Lotus Notes R6.5(ロータス・ノーツ)関連トラブル対処実績 - システム管理者トラブルシューティング例


システム管理者(IT管理者)が直面するトラブルシューティングのうち、Lotus Notes R6.5(ロータス・ノーツ)関連のトラブル対処実績を掲載します。

※本資料は個人の学習用として制作されたものであって、内容の完全性については保証しません。



現象 原因 対策
レプリケーションが非常に遅い。1時間以上。 数MBの重いメールを受信する時には起こりうる現象。 しばらく待ってもらう。
受信メール(2)と書いてあるのに、実際にはメール一通しか受信していないなど、表示と実際の数字が一致しない。 アーカイブやレプリカの設定をチェックしたが、異常は見られなかった。原因不明。 原因不明のため、対策打てず。ただ、業務上致命的な症状ではないので、そのままにしておく。
QuotaWarningReportのメッセージが頻繁に来る。メールボックス容量は増やしたはずなのに。 メールボックス容量をチェックしたところ、200MBに設定されていた。 200MB→900MBに設定変更した。
会議の招集をかけたのに、スケジュールに反映されない。 召集直後にスケジュールをチェックしたため、内容が更新されていない。 更新ボタンを押すことで解決。
メールが文字化け(????の連続)して読めない。送信者は客先。 送り主が「ユニコード」を選択していないため、メール全体が文字化けしてしまっている。 送り主(客先)に「ユニコード」で送信するように伝えてもらった。ただし「わからない」といわれたらそれまで。
いろいろな作業をした上でも、QuotaWarningReportが来てしまう。 他の人に比べて、送受信のメールサイズが大きいため。 メールボックス容量を200MB->900MBに増設した。
1)アーカイブ(archive)のアイコンが2つ出てしまっている。2)ちょっと前のメールが消えている(アーカイブにも出てこない) 1)アクション→アーカイブ→設定をチェックしたところ、archiveという名前のアーカイブ設定が2重に登録されていた。2)アーカイブ設定が20日なのに対し、メールレプリカのスペースセーバー設定が14日になっていた。14日~20日前のメールが消える形になる。 1)archiveを一つ削除2)アーカイブ設定を14日にして、レプリカのスペースセーバーの日にちと合わせた。
グループアドレスが更新されない。 個人アドレス帳に同名のグループアドレスが登録されていたため、こちらのグループアドレスが優先的に使われてしまっていた。 個人アドレス帳に登録されていたグループアドレスを全部消去。手打ちで、今後普通にアドレス欄にDL...と入れてもらえれば、最新の状態になっているということを伝えた。
スケジュールで予定を入れたにも関わらず、グループカレンダーの赤セルとして反映されない(詳細を見れば載っている) 以前、他のPCでも起こったことのある現象で、原因は不明。レプリカの問題だと思われるが。 対症療法として、社内の皆に「XX時に予定を入れているがグループカレンダーに反映されない」旨を知らせるように連絡した。根本的な解決案はまだないが、毎回起こるわけではなさそうなので、この件はこれで終了。
会議室予約が海外本社によってキャンセルされた旨のメッセージが来る 基本的には会議室使用後に出てくる。原因不明。以前海外本社ITに修正を依頼したことがあったが、修正できなかった。 会議室使用後に出るので、業務上の不都合はないため、特に対策は打たず。
メールが文字化け(????の連続)して読めない。送信者は客先那須。 送り主がメール返信時に「ユニコード」を選択していないため、メール全体が文字化けしてしまっている。 送り主(客先)に「ユニコード」で送信するように伝えてもらった。ただし「わからない」といわれたらそれまで。
メール文章を削除しようとすると「文章が無効またはありません」というメッセージが出てきて、文章を削除することができない。中身も閲覧することができない。11月の文章以降15日前(アーカイブ設定日数)の文章まで、ほぼ全て。 PC内のデータベースからメールのタイトルだけ残り、メール本体が消えているような状態ではないかと推測。サーバーにはメールデータが残っているのではないかと推測。恐らく、スペースセーバーとアーカイブの日数が同じであるため?ローカルにあるレプリカファイルが壊れていることは確実。 レプリケーター→データベースのアイコンを右クリック→プロパティから、スペースセーバーの設定をチェックオフ、その後本社サーバーと同期を取る(かなり時間がかかる)。その後「すぐにアーカイブ」してみた。しかし改善せず。以前IT管理部門から送ってもらったNotesレプリカのrepairツールを使用してみた。
