フィンランド&エストニア家族旅行日記
ホーム

旅行日記
1日目-ヘルシンキ到着
2日目-スオメンリンナ
3日目-ムーミンワールド
4日目-タリン到着
5日目-タリン旧市街
6日目-エストニアの踊り
7日目-タルトゥ
8日目-再びヘルシンキ
9日目-フィンランド出国

サービス&ショップ
フィンランドのガイド本
ムーミンの本
ムーミンのおもちゃ
ittala(イッタラ)の食器等
marimekko(マリメッコ)商品
フィンランドの飲食品
フィンランドの写真素材
エストニアのガイド本
エストニアの写真素材

外部リンク
フィンランドについて
ヘルシンキのホテル
ヘルシンキ路線図(英語)
ヘルシンキWLANスポット
エストニアについて
タリン地図(英語)

作者の海外旅行サイト
サンフランシスコのんびり家族旅行
コスタリカ-森の緑と海の青
ケニア・サファリのススメ
ペルー気ままに一人旅
タスマニアへの道標

フィンランド&エストニア
家族旅行日記
製作: 小川 邦久
ご意見・ご感想
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2009 KUNISAN.JP.
All Rights Reserved.



1日目 - 2009年8月17日(月曜日) 晴れ
ヘルシンキ到着
フィンランド
ヘルシンキ・ヴァンター空港の建物から出ると、風が涼しく感じた。
十数分ほどバスターミナルで待った後、真っ青なボディーのフィンランド航空のシャトルバスに乗り込み、ヘルシンキ市内のホテルに向かった。
ヘルシンキ・ヴァンター空港のバスターミナル
[ ヘルシンキ・ヴァンター空港のバスターミナル ]
ホテルのチェックイン後、日本から持参したスマートフォン(docomo T-01A)で、早速インターネットの接続チェックをしてみた。無線LAN接続後、ブラウザーを開くとホテルのログオン画面が出てくるので、フロントで渡されたユーザー名とパスワードの書かれた紙の通りログオン。それから普段日本でも見ているホームページを見ることができるようになった。メールの送受信も問題ない。フィンランド以外でもヨーロッパのホテルでは、このようなインターネット接続形式が多い。とりあえず、インターネット接続ができるだけでも「今回の旅行は大丈夫だ」と安心することができた。
ヘルシンキ・ホテル前の公園のジャングルジム(?)
[ 公園のジャングルジム(?) ]
今回は4歳の息子の初渡航でもあり、片道9時間のフライトはどうなるのかと思ったが、飛行機でもちゃんと眠れていたようで、特に問題はなかった。まだ元気があるようなので、ホテル前の公園の遊具で息子を遊ばせることにした。日本と同じで、滑り台、ぶらんこ、ジャングルジム(のようなもの?)が置いてある。午前中雨が降ったのか、遊具が少し濡れている。

その後、ホテルのすぐ裏ににあるスーパーマーケットで夕食の買い出し。リンゴなど重量売りの果物の買い方がわからなかったので、妻が通路を歩いてるおばさんに尋ねたら、丁寧に英語で教えてくれた。肉売場のお兄さんも普通に英語で会話ができた。スーパー内で突然話しかけてきた「長野に行ったことがある」というおばさんも、綺麗なアクセントで英語をしゃべっていた。フィンランドでの英語の通用度は高いと聞いていたが、ここまで英語が通じてしまうと、フィンランド語を学習する意欲は湧いてこなくなってしまう。結局、今回の旅行中に使ったフィンランド語は、「ありがとう」を意味する「Kiitos(キートス)」だけだった。
ヘルシンキ・スーパーマーケットの野菜コーナー
[ スーパーマーケットの野菜コーナー ]
スーパーを一巡りして、サンドイッチ、ミートボール、マッシュポテト、グリルチキン、牛乳、ポテトチップス、ヨーグルト、リンゴを買った。全部で20ユーロ(1ユーロ=135円換算で約2,700円)。サンドイッチ、グリルチキンなどは、しょっぱさの中に適度な甘みがあったりして、私としてはかなりおいしく感じた。ミートボールは少々しょっぱかった。



  2日目-スオメンリンナ