KUNISAN.JPトップ

ランニング関連記事 - 連続表示

新規書き込み


※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。

2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年11月19日



2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン)今日は知人の方と一緒に川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン)に参加しました。ハーフマラソンは2015年3月の立川シティマラソン以来なので、2年8ヶ月ぶりになります。とは言いつつ、今回のレースに向けて、9月、10月の2ヶ月間に、練習で3回ほどハーフマラソンの距離を走りました。ですので、距離に対する不安は前回ほどではありませんでした。

スタートは等々力陸上競技場。朝9時半の号砲ですが、気温12℃で30分程待っていたりして、かなり寒く感じました。もともと上はTシャツだけで走る予定だったのですが、ウインドブレーカーをTシャツの内側に着て寒さ対策をし、なおかつゼッケンが隠れないようにしました。下は短パン+ロングタイツです。

スタート直後は混み合っていて、なかなかペースが掴めませんでしたが、最初の1kmを超えたあたりで少しばらけてきて、当初予定していた1kmあたり5分05秒~15秒程度で走れるようになりました。

スタートから4kmちょっとの所でダートコースに入ります。所々に砂が深いところがあり、足の蹴りが推進力になりきらず、少し滑ってしまう感じです。これが18.5km地点あたりまで続くので、かなりパワーのいるコースでした。道の端に少しだけ芝が生えていて、砂のある所よりもやや滑りづらくなっていたので、できるだけここを走るようにしました。

多摩川沿いのダートコース
[ 多摩川沿いのダートコース ]

終始景色に大きな変化がなく、ある意味退屈なコースかもしれません。ただ、全体的にフラットなので、一定のペースで走り続けることができます。途中、1kmあたり5分15秒できれいにペースを刻んでくれるおじいさんランナーがいて、しばらくはこの方に付いていくようにしました。

残り4~5kmの所でも体力が残っている感覚があったので、17km付近でややペースを上げていきました。18.5kmの舗装路に戻ったところからは、1kmあたり5分を切るペースで走るようにしました。

最後は等々力陸上競技場に戻ってラストスパート。無事ゴールしました。公式記録は1:50:33、ネットタイムは1:49:55でした。ゴール直後に右のハムストリングが攣ってしまった位なので、とりあえず自分の中では「ほぼ限界まで実力を出しきった」ということだと思っています。

久しぶりのハーフマラソンは気温もコースもキツかったですが、完走後の爽快感や「やりきった感」は今まで参加したレースの中でも一番でした。走り終わった後は丸子温泉で疲れを取り(いつも通り湯船につかる時間は「カラスの行水」でしたが…)、王将でたらふく飲み食いして帰路につきました。

ハーフマラソンを次に走るのは…、まあ明言はできないですね。とりあえず、すぐではなさそうです。





ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

ゼロから始めるマラソン&ジョギング入門
ゼロから始めるマラソン&ジョギング入門をAmazon.co.jpでチェック


湘南ラン

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年11月12日

湘南ラン昨日は知人の方お二人と一緒に「湘南ラン」でした。大船を起点に鎌倉に向かい、由比ヶ浜から海岸沿いを江ノ島まで走るルートです。合計15km弱です。実は一度10月中に計画していたのですが、台風が近づいていた影響で、昨日に延期となっていました。

鎌倉では建長寺と鶴岡八幡宮に立ち寄りました。土曜日ということもあって、鶴岡八幡宮は多くの人で混み合っていました。階段の前にある舞殿では結婚式が行われています。その後は小町通りに行ったのですが、こちらも多数の人でごった返していて走ることはできず、ここは通りの写真を撮りながらゆっくりと歩きました。

建長寺
[ 建長寺 ]

鶴岡八幡宮
[ 鶴岡八幡宮 ]

小町通り
[ 小町通り ]

鎌倉駅近くから再び走り始め、由比ヶ浜から海沿いのルートになります。海沿いを走るは初めての経験ですが、「白波とサーファー」の風景を見ながら、海風の中を走るのは本当に心地よかったです。途中江ノ電と何度かすれ違いました。