上記作業完了後問題解消したが、今度はアーカイブがおかしくなった。選択文章をアーカイブしても、反映されない。 アーカイブファイルがおかしな場所に設定されていた。アーカイブファイルがいくつもできていた(Dataフォルダ直下など)。 アーカイブファイルを統合した上で、レプリカ作成ファイルの再設定をおこなった。アーカイブを閲覧する際は、アーカイブのアイコンを右クリックして、レプリカを開くを選択、ローカルのアーカイブファイルを選択するように伝えた。
携帯端末との同期が取れない。画面には「同期完了」と出るが、実際にカレンダーのデータが移行しない。 ソフトウェアがノーツのファイルを読みに行っていることまでは確認(データファイルを移動したら同期時にちゃんとエラーが出た)。端末側のレプリカ異常または通信先の可能性あり? (ドライバの再インストール)
カレンダーに休日が設定されていない。 最近入社した人のPCは、カレンダーの休日設定を行っていなかった。 「ツール」→「休日の取り込み」から、休日の設定を行った。またノーツで皆にも設定方法を送っておいた。社内クライアントPCインストールマニュアルも更新。
20日~40日前のメールがごっそり消えていて、アーカイブにも残っていない。それ以前のメールはアーカイブに残っている。 レプリケーター→オプション→スペースセーバーの日付とアーカイブの日付に誤差があったため。 どちらの日付も同様(90日)に設定した。
客先からDXF形式ファイルが添付されたメールが来たが、閲覧できない。ソフトウェア不明。 CADのファイル。社内では閲覧ソフトがインストールされていない。 IT管理者PCにVoiCeFreeというソフトをインストールして閲覧、その後PDF変換して営業担当者に送付した。必要な場合には営業担当者のPCにもこのソフトをインストールすることも伝えた。
カレンダーに秋分の日と春分の日が出てこない。「ツール」→「休日の取り込み」を行ってもだめ。 春分の日、秋分の日は毎年日付も曜日も変わるため、システムで定義できない。 この祝日に関しては手動で入力を行うようにしないといけない。
カレンダーの9/25(木)が振り替え休日になっている。 NotesR6導入時に導入担当者が休日を手入力で入れる方法を説明したため。「繰り返し」になっているので、他の年まで反映されてしまっている。 削除してもらった。
客先から来たメールに「Maybe spam」のメッセージが。 こちらからのメールに客先が返信した形とのこと。Notesサーバーにはこのような機能はないので、恐らくこちらから出したメールに対して、客先のサーバーが「Maybe spam」と判断したものと思われる。 特になし。
11月上旬に受信しているはずのメールが、ごっそりなくなっている。アーカイブにも残っておらず、また削除もしていないとのこと。 サーバーとクライアントPC間のレプリカ同期の失敗の可能性。サーバーにはメールが残っていた。 画面左のメールを右クリックして、「レプリカを開く」を選択し、サーバーを開く形でサーバーに残ったメールを見ることができる。復元作業はユーザーにお願いした(本社IT管理者から送られた復元ツールでの復元も可能)。
アーカイブのメール容量が90%を超えたが、問題ないか確認。 (以前削除したメールの分空きがある形になっている) アーカイブメールについては、メール容量が100%を超えた場合もメールボックスそのものが大きくなるので問題ない。ただし、ファイルサーバーへの容量圧迫に繋がるので、大きいサイズのメールで不要なものは削除してもらうよう依頼した。
倉庫業者向けのメールが全て拒否されて戻ってきてしまう。LotusNotesからのメールだけでなく、SAPからのメールも送れない。倉庫業者以外へのメールは正常に送れる。また、OutlookExpressの場合はエラーがなく正常に送れる状態。 本社IT管理者より「恐らく倉庫業者のサーバーにスパムメールフィルタか何かが導入されたのではないか」という連絡。→倉庫業者より実際に「メールサーバのスパムフィルタ設定の影響」との連絡があった。 担当者に倉庫業者に連絡して改善してもらうようお願いした。その後、正常化。
