KUNISAN.JPトップ

KUNISAN.JPブログ - 56 / 1330 ページ

新規書き込み


ページ:1 ... 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 ... 1330

焼ジビエ罠 - 獣肉料理

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2016年11月25日



焼ジビエ罠 - 獣肉料理昨晩は「焼ジビエ罠」というお店で、ジビエ料理を食べてきました。ジビエ料理は「野生の鳥獣の肉料理」のことで、例えば鴨(カモ)、雉(キジ)、兎(ウサギ)、猪(イノシシ)、鹿(シカ)、熊(クマ)などになります。

ジビエ料理店では季節やハンティングのタイミングによって、その日その日でメニューが変わります。昨日は雉、鶉(ウズラ)、猪、鹿はありましたが、熊はありませんでした。

ということで、昨日食べた料理の写真です。

猪(イノシシ)の酢モツ(350円)
[ 猪(イノシシ)の酢モツ(350円) ]

鶉(ウズラ)の丸焼き(680円)
[ 鶉(ウズラ)の丸焼き(680円) ]

熟成鹿肉のカタマリ焼(680円)
[ 熟成鹿肉のカタマリ焼(680円) ]

雉(キジ)茶漬(680円)
[ 雉(キジ)茶漬(680円) ]

ジビエ料理はハンターの腕や血抜きのタイミングなどにより、味が大きく変わるのも特徴です。私が数年前に海外で食した鹿料理は鼻をつまむ位の臭さでしたが、日本で今までに食べた鹿料理は、嫌な匂いを感じたことはありません。やはり、日本ではジビエ料理も繊細ですね。





ニュースな記事(リンク一覧): SNSの利用状況(Facebook、Twitter、Stravaなど) / 祝!『駄菓子屋ゲーム貯金箱』動画のYouTube再生回数100万回突破 / HOLY STONE HS200W(HS200) - 初心者向けトイドローン / 騎士団長殺し - 村上春樹 / ヴィッツHVで大仁田厚のプロレスを見に八王子へ(八王子ラーメンも) / ...(記事連続表示)

ジビエ教本: 野生鳥獣の狩猟から精肉加工までの解説と調理技法
ジビエ教本: 野生鳥獣の狩猟から精肉加工までの解説と調理技法をAmazon.co.jpでチェック


ページ:1 ... 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 ... 1330