湘南の海岸と江ノ島
[ 湘南の海岸と江ノ島 ]

江ノ電"
[ 江ノ電 ]

海岸沿いのルートは約6km。終始キロ5分半前後のペースで走り続けて、江ノ島が近づいてきました。夕日をバックにした江ノ島は、サザンの歌にでも出てきそうな雰囲気です。江ノ島弁天橋を渡った後、本当は江島神社まで行こうとしたのですが、こちらも人混みが凄いのと、日が暮れて少し寒くなってきたのとで、そのまま引き返すことにしました。

夕日と江ノ島
[ 夕日と江ノ島 ]

江島神社につながる鳥居
[ 江島神社につながる鳥居 ]

最後に江ノ島からモノレールの湘南江の島駅まで走って、ラン終了です。モノレールで大船まで戻り、それから銭湯で汗を流し、居酒屋で酒と料理を思う存分楽しみました。

ここ最近、山道ランに心が動きつつありましたが、海沿いランの楽しさを味わった一日でした。



ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

鎌倉・湘南・三浦ウォーキング (大人の遠足BOOK)
鎌倉・湘南・三浦ウォーキング (大人の遠足BOOK)をAmazon.co.jpでチェック


奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年10月25日

奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝)昨日は仕事を休み、トヨタレンタカーでヴィッツを借りて、奥多摩にドライブに行ってきました。目的地は日原と海沢(うなざわ)の2ヶ所です。台風の翌日ということで、多摩川が増水していて、青梅街道近くの河原は立入禁止になっていました。

前日の風と雨で、道中の日原街道は葉っぱと枝が沢山落ちていました。その後、日原鍾乳洞付近の駐車場で車を停めて、周りを歩いてみました。本当は紅葉を期待して行ったものの、「少し色づき始めたかな」という程度で、ピークには少し早かったようです。

鍾乳洞の中には何度も入ったことがあるので、今回は中には入りませんでした。鍾乳洞入口近くの川も、増水でいつもよりも勢い良く流れていました。

「せっかくなので」ということで、鍾乳洞近くの道路を1km程走ってみました。いつものGarminで測定してみたものの、山に囲まれているせいもあって、GPSのプロットがかなり不正確です(数十mずれるところもありました)。スマートフォンのGPSもかなり不安定で、「この辺りで山に迷い込んでも、GPSは役に立たなそう」と思いました。

その後、再び車に乗り込み、奥多摩駅の方まで戻りました。車を停めて、もえぎの湯(温泉)を起点に海沢三滝に向かってラン&トレッキングのスタートです。

今回のランニングのメインコースである海沢林道は、舗装されてはいるものの、基本は車が1台通れる程度の幅しかなく、アスファルトが剥がれたりして路面が荒れている箇所もあります。逆に車がほとんど通らないので(平日だからかも知れませんが)、ランニングしやすい所でもあります。ただ、台風の翌日で所々水たまりがあったり、川のように水が流れている箇所もありました。メインの滝はまだ先ですが、林道の脇を流れる海沢川に流れ込む小さな滝がいくつもあって、自然を感じながら上り坂をスローペースで走り続けました。

海沢トンネル(うなざわトンネル)
[ 海沢トンネル(うなざわトンネル) ]

5kmほど走った後、海沢園地(うなざわえんち)に到着しました。ここから海沢三滝のハイキングコースがスタートします。地面がぬかるんでいて滑りやすく、またアップダウンも激しいので、ここではトレイルランニングのようなことはやらずに、転ばないようゆっくりと歩くようにします。

「ハイキングコース」とは言うものの、所々で道なのか道でないのか分かりづらく、また急な階段があったり、ロープを使って昇り降りをしなければいけない箇所もあったりします。でも、歩いている間は山林特有の雰囲気を感じながら、川や滝の音も聞こえてきて、気分も高まってきます。平日ということもあってか、ハイキングコースでは1人しかすれ違わず、あとはずっと私一人の世界でした。