レプリケーター上、アーカイブが11月以降されていないことになっている。レプリケーターのエラーも頻発する。 アーカイブのプログラムは別に動いているので、レプリケーター上の「アーカイブ」は不要。アーカイブ自体の設定はちゃんとなっていた。 レプリケーター上の「アーカイブ」は削除した。
受信メールのアーカイブができていない。14日の設定のはずが、12月以降のメールがアーカイブされていない。 アクション→アーカイブ→設定→Archiveをチェックしたところ、受信メールがハイライトされていなかった。 アクション→アーカイブ→設定→Archiveから設定してもらうようにお願いした。
ユーザーから担当者へ送ったメールが届かなかった。宛先メールアドレスを見たら、xxx.xxx@xxx.ihost.comとなっていた。宛先には普通に苗字と名前をローマ字で入れただけ。いつもならこれで送れる。 xxx.ihost.comはノーツサーバーのもの。名前解決できないメールアドレスなどに付く場合がある。CDCのアップデートや名前解決のリクエストの際のタイムアウトなどが原因として考えられる。 偶発的なトラブルなので、特に対策は打たない。
客先にメールを送ったところ、550 Host unknownのエラーが返信されて、メールが届かない。 宛先メールアドレスのドメインが、xxx-intec.comとなっていたが、調べたところこのようなドメインは存在しない。xxx-intech.comの間違い。 アドレスを修正してメール再送するように伝えた。
データベースのレプリケーションが途中で止まってしまう。本社IT管理者のRepairツールを使ったところ、こちらでも動作がとまってしまい、さらにローカル上のデータベースファイルが消えてしまった(IT管理者PCのみ)。ノーツサーバーへのPingは正常。ノーツ以外のネットワーク関連は正常。 インターネットルーターのコンセントが外れそうになっていた。ノーツのみ不具合がおきたが、原因はノーツではなくネットワークの障害によるもの。 インターネットルーターのコンセントを挿しなおしたところ、正常な状態にもどった。
メール→ビュー→全ての文章から、そのメールがどこにあるのかわかる方法がないか? - 見つからず。
メニューがドイツ語で表示されてしまう。「設計の置換」を行うと「権限がない」旨のメッセージが出る。 - 本社IT担当者より「テンプレートを日本語に変更したので、後に自動的に切り替わる」との連絡あり。3/7の時点で一部切り替わり確認。ノーツサーバーの方はすでに全面切り替わっていたので、本社IT担当者のRepairツールを使って完全に切り替えた。
添付ファイルが時折壊れていて見れない。サーバー上のメールを直接見に行くと添付ファイルがちゃんとあるので、レプリカか同期の問題? レプリカの設定で「200kb以上の場合に一部のみ受信」になっていた。 「すべて受信」に変更した。
レプリカが作動しない。Pingは応答あり、ファイルサーバーやSAPは使用可能。 サーバー上のプログラムの問題と思われる。 早朝にITサポートセンターに電話をして("Urgent"と伝えた)1時間後に復旧。
過去のメールが突然消えてしまうことがある。 以前行ったスペースセーバーの設定(「XX日以上前のメールは削除する」)で、ローカルからメールが削除されて(サーバー上には残る)、正常にアーカイブがされなかったため。 スペースセーバーの設定で、XX日以上前のメールは…のチェックをオフにした。
中国でノーツのメールをダウンロードする際に、社内の他の人の方が早く終わり、技術担当者の方はかなり時間がかかってしまう。 eTokenの接続先が日本になっていたため。 eTokenの接続先を海外本社に変更してかまわないということを伝えた。
メール送信済みになっているのに、先方(加工工場)にメールが送れていない。 添付ファイル(Word)のサイズが14.7MBもあったため、サーバーにブロックされていた。ちなみに、このファイルはテキストのみで、なぜ14.7MBもあるのか不明(重い画像の付いたWordファイルの画像を削除して、そのまま上書きした可能性?)。 ブロックされたメールをリリースした。
国内別拠点のネットワークに接続できない。 LANのスイッチングハブを経由していたため。恐らく、このハブが海外本社の方で登録されていないため、不安定に動作する。 ハブを介さず、直接LANケーブルに接続したところ、LAN接続できるようになった。
