低温Poly-Si液晶とアモルファス液晶の違い

※本資料は個人の学習用として制作されたものであって、内容の信憑性については保証しません。


「TFT」の原料は半導体であるシリコン。しかし、ガラス基板上に形成するのは非常に難しく、当初は「アモルファス」という非結晶体しかありませんでした。アモルファスTFTは構造がバラバラのため、電気抵抗が大きく、大量の電子を短時間に流すことが出来ませんでし た。

後に開発された「低温Poly−Si」は結晶が整然と並んでいるため、電気的抵抗が小さくスピードが格段に早くなり、これまで外付けしていたドライバーICを直接ガラス基板上に作りこめるようになりました。

「低温Poly−Si」は「アモルファス」に比べドライバーIC等の部品点数を減らせるため、パネルを薄くできるようになりました。モバイル機器には最適です。

カラーTFT液晶ディスプレイ
カラーTFT液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイ(LCD)製造工程概要
プラズマディスプレイパネル(PDP)製造工程概要
有機ELディスプレイ(OLED)用パネル製造工程概要
FPD(フラットパネルディスプレイ)用配線材料の抵抗値表
TFT-LCD(TFT液晶)関連用語
低温Poly-Si液晶とアモルファス液晶の違い
有機ELディスプレイ(OLED)の概要
液晶ディスプレイ(LCD)パネル製造メーカー一覧表
プラズマディスプレイパネル(PDP)製造メーカー一覧表
太陽電池セルの製法(従来型とCIGSの違い)

ホームへ

Copyright (C) 2008 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.