台風の直後で川の水量があり、海沢三滝(三つ釜の滝、ネジレの滝、大滝)はいずれももの凄い迫力でした。行く前までは「奥多摩にある滝」ということで、正直なところあまり大したものを期待していなかったのですが、想像を遥かに超える水量と音とパワーを目の当たりにして、思わず感動してしまいました。



三つ釜の滝、ネジレの滝、大滝と順番に見た後、海沢園地に戻ろうと山道を引き返しました。ところが三つ釜の滝の近くであるはずの場所で、「道でない」所を歩いていることに気づきました。「あれ?」と思いましたが、「まあ下の方に歩いていけば戻れるかな」とも考え、斜面をゆっくりと下っていきました。しかし、ランニングシューズは山道では滑りやすく、転んで尻もちをついて2m程滑り落ちてしまいました。木につかまってそれ以上は落ちることはありませんでしたが、かなりヒヤッとしました。そこからさらに「海沢園地があると思われる方向」に歩いていったら、今度は崖のような急斜面に行く手を阻まれてしまいました。

頭の中に「遭難」の二文字が浮かんできてしまいました。スマートフォンのGPSを見ても、うまく電波を捉えておらず、またGoogleマップには山道は表示されません。ここで直感的に「元の場所に戻ろう」ということで、記憶と勘を頼りに歩いてみました。運良く数分で逸れる前の山道に戻ることができて、さらにそこから別の方向に伸びる正しいルートがありました。

迷った時間は20分ほどだったと思いますが、「やはり山を甘く見てはいけない」と思いました。反省点は以下の通りです。

・山道を含めたラン&トレッキングでは、ランニングシューズではなく、トレッキングシューズを履くべき。トレッキングシューズはランニングシューズよりは重いものの、走れないということはなく、山道でスリップのリスクも抑えられる。
・道中「何かおかしい」と少しでも感じたら、元の場所に戻るようにする。「下に行けばどうにかなる」という考えは危険。あてもなく進むようなこともしない。
・ウエストポーチに500mlの水を入れているだけで、下山までに飲み干してギリギリだった。コースにもよるが、リュックに1リットルなど多めの水を入れて、さらにある程度の食べ物も入れておいた方が安心。
・他に一人もいないような場所で孤立すると危ないので、誰かと一緒に行った方がベター。できれば山登り経験者と。

海沢園地からは、また走ってもえぎの湯まで戻りました。帰りはほぼ下り坂で、特に最初の3kmはキロ4分台前半のいつもよりも早いペースでした。

もえぎの湯では、まず外の自動販売機でスポーツドリンクを一気に飲み干し、中の受付で支払いを済ませた後、温泉にゆっくりとつかりました。温泉から出た後、20分ほど休憩して、それから帰りの車に乗り込みました。既に周りは暗くなり始めていました。

今回は遭難しかねないミスもあったりしましたが、それでもドライブ&ラン&トレッキングは楽しかったです。また別の場所でもやってみようと思っていますが、次回以降はしっかりと対策しないといけませんね。



ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

山と高原地図 奥多摩 御岳山・大岳山 2017 (登山地図
山と高原地図 奥多摩 御岳山・大岳山 2017 (登山地図をAmazon.co.jpでチェック



多摩湖(村山貯水池)一周ラン

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年10月7日

多摩湖(村山貯水池)一周ラン今年3月の狭山湖一周ランからしばらく経ちますが、今日はお隣の多摩湖の方で一周ランしてみました。スタートはいつも通りメットライフドーム(西武ドーム)からです。雨が上がったばかりで空は雲で覆われていましたが、昼時ながら気温が低めで、走るには良いコンディションでした。

今回はメットライフドームを南に走り、多摩湖の北側から反時計回りに一周して、またメットライフドームに戻るルートです(全長約13km)。ちなみに、右はStravaの地図ですが、なぜか多摩湖に水がありません。数年前に水を抜いた時期がありましたが、その時の様子が残ってしまっているのでしょうか。