一部のユーザーがアーカイブのバックアップがサーバーに更新されていない。 1):ファイルサーバーが切断されていた。2):ノーツのアーカイブバックアップ設定がされていなかった。3):アーカイブ設定に異常があり、アーカイブが実行されていない状態だった。さらにアーカイブ先のディレクトリの設定が変だった。 1):ファイルサーバーに接続。2):Replicaバックアップ用のデータベースを開きバックアップ元とバックアップ先を設定。3):アーカイブとファイルサーバーを再設定した。
海外本社から来るメールの宛先がco.jpになっている。 海外本社担当者のローカルアドレス帳に登録されているアドレスにco.jpの古いアドレスが登録されているものと思われる。 ユーザーから海外本社担当者にメールアドレスを更新するように連絡してもらった。
グループで東京全員にメールしたところ、退社した人に届かない旨の送信エラーレポートが来た。 昨日各メールアカウントを無効にしたが、グループメールアドレスの中身の更新が遅れるため。 数日経てば、自動的に復旧する。
ホームページ閲覧者から送られてきたメールが、数日遅れで届く? レプリケーションの間隔が3時間に1回となっていることが原因? レプリケーションの間隔を15分にする。数日遅れるような現象が確認できた場合には、メールを転送してもらって対処する。
アドレスに苗字を打ち込んでもアドレスが完了しない。 CDCが登録されていなかった。 ファイル→プリファランス→ユーザーからアドレス帳に"CDC.nsf"を追加した。
2月末のメールがアーカイブに入らず消えてしまっている気がする。    
変なタイトルの送信エラーレポートが多数来るようになった。 Headerを確認したところ、送信者がwebsite@XXXX.co.jp(以前のメールアドレス)になっていたので、迷惑メール送信サーバーが、このアドレスを使って偽装しており、宛先に届かなかったものが、こちらに返信されてしまっているものと思われる。 来たら捨てるしかない。将来的にXXX.co.jp(以前のドメイン)のアドレスを廃止すればこのようなメールはなくなる。
海外本社からのメールを営業担当者に転送したところ、送信エラーレポートが届き、営業担当者にはメールが届かなかった。 海外本社からのメールは営業担当者にも送られていたが、アドレスの最後が「...ORG@ORG」となっておらず、「...ORG@OR」となっていた。それのアドレスのまま営業担当者にメール転送したので、エラーが返された。海外本社担当者もエラーが返されているものと思われる。 営業担当者のメールアドレスを書き直して再送。
メールを送ったのに、送信フォルダにメールが残っていない。過去4回発生。頻度50回に1回ほど。海外本社のサーバーにもない。 アーカイブに残っていた。何らかの拍子(アーカイブ内のメールを返信した?)でアーカイブに移行してしまったものと思われる。 メールが消えた場合には1)アーカイブのチェック2)送信メールでも、受信フォルダもチェック3)すべての文章でチェック4)本社のサーバー上もチェック、と一通りやってみるように伝えた。
席を立っている間に、「サーバーにデータを送信しますか」のウィンドウが無限に表示される現象が発生。 不明。 タスクマネージャからノーツを強制終了させた後、PCを再起動した。
過去のメールをメールに添付する方法は? - 過去のメールをPDF化して添付するのがいいと説明。
送信したはずのメールが送れていない。 海外本社の無線LANでeToken接続したとのこと。しかし、社内無線LANではeTokenは無効なので、これが原因の可能性がたかい。ただ、「レプリケーター」「メールの送信」をダブルクリックしてもらったところ、中に残っていなかったとのことなので、既にメール送信されたものと思われる。 メールが送信されたかどうかは、「送信トレー」ではなく「レプリケーター」「メールの送信」でチェックをするように伝えた。あと、海外本社や社内の無線LANではeTokenが使えないということも伝えた。
アドレス入力時にアドレス帳がORG's Directryで表示されてしまう。 - アドレス帳を「Condensed Directory Catalog」に変更して「OK」を押して解決。
