ケニア・サファリのススメ

サイト内検索



ケニアの動物図鑑
ページ
: 1
, 2-1
, 2-2
, 3-1
, 3-2
, 3-3
, 3-4
, 3-5
, 4
草食動物(1)

スポンサードリンク



アフリカゾウ African elephant
体長6〜7.5m、体高3〜3.35m、体重5800〜7500kg。世界最大の陸生動物である。20〜30頭の母子で群れをなし、オスは基本的に単独行動で繁殖期のみ群れに入る。妊娠期間は約22ヶ月と長く、子供の大きさは生まれたてでも約100kgもある。成熟したゾウは一日に約250kgもの草木を食べて生活する。寿命は60〜70年と人間に近い。アンボセリ、マサイ・マラ、サンブル、ツァボなどでよく見られる。

マサイキリン Masai giraffe
体高約5.2m、体重900〜1400kg。ケニアに3種類いるキリンのうち、一番よく見られる種類(他はアミメキリンとロスチャイルドキリン)。斑紋の周囲が規則的でないのが特徴。頭のてっぺんにドアのノブのような角があり、これは昔鹿のように長かった角が退化したものと言われている。主にアカシアの葉っぱを食べて生活しており、水は約1ヶ月間飲まなくても生きていられる。水を飲むときには、足が長すぎるため、前足を逆Vの字に大きく広げて頭を水面まで持っていく。アンボセリ、マサイ・マラ、ツァボなどでよく見られる。

アミメキリン Reticulated giraffe
体高4.8m以下。斑紋の色がは赤褐色で、間の白いすじが細くくっきりしており、マサイキリンよりも網目模様が鮮やか。サンブルなど、ケニア北部でよく見られる。

シロサイ White rhinoceros
体長3.6〜5m、体高1.6〜2m、体重2300〜3600kg。サイの中で最も大きい。ケニアでは密猟のために一度絶滅してしまい、その後南部アフリカから移植して数が増えている。現在はクロサイの方が見つけづらい。草原や低木の生えているところにオス・メスのペアか3〜7頭の家族で生活している。口の幅が広いため、木の枝を食べるよりも、地面に近い草を食べるのに適している。ナクル湖国立公園でよく見られる。

※動物写真募集中!詳しくはこちらへ。

スポンサードリンク