以下、ランニング中に撮影した写真です。狭山湖同様、多摩湖も大部分が森とフェンスで囲まれており、湖が見られるのは堤防(村山上ダムと村山下ダム)とその近くだけです。

多摩湖北の陸橋
多摩湖北の陸橋
多摩湖南側のコース
多摩湖南側のコース

多摩湖南の陸橋
多摩湖南の陸橋
堤防から望む多摩湖
堤防から望む多摩湖

多摩湖の堤防(村山下ダム)
[ 多摩湖の堤防(村山下ダム) ]

狭山スキー場の裏側
狭山スキー場の裏側
メットライフドーム(ゴール時)
メットライフドーム(ゴール時)

多摩湖の周りはサイクリング&ランニングコースとして整備されており、未舗装路の多い狭山湖周辺よりも走りやすかったです。距離も一周で10kmを超える上、道路が交差するところも橋を渡れば信号も横断歩道も無いので、ノンストップで走り続けたい人には最適です。また週末に時間があったら、時折ここを走ってみようと思います。



ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

西武鉄道 スマイルトレイン・特急小江戸 西武新宿~小平~拝島・西武新宿~小平~本川越 [DVD] DVD・ブルーレイ - ビコム ワイド展望
西武鉄道 スマイルトレイン・特急小江戸 西武新宿~小平~拝島・西武新宿~小平~本川越 [DVD] DVD・ブルーレイ - ビコム ワイド展望をAmazon.co.jpでチェック


武蔵村山から練馬まで22kmラン

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年10月1日

武蔵村山から練馬まで22kmラン昨日は武蔵村山の実家に行き、そこから練馬の自宅まで走ってみました。距離は22kmちょっとで、ハーフマラソンに近い長さです。今回も行きは西武ドームから実家まで狭山丘陵経由で走ったので(約6km)、1日の距離としては28kmで自分の中では最長になります。

スタートは午後4時前、武蔵村山の旧青梅街道「宿(しゅく)」の交差点からです。走るのは旧青梅街道~新青梅街道~富士街道で、西から東まで直線に近いルートです(車でもよく走っています)。

まずは、キロ6分程度のややゆっくり目のペースで走り始めました。Strava(ランニングアプリ)のデータを見ると、武蔵村山のスタート地点の標高は約130m、ゴールの練馬区石神井庁舎の標高は約50mで、全体としては約80mの下り坂になります。22kmの距離でこの標高差なので、走りには影響のないレベルだと思っていました。しかし、実際に走ってみると「何となくゆるい下り」というのを感じます。距離が長いだけに終始ゆっくりめのペース(キロ5分30秒~6分)だったものの、「足を運ぶ」のは一部を除いて比較的やりやすかったです。

明らかなアップダウンがあるのは東村山浄水場の陸橋(歩道あり)と久米川の陸橋(歩道一部のみ)だけになります。久米川の陸橋は歩道が一部しかなく、階段で昇り降りする箇所があります。

東村山浄水場の陸橋から
東村山浄水場の陸橋から
小平霊園付近
小平霊園付近

終盤の富士街道は店舗に隣接している所など、歩道が斜めに傾いているところが多く、疲労した状態ではかなり走りづらかったです。

富士街道の交差点近く
富士街道の交差点近く
ゴールの石神井庁舎
ゴールの石神井庁舎

日も暮れて午後6時を少し過ぎたところで、ゴールの石神井庁舎に到着。終始ペースを上げなかったことと、途中の信号で止まることも多かったので、2年半前の立川のハーフマラソンよりは少し余裕がありました。かかった時間は合計2時間21分。仮に大きな災害で電車が全て止まるようなことがあっても、何とか自分の足で行ける距離ということは確認できました(自転車ならもっと楽に行けそうです)。