営業担当者から客先にメールを送付したところ、ccの社内の別担当にはメールが届くが、客先からは「エラー」のレポートが帰ってきて遅れなかった。同じアドレスにこの別担当からメールすると、正常にメール送信できた。 営業担当者のアドレス帳に登録されているメールアドレスの記載がおかしい。 アドレス帳チェックの上、修正してもらうようにした。
アドレス帳のインポート後、アドレスを編集しようとすると、変な画面が出てエラーが発生する。 インポート時にフォームを指定しなかったため。 上部メニューから「ファイル」→「呼び出し」から、先ほど書き出したファイルを選択、「フォーム」の欄を「連絡先」(一番下にあると思います)にして「OK」を押すことで、正常な状態でインポートできる。
グループアドレス帳の更新がされない。更新の仕方は? - 上部メニューの丸っぽいアイコンで更新可能。ただし、レプリカ後。
レプリケーターで「返答がない」エラーが出る。Pingは通る。 ノーツサーバーのダウン。 本社IT担当者より海外Notesサーバー管理者に電話、すでに「復旧作業中」とのこと。その後復旧。
加工工場に送ったメールの添付Excelファイルのうち、1つは正常に見ることができるが、もう一つは文字化けしてしまうとのこと。同じメールを社内社内で見ると文字化けしない。 文字化けのファイルはSAPから出力された"XXX.xhtml"ファイルとのこと。ユーザーの方で、この拡張子を"xls"に変更して加工工場に送っているとのこと。OfficeXPではこれで普通に開ける。しかし、加工工場担当者のOfficeはOffice2000で、XHTMLの形式に対応していない。 1)OfficeXP以降がインストールされているほかのPCで閲覧する。または、2)xhtml形式ファイルをExcelで開き、名前をつけて保存でExcel形式に変換する。これならOffice2000で閲覧可能。
メールが文字化け(????の連続)して読めない。送信者は客先マテ。 送り主が「ユニコード」を選択していないため、メール全体が文字化けしてしまっている。 送り主(客先)に「ユニコード」で送信するように伝えてもらった。ただし「わからない」といわれたらそれまで。
営業担当者からメール送信後、送信先担当者が受け取るまでに1日のタイムラグがあった。 (たまにこのような現象は見られる) 近くLotusNotes→Outlookに変更されるので、それまで待ち。頻度も高くないのでOK。
「不在通知」の設定をしても「有効」にならない。さらに「プロフィールエラー」が発生する。IT管理者PCで同じことをしてもすぐに「有効」になる。 メールボックスの容量が200MBになっており、使用容量がそれを超えていたため。 メールボックス容量を900MBに増量。6/24に復旧。
アーカイブの中身が見れない。メールが一通もない。 1)アーカイブの設定がされていなかった。2)アーカイブ先のファイル名に誤りがあった。 アーカイブの設定は本日行われていたので、ファイル名を修正しておいた。その後正常起動。ただし、過去のメールは復活しなかった。
メール送受信ができない。レプリカでサーバーに接続できない旨のメッセージ。Pingは通る。 - (本社IT担当者が海外本社に電話をし、数十分後?に復旧)
本社システム担当者のスケジュールの開始時間が15:00、16:00等になっている。実際には朝からなのに。 本社システム担当者のパソコンのタイムゾーン設定が、ヨーロッパのものになっているため。 本社システム担当者にスケジュールを書き込む際に「異なるタイムゾーンの指定」にチェックを入れ「GMT+9:00」を選択してもらうようにお願いした。→その後、本社システム担当者は海外本社にいるので、スケジュールはちゃんと設定されていると分かった。
添付ファイルを開けない。PDF化できない。 添付ファイルがDocuworksのため。担当者のPCにDocuworksがインストールされていない。 加工工場にPDFファイルとして再送してもらうように伝えた。
アーカイブが開けなくなった。また選択文章のアーカイブやアーカイブ設定も不可能に。工場担当者とIT管理者PCだけに起きている模様。 何らかの理由でアーカイブ設定が消滅してしまった。 1)ノーツをアンインストール、2)C:\Documents and Settings\XXX\Local Settings\Application Data\Lotusのフォルダ名をLotus_bakに変更3)ノーツを再インストール4)ノーツを立ち上げる5)新しく作成されたフォルダC:\Documents and Settings\XXX\Local Settings\Application Data\Lotusに、Lotus_bakフォルダからXXX.id, names.nsf,CDC.nsfとmailフォルダ、archiveフォルダ、signature関連フォルダをコピー6)RDBを開き、レプリカバックアップの再設定を行う。
