月で5kgの減量をしましたが、さすがに今年はここまでできないでしょうね。

関連カテゴリー: スキー関連記事

日付: 2003年1月25日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >テツ様
私もケアンズで2ヶ月ほど乗馬ガイドの仕事をしたことがあるのですが、乗馬は本当に楽しいですよね。ケアンズ以外では、ダーウィンと埼玉県某所でも馬に乗ったことがあります。ちなみにテクニックはというと、ほぼトロット専門で、それ以外の技術はほとんどないです…。
タスマニアにも牧場がいっぱいありますが、残念ながら現地で乗馬をしたことはありません。馬に乗りながらワイングラスベイを眺めるとか…。想像しただけでも、またタスマニアに行きたくなってきました。
日付: 2003年1月23日
名前: テツ
Eメール:
コメント: タスマニアのページ楽しく拝見させて頂きました。私も2度ほどタスマニアにいってきましたが、全く違う楽しみ方をしてきましたので、お知らせします。実は、乗馬をしてきました。タスマニアには多くの牧場が
あり、初心者から上級者まで十分に楽しませてくれます。特に馬でしか
訪れることのできないすばらしい場所がたくさんあります。特に印象に残っているのが、キャンプをした時にみた南十字星です
日付: 2003年1月23日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: >静馬様
あけましておめでとうございます。
X68Kのフロッピー、まだ全部持ってますか?先ほど調べたところ、5インチフロッピーを3.5インチフロッピーに落としてくれるサービスがあるようなので、これを利用すれば過去のX68K用のソフトがWindows上で復活できますよ。「鋭利マン」のディスクなんか残ってます?もし持っていたら今度会うときに持ってきてもらえるとありがたいです。
では、今年もよろしくお願いします。
日付: 2003年1月19日
名前: 静馬
Eメール:
コメント: 明けましておめでとうございます。今年も書き込みしますのでよろしくです。今年は会いましょう。
パソコンまだ買ってません。したがって漫画喫茶で入力しています。
年末から風邪が治ってはすぐに悪くなるの繰りかえしで、外へ出るのも億劫です。まあ、半分は昨年入れたスカパーのせいです。
x68のゲーム、pcかったらダウンロードしますね。
コピーしてもらったスペハリのガンダムバージョン、たぶんあるはずなのでつかえませんかね。5インチディスクだけど。

日付: 2003年1月19日
名前: 小川 邦久
Eメール: kuni@kunisan.jp
ホームページ: http://kunisan.jp/kuni/
コメント: 昨日神田のトーキョーワンダーサイト( http://www.tokyo-ws.org )に、「季節料理こすぎ」の山田さんの個展を見に行きました。今まで現代美術というものに触れたことが無かったのですが、絵画や音楽や文芸だけではなく、こういう形でも自分の世界を表現できるのかと、とても新鮮な気持ちになりました。
家に帰ってからもインターネットで現代美術について調べてみたのですが、風景画のようなものから、新聞紙の上に腐ったミカンが置いてある作品まで、いろいろな種類があるんですね。現代美術と一口に言っても、一つ一つの作品が、「落語」と「創作料理」の違いぐらい表現技法が異なっていて、「果たして、『現代美術』という単一のカテゴリーに入れていいのか?」と思ったりもしました。
ただ、HPを作る者としての一意見ですが、芸術性を追求するあまりか、検索性や操作性に難のあるHPが結構あって、この辺は是非直してほしいと感じました。リンク先がわからず、肝心の「作品のページ」までたどり着けないのでは、本末転倒ですから…。

関連カテゴリー: 家族でお出かけ

日付: 2003年1月13日