ただ、走っていてあまり楽しいルートでもないので、やはり自宅から西武ドームの間は電車がいいかな、と思っています。



ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

多摩の街道(上) 甲州街道・青梅街道編
多摩の街道(上) 甲州街道・青梅街道編をAmazon.co.jpでチェック


ランニングシューズをアマゾンで購入 ASICS GEL-KAYANO 24-SW

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年9月23日

ランニングシューズをアマゾンで購入 ASICS GEL-KAYANO 24-SW今年初めに購入したランニングシューズ(ASICS GEL KAYANO 23-SW)が、700km程度走ってかかとが減ってきたのと、先日雨の中走った後に、そのまま玄関に丸一日置いておいたら匂いが付いて取れなくなってしまったのとで、新しくランニングシューズを買うことにしました。同じシリーズの新しいバージョン「ASICS GEL-KAYANO 24-SW」です。「同じシリーズなら、きっと履き心地も変わらないだろう」ということで、同じサイズのものをアマゾンで購入しました。靴をアマゾンで購入するのは初めてでした。

サイズや履き心地は大きく変わることはありませんが、細かいところでは靴紐に少し伸縮性があるのと、足の甲のつま先側の締まり加減がやや弱いという違いを感じました。この辺りの感覚は実際に履いてみないと分からないと思います。細かい所を気にする人は、同じシリーズのものであってもネットではなく実際の店舗で試履した方が良いと感じました(あと、同じ商品でも個体差があるかもしれません)。私としては走っている間は特に気にならず、何回か走っていくうちに慣れてくるとも思うので、結果オーライではあります。ただ、靴に関してはやはり数千円高くても、リアルな店舗で購入した方が安心なのかも知れませんね。



ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

[アシックス] ランニングシューズ GEL-KAYANO 24-SW (現行モデル)
[アシックス] ランニングシューズ GEL-KAYANO 24-SW (現行モデル)をAmazon.co.jpでチェック


ドイツで早朝ラン(ニュルンベルク、ドレスデン)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年8月22日

ドイツで早朝ラン(ニュルンベルク、ドレスデン)先週1週間は仕事でドイツに滞在していましたが、平日の早朝と帰国日である土曜日の午前中だけはプライベートな時間がありました。日本でも週2回走っているので、ドイツでも同じペースで行こうと思い、前半のニュルンベルクと後半のドレスデンで1回ずつ走ることにしました。

最初の「ニュルンベルクラン」は火曜日にしました。朝5時半に起床し、6時にラン開始です。ニュルンベルクは坂が多く、ホテルはニュルンベルク城(カイザーブルク)近くの坂の上にあるので、スタート直後の下り坂は楽でしたが、ゴール直前の上り坂は心臓がバクバク言うほど大変でした。石畳の道も少し走りづらかったです。まだ火曜日ということもあって、仕事に影響が無いように5kmで終了しましたが、その間にすれ違ったランナーは1人だけでした。ペースは平均6分弱/kmで、やはり仕事に影響しないようゆっくり目でした。

ニュルンベルクの朝
[ ニュルンベルクの朝 ]

次の「ドレスデンラン」はドイツ滞在締めくくりの土曜日にしました。朝6時に起床、6時半にラン開始しました。エルベ川沿いを周回で8km走りましたが、こちらは川沿いということもあって、橋以外はアップダウンのほとんどない平坦コースです。大部分がアスファルトの道で走りやすく、カトリック旧宮廷教会やドレスデン美術大学など、「ブリュールのテラス」の建物を川の向こうに見ながら走るのは気持ちいいです。ただ、すれ違ったランナーは3人だけで、やはり東京でのランとは随分と印象が異なりました。ペースはスタートから6kmまでは景色を楽しみながら約5分半/km、最後の2kmは約5分/kmで、ゴール直前の200メートル程はラストスパート気味に走りました。

エルベ川とカトリック旧宮廷教会
[ エルベ川とカトリック旧宮廷教会 ]

今回は人生初の海外ランでしたが、今後も国内、海外を問わず、色々なところを走ってみたいですね。



ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

A14 地球の歩き方 ドイツ 2017~2018
A14 地球の歩き方 ドイツ 2017~2018をAmazon.co.jpでチェック


福岡&佐賀旅行(3/3) - 中洲で朝ラン、福岡タワー

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年8月1日

福岡&佐賀旅行(3/3) - 中洲で朝ラン、福岡タワー旅行3日目(最終日)は朝6時に起きて、6時半から一人で朝ランしてきました。中洲周辺をぐるりと一周、5kmちょっとの距離です。夜、屋台のあった場所は、何も無い状態になっていました。