フリーズ後再立ち上げしたところ、全てのメールが未読になってしまった。 - メニューの編集→未読マークの選択から、全ての文章を既読とした。
winmail.datというファイルが添付されたメールが送られ、ブロックされてしまった。 winmail.datはOutlookから添付ファイル付きのメールを送ると添付されてしまうことがある。このファイルの閲覧には、特別なソフトが必要になる。 ブロックされたメールをリリースの上、winmail openerというフリーソフトを技術担当者に送付した。
送信したはずのメールが、送信トレーにない。アーカイブにもない。 送信メールのc.c.に担当者のメールが入っていた。宛先やc.c.に自分のアドレスがあると、送信後に受信とれーにメールが入るが、同時に送信トレーからはメールが消えてしまう現象がある。 受信トレーをチェックしたところ、メールを発見した。
アーカイブが開けなくなった。また選択文章のアーカイブやアーカイブ設定も不可能に。 何らかの理由でアーカイブ設定が消滅してしまった。 1)ノーツをアンインストール、2)C:\Documents and Settings\XXX\Local Settings\Application Data\Lotusのフォルダ名をLotus_bakに変更3)ノーツを再インストール4)ノーツを立ち上げる5)新しく作成されたフォルダC:\Documents and Settings\XXX\Local Settings\Application Data\Lotusに、Lotus_bakフォルダからXXX.id, names.nsf,CDC.nsfとmailフォルダ、archiveフォルダ、signature関連フォルダをコピー6)RDBを開き、レプリカバックアップの再設定を行う。
ベライゾン社宛てにメールを送ったところ、送信エラーレポートが帰ってきた。何回やっても一緒。 宛先アドレスのドメインがjp.verisonbusiness.comとなっていたが、正しくはjp.verizonbusiness.com。 アドレスを修正してメール再送するように伝えた。
アーカイブができない。 アーカイブファイル設定のファイル名が間違っていた。 アーカイブファイルの設定のファイル名を修正した。
客先からのメールが営業担当者には届いているが、アシスタントに届いていない。 メールサーバーにはブロックされていなかった。アシスタントより、もしかしたら朝間違えて削除してしまったかも知れないということ(ごみ箱は空にしてしまった)。 もう一度同じ状況があったら、本社IT担当者に連絡する。
アーカイブが開けなくなった。また選択文章のアーカイブやアーカイブ設定も不可能に。 何らかの理由でアーカイブ設定が消滅してしまった。 1)ノーツをアンインストール、2)C:\Documents and Settings\XXX\Local Settings\Application Data\Lotusのフォルダ名をLotus_bakに変更3)ノーツを再インストール4)ノーツを立ち上げる5)新しく作成されたフォルダC:\Documents and Settings\XXX\Local Settings\Application Data\Lotusに、Lotus_bakフォルダからXXX.id, names.nsf,CDC.nsfとmailフォルダ、archiveフォルダ、signature関連フォルダをコピー6)RDBを開き、レプリカバックアップの再設定を行う。
QuotaWarningReportのメッセージが頻繁に来る上、アーカイブがうまく行っていない模様。 メールボックス容量の不足によるもの。 メールボックス容量を200MB→900MBに増量した。
メールの送受信、国内別拠点へのネットワークの接続、ができない。 - インターネットルーターの再起動をしても解決しないので、本社IT担当者に連絡をした。
メールの送受信ができない。 インターネットルーターの不具合。 インターネットルーターの再起動。
メールの送受信ができない。 インターネットルーターの不具合。 インターネットルーターの再起動。
グループメールボックスのレイアウトがメールボックスのものと同じになってしまい、さらに新しいグループスケジュールが作成できない。 デザイン(View)が突然変更されてしまった? Ctrl+Shift+F9でビューの更新を行ったが解決されず。しかし、ファイル→データベース→再設計を行い、数分待ったところ、正常なレイアウトになった。ここからグループスケジュールの作成が行えるようになった。ただ、グループスケジュールの表示に10~20秒ほど時間がかかってしまう。
「ワークスペースにディレクトリは追加できません」のメッセージウィンドウが出る。 何らかの拍子に2回同じものを開こうとすると出ることがある。 動作に影響はないので、無視してOK。
セキュリティ警告のポップアップが出る。実行操作:他データベースの更新、アクション:NotesData.Replica。この操作を実行しない、を選択してOKを押してしまったが問題ないか? 本社の独自プログラム(レプリカ)。インストールして問題ない。 次回同じウィンドウが出た場合には、「署名者を信頼」にチェックを入れてOKを押すよう伝えた。
アーカイブが開けない。 - メール一旦閉じ、また左上のメールアイコンをクリックしたところ、普通にアーカイブを開くことができた。(ツール→アーカイブから)
過去のメールがアーカイブにもなく、消えてしまっている気がする。 レプリケーターのデータベースのオプションを参照したところ、「スペースセーバー」で「XX日以上XXは削除する」にチェックが入っていた。例えば、よく見るメールをアーカイブせずに残しておくと、勝手に消されてしまう。しかもアーカイブには残らない。 スペースセーバー設定はローカルの設定なので、サーバー上にはデータが残っている。スペースセーバーの設定のうち「XXX削除する」のチェックを外し、レプリカを行ったところ、2000件以上のデータがダウンロードされた。
スパムメールの量が急に増えている。しかも個人アドレス宛てに来ている。他の営業担当者も同じような状況。 海外にあるNoteサーバーで、SPAMフィルターのルール設定でトラブルがあったため。 昨日問題解決済み。
客先から営業担当者にメールを送ると、メールが送れないで戻ってくるケースが多々ある。再送すると届く模様。 営業担当者に客先にエラーメールを転送してもらうようお願いしてもらった。
ワークスペースに他人のメールデータベースのショートカットが出てきている。退社した人のアーカイブが見れてしまう?   チェックしたところ、スケジュール情報関連のメールしか見れなかったのでOK。本社の設定上問題ない。
昨晩受信したはずのメールが行方不明に? (原因は分からないがたまに起こる現象) ビュー→すべての文章にあったので、受信トレーに移した。
3ヶ月以上前のメールがアーカイブに行かない。プロパティを見ても更新日は3ヶ月以上前になっている。 (不明) 業務上特に影響がないので、そのままにしておくことにした。気になるようだったら、手動でアーカイブという連絡を出した。
「宛先」を押して連絡先を出そうとするとエラーが出て、ノーツが終了してしまう。 - 画面左のアイコンからだと連絡先が出るようなので、とりあえずはそちらで対応してもらうようにした。


Notes/Domino 6ビギナーズガイド (単行本)
Notes/Domino 6ビギナーズガイド (単行本)をAmazon.co.jpでチェック



ネットワーク関連トラブル対処リスト - システム管理者トラブルシューティング例
Lotus Notes R6.5(ロータス・ノーツ)関連トラブル対処実績 - システム管理者トラブルシューティング例
Acrobat 8(アクロバット)関連トラブル対処実績 - システム管理者トラブルシューティング例
ハードウェア関連トラブル対処実績 - システム管理者トラブルシューティング例
Windows(ウィンドウズ)関連トラブル対処実績 - システム管理者トラブルシューティング例
Microsoft Office(マイクロソフト・オフィス)関連トラブル対処実績 - システム管理者トラブルシューティング例


ホームへ


Copyright (C) 2008 KUNISAN.JP. All Rights Reserved.