6分/km位のゆっくり目のペースで4kmちょっと走った後、最後の1kmは4分半/kmほどのペースでラストスパートしました。ランニングシューズでなく、トレッキングシューズだったので、足がちょっと重かったです。

昭和通りの橋から望む中洲の最北端
[ 昭和通りの橋から望む中洲の最北端 ]

朝食はホテルから道を渡ってすぐにあるPRONTO(プロント)でした。2日連続で朝食は福岡らしくありませんでした。

10時にチェックアウト。それからバスで福岡タワーに向かいます。もともと福岡タワーに行く予定はなかったのですが、暑くて外を歩きたくないのと、何となく高いところからの景色が良さそうということで、ここに決定しました。

福岡タワー外観
[ 福岡タワー外観 ]

福岡タワー展望台からの景色は綺麗でしたが、ヤフオク!ドームがホテルの陰に隠れてよく見えなかったのが残念でした。海の方は砂浜が思いっきり人工的な感じはあるものの、綺麗ではありました。

福岡タワー展望台の景色(1)
[ 福岡タワー展望台からの景色(1): 福岡ドームがホテルの陰に隠れてよく見えません ]

福岡タワー展望台の景色(2)
[ 福岡タワー展望台からの景色(2): マリゾンと砂浜と海 ]

福岡タワーを降りた後、砂浜に行ってみました。若者がビーチバレーしていたり、ジェットスキーをブンブン鳴らしながらかっとばしたりしていました。私の学生時代は海でこういったことをやる、という発想が全くなかったので、人にも色々なタイプがいるなあ…、とどうでもいいことを思っていました。

砂浜でビーチバレーを楽しむ若者
[ 砂浜でビーチバレーを楽しむ若者 ]

その後、バスで天神に戻り、パルコの地下で昼食を取りました。モスバーガーのような健康的なハンバーガーでしたが、私はマクドナルドのクォーターパウンダーのような肉肉しい方が好みだったりします。

その後、地下鉄で福岡空港に向かいます。福岡空港のビルは最近改装されたみたいで、レストランが充実していました。正直なところ、パルコよりもこっちだったかな、と思ってしまいました。

ということで、福岡&佐賀旅行は終了です。また来年も家族全員健康で、夏の旅行に出かけたいですね。




ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

関連カテゴリー: 家族でお出かけ, ランニング関連記事

るるぶ福岡 博多 天神'18 (国内シリーズ)
るるぶ福岡 博多 天神'18 (国内シリーズ)をAmazon.co.jpでチェック


白馬スノーハープクロスカントリー大会2017&松本(+安曇野)観光

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年7月23日

白馬スノーハープクロスカントリー大会2017&松本(+安曇野)観光昨日(1日目)は白馬スノーハープクロスカントリー大会(駅伝)、今日(2日目)は松本観光と、今週末はこの時期恒例の長野での一泊滞在でした。

白馬の駅伝(4km x 4人)は、今年で3回目の出場になります。一昨年は「最初に飛ばしすぎないようにすること」を学び(最初に飛ばしすぎて後半バテました)、昨年は「上り坂対策」「暑さ対策」が必要ということを学びました。そのようなこともあり、ここ2ヶ月は週末の石神井公園ランの後に自宅マンション9階まで階段を駆け上がったり、さらに3週間前からは気温30℃以上の暑さの中それなりのペース(5km x キロ5分以下など)で走ったりするなど、大会に向けて自分なりに準備をしてきました。

本番は第2走者でした。襷を受け取ってすぐの200m程は平坦な芝生のコースなので、キロ4分台中盤のペースで走り、その後の上り坂はキロ6分位にペースを落として、疲労を蓄積しないようにコントロールします。逆に下り坂は重力に任せて足を運ぶ形で、キロ4分弱で積極的に行きます。

レースが始まる直前に雨が降ったりして、気温は「28℃」と少し涼しめだったので、走っていてもオーバーヒートになるような感じではありませんでした。しかし、アップダウンが続くコースはやはりきつく、残り1km位(上り坂2つを残す位の所)で息が切れてきてしまいました。それでも何とか力を振り絞って走り続け、最後の急坂を歩くような速度でゆっくりと登り終えた後、ゴール地点までの400m程は、キロ3分40秒ペースのラストスパートでした。

今回の公式タイムは19分24秒でした。昨年の20分50秒から1分半近くタイムを縮められたので、「準備」の成果はそれなりにあったように思います。それでも途中で息が切れてしまうのと、まだスピードに改善の余地があるのとで(特に上り坂で)、今後も負荷をかけたトレーニングで心肺機能を向上させつつ、上り坂でのランや1km程度のインターバル走をやるなどして筋力を付けてスピードを上げられればと思っています。来年もタイムのさらなる向上を目指したいです。

全員ゴールの後は、皆で恒例の温泉と焼肉店での打ち上げ。肉をいっぱい食べて、ビールをいっぱい飲んで、皆さんと沢山お話して、楽しい時間を過ごすことができました。

そして、2日目の今日は20年来の古くからの知人とその姪っ子さん(お二人とも駅伝に参加しています)と一緒に車で松本観光でした。残念ながら朝から雨でしたが、まあ天気ばかりは仕方ありません。

松本城、アルプス公園(山と自然博物館)、大王わさび農場(安曇野)に行ってきました。数枚写真をアップしておきますね。

松本城 - 内堀の埋橋付近から撮影
[ 松本城 - 内堀の埋橋付近から撮影 ]

松本城 - 最上階への急な階段
[ 松本城 - 最上階への急な階段 ]

松本城 - 最上階から内堀を撮影
[ 松本城 - 最上階から内堀を撮影 ]

アルプス公園からの眺め
[ アルプス公園からの眺め ]

山と自然博物館
[ 山と自然博物館: 動物や昆虫の展示が数多くありました ]

安曇野のアオハダトンボ
[ 安曇野のアオハダトンボ ]

大王わさび農場のわさび畑
[ 大王わさび農場のわさび畑 ]




ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

童友社 1/350 日本の名城 国宝 松本城 プラモデル S24
童友社 1/350 日本の名城 国宝 松本城 プラモデル S24をAmazon.co.jpでチェック


お気に入りのランニングコース(石神井公園、石神井川、皇居、代々木公園、狭山丘陵)

名前: 小川 邦久 リンク: http://kunisan.jp/ 日付: 2017年5月22日

お気に入りのランニングコース(石神井公園、石神井川、皇居、代々木公園、狭山丘陵)2017年はここまで合計387km走りました。まだ5月ですが、年間のランニング距離としては最長になります。ちなみに2016年は372km、2015年は378km。夏は走る距離が短くなるものの、今年のトータル距離はいつもの倍くらいにはなりそうです。

もともとスキーの体力アップがメインの目的で始めたランニングですが、走ることそのものが目的になりつつあります。ただ、それほどレースには興味がなく(たまに出ると楽しいですが)、どちらかと言えば「走るだけで楽しいので走っている」という感じです。

「走るだけで楽しい」というのもあって、同じところばかり走っていても飽きずにいられます(さすがに石神井公園を1日10周すると飽きますが)。そんな感じで、あまり走っているコースは多くないのですが、私のお気に入りのランニングコースを紹介します。

■ 石神井公園(ボート池)
自宅近くなので、週1回程度のペースで走っています。1周約1.7km。信号や交差点が無く、ノンストップで走れます。ただ、週末や祝日の昼頃~夕方は池の周りを散歩している人も多く、かなり混み合うのでランニングは控えた方がいいです。反時計回りに走ると、ボート池の南側に200m程度の登り坂と100m程度の下り坂があり、足に疲れが出てきた時などは結構きつく感じます。

ボート池+野球場を回る大回りのコースは、1周約1.9kmになります。あと、野球場の周りだけだと一周550m程度で、平坦なコースで練習したい人には最適です。

■ 石神井川
たまに気分転換したい時に、石神井公園の代わりに走ったり、石神井公園とセットで走ったりしています。回数は多くなく、1~2ヶ月に1回程度です。石神井公園ボート池東側から目白通りと環八の交差点までの往復で約5km、ボート池南西側の橋のところから目白通りと環八の交差点までの純粋な川沿いの往復で約6.8km。ランナーの数はそれ程多くなく、坂も無く走りやすいのですが、途中信号も含めて車道と交差する所が何箇所かあるので、車の通行に気をつけて走らないといけないのが難点です。目白通りと環八の交差点から東に行くには、数分の信号待ちが避けられないので、いつもここは渡らずに折り返しています。

■ 皇居
会社の近くということもあり、月に2~3回のペースで走っています。1周約5km。都心ながら信号や交差点の無いノンストップのランニングが可能です。1.6km程度の上り坂(途中200m程度の下り坂を含む)と1.3km程度のやや急な下り坂があります。ランナーの数が多く、特に北側の代官町通の坂道はランナーが詰まってしまう位の狭いところがあります。ノー残業デーの水曜日と週末前の金曜日の夜は特に混み合います。

■ 代々木公園
知人のお誘いがきっかけで、とあるランニングの会に不定期に参加しています。メインのランニングコースは一周約1.15km。ほぼ平坦なコースで、夜はスピードのあるランナーが数多く走っています。

道路を隔てた南側には、陸上競技場(織田フィールド)があります。一般開放日には400mの陸上トラックを無料で利用できます。陸上トラックはタイムが出やすいです。

■ 狭山丘陵
実家のある武蔵村山を通ることもあり、月に1~2回走っています。西武球場前駅から狭山湖の周りを大回り一周のルートは15.5km程度(御判立~さいたま緑の森博物館のショートカットを使わない場合)。全体の6割が未舗装でやや走りづらく、狭山湖堤防以外はほぼ全体がアップダウンの繰り返しのため、距離以上に疲れが出ます。ただ、大回り1周は過去に1回やっただけです。普段は西武球場前駅から実家のある武蔵村山まで、片道約6kmのコースを走っています(往復約12km)。

ということで、いつも通り最近の記録です。5km走で22:30を切るのが難しくなくなってきました。

日付 曜日 場所 距離(km) タイム(h:m:s) ペース(1kmあたり)
2017/5/2 皇居 5.70 0:30:25 5:20
2017/5/4 石神井公園 5.00 0:22:31 4:30
2017/5/6 石神井公園 5.00 0:22:22 4:28
2017/5/7 石神井公園(野球場周回) 5.00 0:22:02 4:24
2017/5/9 石神井公園 5.00 0:30:45 6:09
2017/5/10 代々木公園(織田フィールド) 7.10 0:34:14 4:49
2017/5/12 皇居 5.00 0:24:36 4:55
2017/5/14 石神井公園+石神井川 10.00 0:53:37 5:22
2017/5/17 皇居 5.00 0:22:10 4:26
2017/5/20 狭山丘陵 6.00 0:32:30 5:25
2017/5/20 狭山丘陵 6.10 0:32:51 5:23




ランニング関連記事(リンク一覧): 2017川崎国際多摩川マラソン(ハーフマラソン) / 湘南ラン / 奥多摩ドライブ&ラン&トレッキング(日原、海沢三滝) / 多摩湖(村山貯水池)一周ラン / 武蔵村山から練馬まで22kmラン / ...(記事連続表示)

Sports Graphic Number Do(スポーツグラフィックナンバードゥ)TOKYO RUNNING GUIDE(東京ランニングガイド) (文春e-book)
Sports Graphic Number Do(スポーツグラフィックナンバードゥ)TOKYO RUNNING GUIDE(東京ランニングガイド) (文春e-book)をAmazon.co.jpでチェック


| 前ページ(新しい記事) |     | 次ページ(過去の記事) |

※該当の記事タイトル一覧はリンク一覧から参照できます。